管理人ぽんすけがボケ防止のために時々更新するかもしれない、趣味の備忘録。ときどき猫が登場します。


by jijichan2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2010年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ゲキ×シネ「蛮幽鬼」

先日、11月19日(金)ついにゲキ×シネデビューしました。ムービックス倉敷では最終日だったので、ラストチャンスでした。行こうか行くまいかさんざん迷ったけど、お仕事早退してまで観に行ってよかった。
劇団新感線の舞台は、一度は観てみたいと思いながらも、高いし長いし、受け付けないジャンルかもとなかなか決心がつかず未だに観たことありませんでした。でも映画なら、2500円(当日)と、舞台の5分の1の安さだし、映画から様子をみてみるか・・てなもんだったんですが、なかなかこのあたりで上映しないし。ところが偶然ツイッターで、倉敷で上映中と知りまして・・。

ちょっとしたカルチャーショックでした・・。面白いわ、かっこええわで。いのうえ歌舞伎?というジャンルらしい。(他にネタものシリーズ、Rシリーズとあるらしい)ときおり拍子木の効果音が入ったり、衣装やメイクが独特の様式美?そして殺陣・・立ち回りの美しさがとても新鮮であり、衝撃でした。復讐の鬼となる上川隆也(テレビでみる上川君はもっちゃりしているけど、あらためてあぁ彼は舞台人なんだなぁと感激)・・、ニコニコ笑いながら人を殺す堺雅人・・ご両人が素晴らしい。それからなんといっても早乙女太一のため息が出るほどの立ち回りの美しさ・・、稲森いづみもラスト美しくかっこよかった・・それに山内圭哉の際立った個性(ガマ王子VSザリガニ魔人に出とった人ですね!?)もちろん、新感線のメンバーのつきぬけた(バカバカしいまでに)お芝居。くすぐり、客いじりありーの・・なんとも贅沢な時間でした。長いけど、(前半の最後でうつらうつらしてしまった)あっというまの3時間強。もんのすごーく楽しませていただきましたわ。
映画用に特別にスタジオとかで撮影してるのかと思ってたら、ちゃんとライブをカメラ何台も入れて撮影してたんですね・・ぜったいに舞台では味わうことのできないカットや、はっきりと聞こえるセリフ。いいなぁゲキシネ・・機会があればもう一回観たいわ。でも今上映中は一番近くて広島でした。遠いわぁ・・ってゆうか舞台観たいよ・・高いけど・・そもそも取れないか・・
[PR]
by jijichan2004 | 2010-11-21 16:11 | ミュージカル・お芝居
2010年11月13日(土)摂津市民文化ホール14時開演

幕が開き、雀々さんのごあいさつではじまりました。
雀々さんみずから、めくりを!

桂優々 動物園
柳家喬太郎 井戸の茶碗
中入り
桂雀々 地獄八景亡者戯2010

雀々さんには申し訳ないが、今回はゲストの柳家喬太郎さんがお目当てでした。
おっかけしたいくらい今はまってます。

枝雀さん、吉朝さんにぜんぜん間に合わなかった分、思う存分追っかけていきたいです。
いやぁほんとに素晴らしい。
マクラでいきなり足をくずした時は仰天しました。お客を一気にひきつけましたね!
ネタは当日のお楽しみでしたが、「井戸の茶碗」でした。私ははじめてです。じっくりと演じたんでしょうか・・終演時間はかなり予定より押しました。なんで古典なのにこんなに面白いんだろう。じっくりと聴かせるのにときおり入るくすぐりが絶妙に面白い。
摂津まで行った甲斐がありました。しかし困ったことに喬太郎さんが終わったと同時に摂津まで足を運んだ疲れがどっときてしまい・・・

雀々さんの地獄は、本当に本当に申し訳なくてしょうがないんだけど、睡魔が波のように襲ってきてしまいました・・
b0048571_15162986.jpg

[PR]
by jijichan2004 | 2010-11-21 16:10 | 落語

第84回 九雀寄席

2010年11月3日(水)イーグレ姫路 14時開演

アマチュアさん 饅頭こわい
桂九雀 みかん屋
桂吉坊 ふぐ鍋
桂九雀 公家大根
中入り
桂九雀 どうらんの幸助


たいてい姫路城へいくときは、手柄山の駐車場(200円ぽっきり)に車とめて歩きます。何度も行ってるくせに、姫路駅すぐ近くで迷ってしまいました。方向音痴にもほどがある、時間がなかったからあせってしまってわけわからん行動に出てしまいました。近道かと思い、なぜかいつも行かない道を行ったら、駅の南口?とやらに出てしまい、あれれれ・・お城はどっち??とあせるあせる。駅をつっきり反対側にようやく出ていつもの通りに出ました。もちろん遅刻で前座のアマチュアさんが江戸版「饅頭こわい」をやってました。余裕を持ってでかけなあきません。
みかん屋も公家大根も知らない・・特に公家大根は超発掘モノらしいです。いつもながら誰もやらないようなものを聞かせてくれるから面白いです九雀寄席。
吉坊さんはえらいかわいらしい顔で、こども?男性だとしたら童顔すぎる。女性?女性にしては声が太い。ものすごく童顔なのに貫禄がある・・いろんなこと考えると眠たくなってしまった。うまい証拠でしょう。いろんな考え方、生き方があるからあれこれいうことではないとわかってはいるけれど、観る側としては行き場のない「?」が飛び交うのであった。
[PR]
by jijichan2004 | 2010-11-21 16:10 | 落語