管理人ぽんすけがボケ防止のために時々更新するかもしれない、趣味の備忘録。ときどき猫が登場します。


by jijichan2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2011年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2011年6月12日(日)13時開演 シアターBRAVA!
以前、とりあえず借りて観た「スウィーニー・トッド イン コンサート」のDVDがあまりにも面白く、素晴らしくて、だからジョニデで映画化された時は、嬉しくて公開初日に観に行ったもんです。しかし映画版は私には少々不満。いかにもティム・バートン色が強すぎるし、ミュージカルナンバーもかなりカットされていたと思う。映画にしたら、えげつないシーンだとか、生々しすぎて楽しめない。舞台で味わう高揚感が味わえない…
b0048571_1225316.jpg
そんなわけで、2007年の舞台版、すんごい行きたかったのに、重い金欠病にかかってしまい、諦めてしまってたんです。で、この度の再演。キャストはほぼ同じ。絶対に見逃すものかと…。無理してでも行ってよかった‼久々ミュージカルでの市村正親。ツバを飛ばしながらの熱唱。しっかりと笑わせてくれるし、さすがでした!大竹しのぶも、歌えないのを遥かに補って余りある存在感と演技力。歌えないと言っても、決してはずしてない(ように聞こえた)のがさすがだなぁ。このリアル舞台あらしふたりがホントに素晴らしかった。面白かったのが、ジョアンナのソニン。あのような歌い方をするとは。ものすごい細かいビブラート。病的な・・そう、これはジョアンナの狂気を演出しているんだろうなぁと思った。アンソニーとのデュエットもまるでぜんまい仕掛けのお人形のような動作で、歌い方で。あれは面白いと思いました。ほんとにみんながみんな狂ってるので、そうか、一番頭の弱そうなトビーがある意味一番純粋で、賢い。
キャストが全員ハマってました。安崎求さん最後まで気付かなかった・・こんな極悪な役が出来るんですね・・低音が素敵でした。アンソニーの万里生君、ちょっとセリフ部分が弱いのが気になりました。噛んでたし。
ただ、こんな内容だし、どんなにつまらないミュージカルでもたいてい泣くツボがあるんだけど、ほぼ泣くツボはないという、珍しいミュージカルです。スウィーニー・トッドのバラードのアンサンブルでものすごくワクワクして、嬉しくてにやけてましたが。
[PR]
by jijichan2004 | 2011-06-15 23:57 | ミュージカル・お芝居

NINE

b0048571_020457.jpg
2010年公開の映画ですか?確か舞台でもありましたっけ?
お友達から借りっぱなしだったのですが、・・意を決して見ました。あまり気の進む映画でもなかったので、パソコンで、他のことしながらかなりいい加減に見ました。
好きなタイプのミュージカルではないので、全然期待していなかったんですが、その心持から見たら意外と面白かったです。・・っていうか退屈はしなかったです。

なんといっても、ミュージカル部分のあまりのゴージャス&セクスィーさに唖然。
女優陣の、特にペネロペちゃんのセクスィーなこと。あれを見たあとだと、ニコール・キッドマンがかなり貧相に見えました(汗)
それから、ソフィア・ローレン!!!一体いくつになってるのかは知らんけど、あの存在感は凄い。
一番かっこよかったのはタンバリンと砂を使って、かなりセクシーなダンスシーン・・めちゃめちゃかっこ良かった。
それから・・う~ん・・まぁそんな感じ。
全然作品を作れなくなって苦悩しているかつての売れっ子映画監督の内面というますか・・妄想といいますか・・そんなのがミュージカルシーンとなって映像で出てくるという・・
その映画監督がどうしようもない女たらしで。とんでもないやつで。全然共感も何もなくて。
なんか、ミュージカルシーンへの入り方が「シカゴ」っぽいなぁと思ったら同じ監督さんでした。それから、作曲がモーリー・イェストンって、「ファントム」の?ファントムの曲はどれも好きなのになぁ・・「NINE」の曲・・あんまり印象に残らなかったなぁ・・

ゴージャスなミュージカルシーンが見れたからいいか・・みたいな映画でした。
[PR]
by jijichan2004 | 2011-06-12 00:30 | 映画

古いパンフレットやら

本棚の昔観た映画パンフレットやら、ミュージカルのプログラムやら、猫(ももさん)が爪とぎにしてたのを黙認してた…さすがにこのままじゃいかんと断捨離なり、片付けなりを試みてみたものの、あかんついつい読んでしまったり…なかなか進まない
b0048571_17242214.jpg

[PR]
by jijichan2004 | 2011-06-04 17:15 | 日常
2011年5月29日(土)13時30分〜 篠山市 四季の森生涯学習センター
桂む雀 ハーモニカ演奏
三代澤康司 ちりとてちん
桂九雀 お公家女房
仲入り
桂む雀 ハーモニカ演奏

篠山遠かった~。しかも台風接近中。暴風雨の中横揺れにビビりながら、高速道路休日1000円の恩恵を賜りながら、どうにか会場へ到着しました。(私が運転していたわけではないけど)
無理やり連れてきたちんさん(というか運転してくれはった)あまりの暴風雨に引き返そうかと思ったようですが・・。来てよかった。
たどたどしい君が代演奏から始まるお世辞にも上手とはいえないハーモニカ演奏。愛ある九雀さんや三代澤アナの容赦ないツッコミ。ニコニコ笑ってるむ雀さん。世界レベルのあらいなおこさん(かつて枝雀寄席に出演したらしい)、ピアノ、そして九雀さんのクラリネットも混じえ・・そうそう、世界一上手なハーモニカと世界一ヘタくそなハーモニカが一緒にやってます!と九雀さん笑いを誘ってました。でも一歩づつ確実に前を向かって進んでいるむ雀さんの姿に、心うたれる。最後は仰げば尊し。


手書きのあったかいパンフレット
b0048571_054370.jpg

それにしても、落研出身とはいえ、三代澤アナの落語は上手やなぁ・・
[PR]
by jijichan2004 | 2011-06-01 00:48 | 落語