管理人ぽんすけがボケ防止のために時々更新するかもしれない、趣味の備忘録。ときどき猫が登場します。


by jijichan2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

沈まぬ太陽

b0048571_23175615.jpg山崎豊子「沈まぬ太陽」全5巻をお風呂でちまちま読んだ。御巣鷹の日航機事故関連で読み始めたのだけど、1.2巻のアフリカ篇と3.4巻の会長室篇にはさまれた、ドキュメンタリータッチの3巻御巣鷹篇は圧巻でもあり、異質でもある。読みたかったのはそこだし、一番描きたかったところはそこなのだと思うのだけど、物語としては浮き立って、番外となっている感もする。
それにしても、主人公恩地元が受ける凄まじいまでの差別人事・・会社の利権を貪る一部の人間たち・・そして政界の黒幕・・最後の最後までちっとも爽快感がない。どんよりどんよりと延々とどんよりした気持ちのまま物語(事実をもとにした)は終わってしまう。

というわけで、ちまちまと少しずつ読んでいる途中で渡辺謙さん主演で映画化が決定したと知り、驚いた。
大丈夫なのか・・・角川はあくまでフィクションです、で通すらしい・・・
[PR]
by jijichan2004 | 2009-06-28 23:59 | 読書

ハゲタカ


b0048571_2229397.jpg2007年春に放送された、NHKドラマ「ハゲタカ」の映画版(というか、続編)です。
ドラマの映画化なんてとうてい観に行かない私ですが、「ハゲタカ」はぜひとも観たかった。ドラマ・・かなりハマりましたからねぇ~。キャストはほぼドラマ版と同じで、音楽も雰囲気もまったく同じ、常に緊張感があり、息がつけないと行った感じで、面白かったです。中国ファンドが日本を買い叩くというシナリオであったものの、撮影を進めていく中、リーマンショック発生。派遣切り・・そうして当初のシナリオから大幅に変更したらしいです。しかし、西野役の松田龍平を無理やり出演させたという感がなくもないというか、かなり強引な展開ですがな。それから、劉をあそこまで悲惨な結末にしなくても・・どうも小説の世界観と違い、ウエットである。(ちなみにまだ原作「レッドゾーン」は読んでいない)・・
ドラマや映画の鷲津はかっこえすぎ。でも面白いからいいのだ。「腐ったアメリカを買い叩け!買い叩け!買い叩け!」(3回言うのがツボ)
[PR]
by jijichan2004 | 2009-06-22 22:30 | 映画

行こう!神戸

新型インフルエンザの影響で打撃をうけた神戸の観光地。観光客を呼び戻そうという、「行こう!神戸」プレキャンペーン。その一環で、6月13日は、須磨海浜水族園が無料解放でした。多いだろうなぁと思いつつ行って来ました。しかし開館前に、すでに長蛇の列。やはり多かったです・・・
b0048571_22501517.jpg


大胆な(笑)イルカのショーも、ラッコのえさやりも、あきらめてはやばやと須磨寺へ向かいました。


須磨寺は、軽くパラダイスでした・・・・
[PR]
by jijichan2004 | 2009-06-14 22:59 | おでかけ

三沢・・・

すみません、ちょっとびっくりしたんで。6月13日、プロレスの試合中、相手の技を受け、頭を強打。会場で蘇生措置されたものの意識戻らず病院に運ばれ、死亡が確認されたそうです。

私のプロレス情報は、20年ほど前でストップしたままですが・・三沢といえば、2代目タイガーマスクが有名で、あの頃のブームの立て役者のひとりですね、素顔に戻ってからの、川田選手との対戦、長い試合が多くてふらふらにならながら闘ってましたね・・60分フルとか・・・特にファンというわけではなかったけど、ショックですね・・
馬場さん、鶴田・・三沢までも・・・なんなんでしょうか・・
[PR]
by jijichan2004 | 2009-06-14 06:25 | 想い出語り
b0048571_0534457.jpg吉朝さんにすっかりハマってます。初めて拝見したのは、Youtubeの動画だったのですが、その時は、顔の四角い地味ぃなおっさんやなぁ・・端正すぎてあんまり面白くないなぁ・・と思ったものなのです。
しかし、その後図書館でちまちま借りたCD。これが面白い。本編はもちろんなのだけど、マクラが爆笑なのです。特にお気に入りは、ご自身の入院時のエピソード。夜中に巡回してくる看護婦さんになんともおちゃめなイタズラをしかけるのですが・・・。あと、たえず目がおどおどしている紅雀さん似の主治医だとか。でもこのマクラは爆笑だけど、なんだか悲しい。

そうして、吉朝さんええなぁ。吉朝さんええなぁと、自覚しはじめたわけですが、この度決定的なモノを私は見てしまいました。またまたYoutubeです。都丸さん、む雀(!)さんとで演じる「宮川左近ショウ」のモノマネです。私元ネタはまったくわからないのですが、面白すぎる!あの端正なイメージが180度ひっくりかえりました。この意外性っていうのはすっごく重要ですよぉ。それから、面白いんだけど、すってきなんですわ。てかてか派手派手の着流し姿にドキーっとします!リリパットアーミーのお芝居に参加したときの映像も見ましたが、言われなきゃ、この人が噺家だなんて気付かない!すっごいメイクしてどつき漫才してました。

そんな意外性にすっかり参ってしまった私は、ついに衝動的にDVD「特選 吉朝庵」を購入してしまいました。「天災」「蛸芝居」、パッケージにはどちらも1997年と書かれている・・えぇ!とても同時期とは思えない!まるで別人なのです。「蛸芝居」昔でゆうテクノカットのような髪型で若い~。それで汗びっちょりで熱演。いろんな意味ですごかったです・・しばし呆然としてしまいました。あんぐりです。平成紅梅亭という番組からなので、バックのふすま?が紅梅なのです。それでよけいに、華やかな感じでしたねぇ。

で、先日またまたYoutubeで、「桂米朝 最後の大舞台」を拝見しました。米朝師匠、大ホールでの最後の独演会を舞台袖で、心配そうに見守る吉朝さんがしゅてき~。メガネ姿がまたしゅてき~。
「一世一代の大トチリ」と納得のいく「百年目」を演じることが出来なかった米朝師匠。不機嫌にインタビューアーに「吉朝か誰かに聞いてください。なんであないに落ち込んでいるか、吉朝に聞いてください」と繰り返します。吉朝さんに、絶大なる信頼感があったんですね・・・なんか切ないです。

枝雀さんに、吉朝さん、私はリアルタイムではまったく縁がなかったのですが、それはある意味しあわせなことだったのかもしれません。ものすごい悲しい思いをせずにすんだから・・・
(吉朝さんの「地獄八景亡者戯」を聴きながら)
[PR]
by jijichan2004 | 2009-06-06 00:44 | 落語