管理人ぽんすけがボケ防止のために時々更新するかもしれない、趣味の備忘録。ときどき猫が登場します。


by jijichan2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2008年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

THE 枝雀

b0048571_23105017.jpg今年のクリプレは、これもらいました(笑)。もったいなくて開封してなかったんですが、ようやく今日思い切って開封。CD+DVDの二枚組みなのですが、とりあえずDVDを見てみました。

「代書」は、下げが「(本職は)ポーン!」で切ってしまう前(本職はガタロー)のバージョンなので、貴重です。ちょっと得した気分。収録した日付が古ければ古いほど、嬉しいです。
「寝床」。CDでも爆笑ものなんだけど、映像があると、師匠のなんともかわいい表情がいいですねぇ。お浄瑠璃の会を誰も聞きにきてもらえないことがわかった、かなしそうな表情。とかなしそうな表情の直後に入る、「あぁぁ~」浄瑠璃の発声?。かわいいわぁ。もう。師匠、らいねんも師匠についていきます(なんのこっちゃ)
[PR]
by jijichan2004 | 2008-12-31 23:57 | 落語
副題 コーラスラインにかける夢
原題は、「Every Little Step」。原題のままでは何の映画かわからないけど、ブロードウェイとブロードウェイの間に何も音符マークをつけなくても・・・・って。
b0048571_011137.jpg
大掃除も終わっていない忙しい年の瀬に見に行ってきました。最近頭の中は落語でいっぱいだったのだけど、久しぶりにミュージカルに触れました。今頭の中はコーラスラインの「アット・ザ・バレエ」やら「愛した日々に悔いはない」(四季版の訳しか浮かんでこないの・・・汗)が渦巻いて困っています。もうねぇ。予想はしていたけど、最初っから最後まで、ほぼ・泣いてました。後から後からほほを涙が伝うので困りました。ダメなんです。弱いんです。初演のコニー役だった、再演版振付バイヨーク・リーが激しく叫ぶ「強硬に!」。バックに流れる例のチャチャチャチャーンチャチャチャチャッチャ・・・♪・・・のピアノの音。それだけで、どぉーっと涙が・・・

コーラスラインがブロードウェイでの幕を閉じるドキュメンタリーをそれこそ十数年前にテレビでやっていたっけ。あれビデオに録ってなかったのをすごく後悔。そのコーラスラインが16年ぶりに再演されるということで、その過酷なオーディションの様子やインタビュー、初演時の古い映像、故マイケル・ベネットが行った俳優達へのインタビュー・・・コーラスラインの原案となったテープ、どれも興味深く、楽しめ、感動しました。ただコーラスライン知らない人にはどうなんだろう・・・と一緒に見たちんさんに聞いてみたら、「とてもよかった」ということだったので、よろしいのではないかと。でも、底辺に元々のコーラスラインを知っていたらなおのこと楽しめると思う。

オーディション、シーラ役の最終選考で落ちた方。すごいまるでコーラスラインのシーラそのものだった。「私は大人、受け止められるわ。だから合否をすぐに知りたい」
ポール役の演技が凄い。数分間のセリフで審査員全員を泣かせてしまった・・・

でも、ヴァルは、やっぱり保坂知寿でしょ(汗)。
あぁ、コーラスラインが観たい。四季版はもうちょっとキャラの立ったキャストでお願いします。

・・・どうも、来日公演がある気配・・でもキャストは違うんでしょうね・・。
[PR]
by jijichan2004 | 2008-12-30 00:42 | 映画

さか枝 かまたま?

b0048571_0562598.jpg
年末恒例行事、こんぴらさんへ。その前に、ことでん瓦町駅で降りて、香川県庁近くの「さか枝」に寄りました。かけうどんを頼むつもりが、お兄さんの「かまたまできますよぉ」という誘惑についついかまたまにしてしまいました。私の知ってるかまたまとは違うものが出てきました。「さか枝」のかまたまは、汁が入ってる・・一見、月見うどん?私の知ってるかまたまは、あつあつ釜揚げうどんに生卵、そして生醤油をたらしてまぜまぜ。うーん。これはこれでまぜてしまえばかまたま風になり、おいしかったけど、思っているのと違うモノが出されたときってどうしてもね・・・(汗)

高松三越で今、ジミー大西の個展やってたんですね・・見てみたかったなぁ・・・せっかく高松行ってたのに・・知らなかった・・・惜しい。
[PR]
by jijichan2004 | 2008-12-28 01:07 | 外食

およべ

地元情報番組で、何度かとりあげられてたけど、高いし、いつも人多いし、あんまりそそられるものがなかった創作うどん屋さん、岡南町の「およべ」に行って来ました。最近落語ばかり聴いているからやたらうどんが食べたくなるのだ・・
b0048571_0273760.jpg
日頃やっすいセルフうどん屋さんしか行かないもんだから、ものすごくカルチャーショック。具ぅ~がいっぱいのってる!私はハイカラうどんというのをいただいたんですけど、レモンの酸味がほのかに香り、なんとも絶妙なだしのお味。とろろ昆布、ゆでたまご、芋天、分厚く切ったかまぼこ・・けっこうボリュームありました。無料でうどん2玉もおっけいというのが素晴らしい。(私はひとつで充分でしたけど)店内はズージャーが流れ、おっしゃれーな雰囲気。セルフが軽く3杯食べれる750円でしたが、おいしくて大変満足しました。たまにはこうゆうのもいいですなぁ・・・
[PR]
by jijichan2004 | 2008-12-21 00:58 | 外食

この人 桂枝雀ショー

先日、「BS蔵出し劇場」という番組で再放送されていました。うちはBS見れないので、つてを当たって録画してもらっていたのをざーっと見ました・・・。
冒頭若かりし頃のお弟子さんたちが紹介されるのですが、げげげ・・ちょっと凄すぎましたね!雀三郎さんに毛がある・・とか、雀々さんの歯茎だとか。南光さんも気色悪いくらい若い。いやいや人に歴史ありですなぁ。(放送日は1986年3月6日とのことです)

さてさて枝雀師匠・・・なんかせつなかった。「死ぬのが怖い病」・・。それを克服するために、ずっと仮面をかぶりつづけていたのかなぁ・・・いつかは仮面が本当の自分の顔になると信じて・・・
自ら、仮面をかぶっているといってしまう(しかもテレビで)枝雀師匠、どうゆう決意だったのかな・・・
[PR]
by jijichan2004 | 2008-12-17 00:46 | 落語

ハゲタカ ハゲタカⅡ

b0048571_0331060.jpgお風呂でちまちま読んでました。「ハゲタカ」では、鷲津のあまりにもドラマ版とのキャラの違い(設定もだいぶ違います)にかなり戸惑い、戸惑ったまま終わってしまった。NHKのドラマはスリリングに面白くわっかりやすく脚色してたんだなぁとあらためて思った。原作は別物。これはこれでいいんだけど・・船場のぼんで、うどん屋になるのが夢で・・すけべというキャラも。
「ハゲタカⅡ」(バイアウト改題)を読む頃には、もう慣れて、楽しめた。Ⅱの方が面白かったかな。ただ・・完結してないのだ・・・・(汗)アラン坊やは結局・・??
[PR]
by jijichan2004 | 2008-12-12 00:48 | 読書

J2昇格

ファジアーノ岡山のJ2昇格が承認されましたね!めでたい、めでたい。なんじゃあゆうてもあの、Jリーグですけん。するってえとなんですか?サンフレッチェと戦ったりするんですね・・って、サンフレッチェは、J1に昇格だそうな・・・
[PR]
by jijichan2004 | 2008-12-02 23:05 | スポーツ