管理人ぽんすけがボケ防止のために時々更新するかもしれない、趣味の備忘録。ときどき猫が登場します。


by jijichan2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2010年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

子猫さん

じじもも日記同様、このようなしょぼしょぼブログでは、何のお役にも立てないかもしれませんが、それでも一縷の望みにかけて、子猫の里親さんを募集します。
b0048571_0451984.jpg
お友達が岡山に帰省中に保護した子猫♀です。
猫風邪、猫白血病陽性、下唇が壊死し、口が開いている状態。こんなハンデを背負ってしまった子猫ちゃん。黒猫で白い靴下はいてます。写真でしかみてませんが、かわいいです。
でも生後6ヶ月はたっているはずが体重が860グラムしかありません。食欲は旺盛らしいので、体力がつけば、元気になっていくのではないでしょうか・・

お友達のブログに詳細のってました。すごいかわいいです。




実家には猫嫌いのご家族がおられるとのことなので、緊急事態です。なんとしても最悪の事態だけは避けたいです。


4月2日現在の状況。
どうやら、子猫ちゃん、里親さんがみつかったそうです。
トイレを覚えたらという条件付きではありますが・・
子猫ちゃんのがんばりに期待しましょう!
・・というわけで、ひとまず里親さん募集は終了です。
心配してくださった皆様方、本当にありがとうございました。

[PR]
by jijichan2004 | 2010-03-31 00:53

サクラ・・まだまだ

b0048571_0143417.jpg
桜の写真は先日の27日のものですが、ここのところの寒さでなかなか咲きませんなぁ・・長持ちしていいんだけど、いつまでも寒いのもなぁ・・。
[PR]
by jijichan2004 | 2010-03-30 00:18 | 日常
b0048571_1263361.jpg

先日、3月19日。実に30年ぶりに阪神甲子園球場に行きました。まだ、高校野球もプロ野球も始まってません。ABCラジオ「おはようパーソナリティ道上洋三です」公開生放送に参加してきました(どんだけABCラジオ好きやねん)夜明け前の甲子園球場はとても美しかったですわぁ(リニューアルしたから、まだ蔦はほんの少ししかからまってなかったけど)
思えば30年前はお友達のツテで地元岡山南高校(川相君の頃)の応援団に紛れ込ませてもらったもんでしたなぁ。懐かしいなぁ・・


b0048571_1265895.jpg
一方、今はなき阪急ブレーブス本拠地であった、西宮球場跡地。公開放送が終わり、鳴尾浜のあたりをぶらぶらし、そのあとまたぶらぶらと阪急西宮ガーデンズに立ち寄りました(歩きすぎ)。フロア案内によると、西宮ガーデンズの屋上庭園にホームベースのプレートがあると書いてある(かなり探した)。ありました・・・イベントステージの横のすごく目立たない場所に・・ちょっと悲哀を感じました。なんばパークスのホームベースも目立たないけど、すぐわかったし・・・
西宮球場へは一度だけ行ったことあります。確か阪急対近鉄戦を観に行きました。そういえば、今シーズン限りで、バファローズという名称も消滅するんですなぁ・・さみしい話ですわぁ。
[PR]
by jijichan2004 | 2010-03-28 01:51 | おでかけ

津山ホルモンうどん

津山ホルモンうどんの知名度を全国区に押し上げたのは、昨年のB-1グランプリに3位に入ったからなのでしょう。うちでも、なんちゃってホルモンうどん風(本物を食べたことがないんで)をちょいちょい焼いてました・・そこそこ美味しいんですが、なにぶん本物の味がわからない・・そこで
ついに行って来ました。本場津山へ。
ちなみに津山では20、21日とB級グルメフェスタが開催され、両日で15万人も会場に集まったらしい。
どこに入ったらいいのかわからないので、比較的わかりやすい位置にあった「橋野食堂」さんへ。昼前に行ったけど、すでに店の外に行列が。
b0048571_015772.jpg

実はホルモンって苦手で今までは避けてきたのだけど、おいしいホルモンはおいしいってことを今さらながら知りました。ピリ辛な味付けで1皿ペロリといただきました。
b0048571_021394.jpg


さっそくスーパーでホルモンうどんのタレを購入して帰り、晩ご飯もホルモンうどん。肉は普通に豚バラでしたが(なんでや)
[PR]
by jijichan2004 | 2010-03-23 00:21 | 外食
2010年3月13日(土)13時~ ワッハホール

柳家喬太郎 反対俥
滝川鯉橋 粗忽の釘
笑福亭三喬 鹿政談
お仲入り
柳家喬太郎 お節徳三郎
小仲入り
笑福亭三喬 まんじゅう怖い

一度、喬太郎さんの落語をナマで観てみたかったんですが、たまたまこのような会があることを知りまして・・。もちろん三喬さんも、観てみたかったし。
本日の前座さん、滝川鯉橋さんのはずが、いきなり喬太郎さんの登場であれあれ?どうも、事情ありのようで(笑)・・・前後、入れ替わりました。
それにしても、しょっぱなからもんのすごいテンションで、ざぶとんの上で飛ぶ飛ぶ。枝雀さん以外でも飛ぶんですね!初めて拝見しましたが、こんなに恰幅の良い方とは知りませんでした。特におなかのあたりが。

しかし、席がはしっこで、かなり疲れたのと、朝早く家を出たので睡眠不足と(言い訳)で、肝心な、「お節徳三郎」で、睡魔が波のように襲いかかり、私の記憶の中で、まんなかがごっそり抜けています。ショック。いやほんとにものすごいもったいないことをしてしまいました。喬太郎さんって新作落語のイメージしかなかったので、このような古典?の大作を演られるとは・・あぁ・・聴きたかった・・自分のばかたれ。
三喬さんは、思った以上にゆるゆる系でした。「まんじゅう怖い」で、おやっさんの怪談話のくだりのあと、この話まんじゅう怖いに、いりますか?とくすぐりを入れたり。
三喬さん面白かったけど、この日はなんといっても喬太郎さんのパワフルでハイテンションな落語が聴けたうれしさと、「お節徳三郎」をほぼ、聴き逃したという後悔が、心にいつまでも刻まれているのであった。

あとになってわかったのだけど、サゲは二通りある?助かる場合が、「材木(題目)で助かった」というサゲだそうで・・今回は、とっても悲しい美しいサゲで終わってました。って、最初と最後だけしかまともに聴けてないくせに。



全然関係ないけど会場外では、謎のMINIキャンペーン?真ん中の人は誰?すごく寒いキャンペーンだった・・
b0048571_742260.jpg

[PR]
by jijichan2004 | 2010-03-17 07:11 | 落語

その街のこども

阪神・淡路大震災15年 特集ドラマ
先の1月17日にNHKで放映されたドラマです。
その日は、民放でも震災ドラマやっててそちらはリアルタイムで見ました。神戸新聞社の記者たちが体験した震災の凄まじさ、報道のあり方、葛藤など実際の映像も交えつつ、なかなか見応えのあるドラマでした。NHKの方は、そのうち見よう見ようと、録画したままでした・・

そんなわけで、ようやく2ヶ月近くたって見ました。

昨年にひきつづき、森山未來出演です。今回は同じく当時被災した佐藤江梨子とのほぼ2人の会話のやりとり。
震災から15年を迎える前日、新幹線で仕事で広島へ行く途中引き寄せられるように新神戸で途中下車。ひょんなことから佐藤江梨子と居酒屋へ・・ほとんど素じゃないかと思わせるドキュメンタリー調で、関西弁での会話のやりとり。あの時2000円の焼き芋売りに来た!だとか1000円の大根とか、リアリティがあるエピソードが盛り込まれたりして・・そして無理やりつきあわされ、三宮から御影まで・・そして再び三宮へ・・ひたすら歩いていく・・ロードムービーのような作り。実に淡々と、震災で受けた傷をポツポツと語っていく・・時折くすぐりを入れながらも、ドラマは1月17日の追悼式典の朝を迎え、ふたりは、東遊園地の前の横断歩道。誘われたけど一緒に行かず、考え「また来年」と森山未來。そして握手を・・握手しようとした手を見つめながら佐藤江梨子は森山未來をひきよせ、ハグしました。このシーンは胸に迫りました。いいシーンでした。今は向き合えないでも、きっと来年・・。
ラストの追悼式は実際の映像のようです。涙が出ました。NHK、さらっとこんないいドラマ放映するからあなどれない。
[PR]
by jijichan2004 | 2010-03-08 00:22 | ドラマ
伊藤園 第二回落語大秘演會
笑福亭鶴瓶 JAPAN TOUR 2009-2010WHITE セカンドシーズン
・・・長いタイトルだなぁ。
2010年2月27日(土)18時 小野市民会館 

笑福亭鶴瓶 青木先生
笑福亭松喬 百年目
中入り
松喬    二人癖
鶴瓶    転宅

ゲストは小野市出身の兄弟子、笑福亭松喬さん。

やはり鶴瓶といえば思い出すのはヤングタウンや、ぬかるみの世界、懐かしいなぁ。そういえば、かつて、ものすごくかつて、岡山天満屋から公開番組してたなぁと思い出しました・・何十年前の話だけど。さらに思い出したのは、何故か岡山市民会館で、あのねのねとのジョイントコンサートがあり、お友達に誘われて見に行っていたこと(汗)そして何故か岡山駅までお見送りに行き、サインまでもらっている・・そしてそれには、雪女へと書かれてある・・・(わかる人にはわかる)
そんなわけで、テレビやラジオ等ではしょっちゅうお馴染みではあっても、肝心な落語をいっさい聴いたことがない。今回お初です。

いきなりのジーンズ姿で登場し、フリートーク。そして着物に着替えて・・

いやぁ、面白かったなぁ「青木先生」
もう、青木先生が板書する、かくれんぼ、しまおかしん・・木の中に女の子が入ってしまった・・のフレーズが頭から離れない。243ペーシをまくりなさい(ページ数はうろおぼえ)。秋岡!筆箱をあけなさい!ノートをつけなさい!などなど、青木先生の強烈なキャラ、まるで本当に教室での出来事を垣間見ているような気になりましたよ。見台を机代わりにして、ちょっとずつ先生に迫っていくというイタズラやら・・しかし、最後でちょっとほんわかするところも素晴らしい。また聴きたいなぁ・・

続いての松喬さんの「百年目」まさかここで百年目を聴けるとは思ってなかったので、すごい嬉しかったです・・。落語会が終わったあと、普段着で登場した松喬さんのお話しによると、青木先生での会場の雰囲気を見て、これならば、我慢してくれるのではないかと、ゆうことでやってくれたようです。確かに、見る側にも力入りますね。

なんか、演出といい、今まで見たことのない落語会だったので、かなり新鮮でした。ちと高いのがあれなんですけどねぇ・・



b0048571_122583.jpg

[PR]
by jijichan2004 | 2010-03-03 04:48 | 落語