管理人ぽんすけがボケ防止のために時々更新するかもしれない、趣味の備忘録。ときどき猫が登場します。


by jijichan2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

黒井山師走寄席

2011年12月17日(土)18時30分開演 黒井山等覚寺

桂小鯛 動物園
桂雀五郎 手水廻し
桂宗助 らくだ

b0048571_1274778.jpg
私はまったく存じあげなかったのですが、毎年師走にこちらのお寺さんで(住所で言うと瀬戸内市)米朝一門による落語会が開催されているそうです。んで今回初めて寄せてもらいました。お寺さんでの落語会というのも初めて。本堂にざぶとん、ストーブ・・いいですね、この雰囲気。カイロも配布してもらえました。

小鯛くんは、とま都ちゃんだった時にくらべたら格段に堂々としてきましたね!
雀五郎くんは手水廻し、雀々さん以外の手水廻しも新鮮で面白かったです。そして、なんといっても宗助さんの「らくだ」。まさか、このような僻地(失礼な)でこんな大ネタが聴けるとはなんというラッキー!生の「らくだ」もはじめてなら、通しで聴く「らくだ」もはじめてかも。宗助さん・・なんとも福々しい血色の良すぎるお顔が一瞬にして怖~い熊五郎に豹変したりして素敵。家主さんは家主さんなりの風格があるし・・あぁさすがだなぁすごいなぁと釘付け状態でした。席も最前列でかぶりつきじょうたいだったし。いやぁ堪能しました。これで1500円、安い!
b0048571_12857.jpg

[PR]
# by jijichan2004 | 2012-01-24 01:18 | 落語
2011年12月14日(水)OSシネマズミント神戸

相変わらずまだ去年のことをだらだらと。
11月25日に西宮で観たオペラ座の怪人25周年記念公演の映画、前半約40分見逃した悔しさを晴らそうと今度は三宮へ。
b0048571_0261044.jpg


ぜーんぶ観れて嬉しい、そのはずが・・・あろうことかまたもや眠気に襲われて・・途中少しうつらうつらしてしまいました。ちょっと演奏のテンポが遅い?
それでもやはりラストは滂沱の涙。
それにしても悔しいのは、どうしても字幕を追いたくない(四季版の訳だから)と追っていないにもかかわらず、頭の中では当たり前のように四季版訳に変換してしまうこと・・
そして、西宮、三宮へけっこう遠出をしましたが、1月28日から、倉敷のMOVIXでも上映されるとのこと・・あらぁ・・そうと知っていれば・・まぁいいけど。

b0048571_0265379.jpg
んで、せっかく三宮へ行ったついでにと、いっとっ亭というカレー屋さんでお昼いただきました。前日にABCの小縣アナウンサーが美味しいとラジオで言ってたんで・・。カレーには好みがありますね。私はちょっと辛い中にも甘みがあったほうが好きなんだけど、こちらのカレーはスパイシーです。甘みはないです。しかしながら、食べ放題?のピクルスが美味しくて美味しくてピクルスいっぱいいただきました!

b0048571_027994.jpg
せっかくなので、帰りに垂水のアウトレットに寄りました。平日限定のタイムセールで安く買えたり、珍しくカフェで茶をして、瀬戸内海に沈む美しい夕日をながめつつ満悦しました。
[PR]
# by jijichan2004 | 2012-01-23 01:07 | 映画
2011年12月6日(火)19時開演 倉敷市芸文館

(まだ、去年のこと書いてます)

たまに以前のように、シティボーイズだとか、本谷有希子だとか、唐突に倉敷公演がポコッとあるので気を付けないと・・。そんなわけで、北九州芸術劇場プロデュース「江戸の青空 弐」の倉敷公演。他の会場に比べて破格の安いチケット料金。あぁそれなのにそれなのに・・会場の入りは出演者の方々に申し訳ないくらいの寂しい状況でした。それでも熱演してくださった皆様に感謝です。
b0048571_1572117.jpg

出演
坂東巳之助
朝倉あき
松永玲子
植本潤
戸次重幸
吉野圭吾
松尾貴史
柳家花録

いくつかの落語がモチーフのお芝居。NHKBSで見た前作「江戸の青空」が、あまり私の中では面白いと思わなかったので、今回そんなに期待していなかったのです。・・しかしそれが良かったのか、今回はとても良かった、面白かった、とても爽やかな気持ちになれました。「おせつ徳三郎」がメインとなっていたのもよかったのかな。徳三郎が歌舞伎の坂東巳之助さん、なんとも品のある・・。おせつは、なんか見たことあると思ったら「てっぱん」で主役のお友達役だった子でした・・。初舞台とやらでなんとも初々しい。
四季ネタでいじられた吉野圭吾。やはりどうしても山祐に見えてしゃあない。47歳の丁稚(笑)、植本潤さんが今回のツボでした!なんか役者さんが素晴らしすぎて安心して観てられるっていいね・・誰も噛まない・・余裕のアドリブだし。花禄さんなんてちょっと鼻につくぐらい(汗)

つくづく、お客さん少なくてほんと申し訳ない。懲りずに倉敷にまたいろいろ来てください!
[PR]
# by jijichan2004 | 2012-01-15 02:28 | ミュージカル・お芝居
2011年11月25日(金)TOHOシネマズ西宮OS
b0048571_0395042.jpg


吉朝さんの追善落語会は夜。それまで何かないかなぁとチェックしてたら、あるじゃないですか!西宮で「オペラ座の怪人」の25周年記念公演の映画。西宮ではこの日が最終日。10時からの上映に行く・・つもりだったんだけど・・。行きの高速バスに見事にまさかの乗り遅れ。次の便で行ったら、40分ほどもう映画は進んでましたが、まぁなんとか、「ミュージック・オブ・ザ・ナイト」には間に合いました。ちょうど「ザ・ファントム・オブ・ジ・オペラ」の途中で入場・・・
いやぁ、もう痺れまくりでした!あまりにもかっこいいんだもん。やっぱり四季のおっさんファントムに見慣れていたからこのエロさとかっこよさに萌えました~。うっとりでした~
ほぼ、泣いとったなぁ・・こんなにも泣けるオペラ座は久しぶりだなぁ・・ラスト指輪を返しに来たクリスティーヌ・・ボロボロ泣いてた・・こんなクリスティーヌが見れるなんて!私もボロボロ泣けました。
レミゼのコンサートとは違い、実際セットを組んで(本格的ではないにしろ)ほぼ舞台と同じように進行します・・さすがにシャンデリアは落ちないけども・・・
しかしこれ見てしもうたら、四季版は観れんなぁ・・(汗)

本編終わった後の特別カーテンコールで・・アンドリュー・ロイド=ウェバーに「マイ・エンジェル・オブ・ミュージック」と紹介され、登場したサラがちょっと悲しいくらい体型にしろ・・歌にしろ・・劣化が・・。コルム・ウィルキンソンさんが出てくるともうレミゼなんかなんなんかわけわかんなくなってきたぞ。初演ロンドンオリジナルのマイケル・クロフォードさんが全然歌わないからどうしてだろうと思ったら、その日舞台があるから、喉を温存していたらしい・・よかった。

そして、見逃した40分・・後日どこかでリベンジしようと心に決めて後にしました。
[PR]
# by jijichan2004 | 2012-01-11 01:16 | 映画

桂吉朝七回忌追善落語会

2011年11月25日(金)18時30分開演 国立文楽劇場

b0048571_054219.jpg

吉朝さんの七回忌追善落語会、絶対に行きたかった。吉朝さんのことを知れば知るほどなんてけったいで素敵な人なんだろうと・・生前はまったく、ほんとにまったく存じ上げなかったのがもう悔しくて悔しくて、だから今知らなかった時間を取り戻すが如く吉朝さんの面影を求める日々です。

佐ん吉 商売根問
しん吉 明石飛脚
よね吉 芝居道楽
吉弥 不動坊
あさ吉 鹿政談
仲入り
一門挨拶
吉朝 質屋蔵

初の文楽劇場でした。横に長い!そして意外に広い!遠い・・この日はしん吉君の明石飛脚がツボでした。師匠吉朝さんが晩年やられてたネタだとか・・そしてあさ吉兄さん、この日もマクラで爆笑。なんなんかなぁこのキャラクターは。ちょっと頼りない兄さんですが、一門挨拶では、素敵でしたよ!素晴らしい挨拶。
そして、吉朝さんの質屋蔵・・CDでは何度も聴いていたけど、考えてみれば映像では初めてなんだ・・やっぱかっこええなぁ・・・竹の筒にころころすとん・・大好きなフレーズ(笑)
b0048571_055888.jpg


そして、私は帰りの高速バスに乗るべく大急ぎで難波駅へ走る!(結局間に合わなくて1時間待つはめになったけど)
[PR]
# by jijichan2004 | 2012-01-11 00:35 | 落語
2011年11月23日(水)14時開演 大阪千日前トリイホール

なんてこった。去年の備忘録がいまだに完成していない・・というわけでちまちま上げていきます。

桂佐ん吉 商売根問
柳家喬太郎 饅頭こわい
桃月庵白酒 松曳き
仲入り
柳家喬太郎 文七元結

待ち焦がれた、喬太郎さんの「文七元結」ようやく聴けたのに・・あまりにも嬉しすぎてものすごい睡魔が(信じられない)。どうしていつもいつも、肝心なときに睡魔が襲ってくるかな腹が立つ。
しかしながら、はっきりしていた記憶の中では、喬太郎さんの文七元結はとてもシンプルでした。CDで聴く談春さんのこれぞ人情噺!な、ものとは全然違いました。あぁまたやってくれないかな・・お願いします。
この日は桃月庵白酒さんの松曳きが爆笑を誘ってましたね!テンポよくて途中で誰が喋ってるのか分けわかんなくなってしまった(汗)
b0048571_7544533.jpg


この日、談志さんが亡くなったニュースが駆け巡りました。・・夜の部では「触れないわけにはいかないでしょう・・」ということで思い出話を語られたそうです・・
[PR]
# by jijichan2004 | 2011-12-30 07:42 | 落語

ろくでなし啄木

藤原竜也、中村勘太郎、吹石一恵のNHK大河ドラマ新選組!で共演した3人のお芝居。もちろん三谷幸喜作品。そしてもちろんWOWOWさんです。しかしいつものことながら鑑賞してからだいぶたってしまった・・
b0048571_111796.jpg
実はあんまり期待せずに見始めたのだ(笑いが少なそうだったから)・・これがどんどん引きこまれて行きまして。純朴なイメージの石川啄木は、実はこんなひとでなしのろくでなし・・だったのでは?というお話。ひなびた温泉宿の部屋で起こった”あの夜”の真相が3人それぞれの視点から明らかになっていくという・・唸ってしまう手法でした。ろくでなしな啄木を藤原竜也、正真正銘あて書きだそうで。なるほどぴったりだ。しかしまったく関係ないけど藤原竜也の童顔と永作博美の童顔は似たものがあると思うのは私だけだろうか・・もうひとこえ安達祐実の童顔にもつながる・・全然関係なかったですね(汗)
[PR]
# by jijichan2004 | 2011-12-11 01:48 | ミュージカル・お芝居

ベッジ・パードン

相変わらず、WOWOWです・・。
b0048571_1103326.jpg
なんといっても1番おいしかったのは、舞台に現れるだけで笑いをとっていた浅野和之さん!?いったい何役やったんだ?・・英国留学中の夏目漱石(金之助)が下宿先のご主人でしょ、その夫人、その妹、英語の先生、強盗…ヴィクトリア女王から果ては人間でないものまで!!なんやかんやで11役だそうです!しかし基本どれも同じ演技なので(汗)そこも狙いか?三谷幸喜は当初もっとシリアスなお芝居にする予定だったのが、3.11の大震災で考えが変わったそうです。今必要なのは笑いだということでしょう…。結果浅野さんはただ出るだけで笑いが起こるというお見事さ。
5人のキャストすべてがハマってました・・萬斎先生はじめ、深津絵里はかわいいし、大泉洋も良かった(金之助に嫉妬する理由が驚き!)金之助に嫉妬する惣太郎の哀しさは、コンフィダント・絆のシュフネッヘルの哀しさに通じるものがあった・・。
浦井君も最近こんなのばっかり?頭弱いけどハイテンションで前向きで気は優しくて・・といった役。
漱石が残した日記に登場する女中さんに着目して、こんなに素敵で切ないラブストーリーを作ってしまう三谷幸喜ってやっぱりすごいなぁ。
大笑いして、そして切なくも見終わったあとなんだか爽やかな気持ちにしてくれる作品でした!
[PR]
# by jijichan2004 | 2011-11-19 12:10 | ミュージカル・お芝居

オケピ!

何年も前にバープレだったかクリプレだったかで買ってもらってたのにもかかわらず、半分見たところで挫折していてずっと仕舞ったままになってた・・・^^; だって長いんだもん……先日例によって職場のAさんがWOWOWで放送してたのを録ってくれて…せっかくだからと一念発起・・全部見た。いやぁ、面白かった~!くどいくらいのドタバタ・・なんで当時挫折したかなぁ・・あえてミュージカルにせんでも・・とは思わなくもない・・やりたかったんでしょうなぁ・・やはりミュージカルは生オケがいいと今さらながら強く思った。どんなつまらないミュージカルにも必ず素敵な曲が1つはあるという内容のナンバーがあったけど・・この「オケピ!」でいうとどれになるのだろう・・(汗)それにしても歌のうまさはもちろん、お芝居にせよ、戸田恵子様様でした!
b0048571_0184065.jpg


初演2000年版はどうして映像化されてないのかなぁ・・松たか子、山本耕史・・見たいのにな。
[PR]
# by jijichan2004 | 2011-11-15 01:32 | ミュージカル・お芝居

ジミー大西夢のかけら展

岡山市デジタルミュージアムにて開催中・・・これはぜひ行かねばと観に行ってきました。もう、気軽にジミーちゃんなどと呼べないなぁ、完全に芸術家で文化人だわ。なんか絵を観てすごい幸せで楽しい気持ちになれるのってすごい。
思えば最初にジミーちゃんの才能を引き出した番組は、多分上岡龍太郎と島田紳助司会のEXテレビ(大阪)だったと記憶している・・もう誰も芸能界にいないのは妙な符号ですなぁ・・・
b0048571_22205587.jpg

[PR]
# by jijichan2004 | 2011-11-13 01:09 | イベント