管理人ぽんすけがボケ防止のために時々更新するかもしれない、趣味の備忘録。ときどき猫が登場します。


by jijichan2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2008年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

切手コレクター

b0048571_23565239.jpg
嘘です。でも、結構記念切手買ってます。先週発売されたパトレイバーは、朝イチで買いに走りました!(それも嘘。昼前行って余裕で買えました)
[PR]
by jijichan2004 | 2008-08-26 23:59 | 日常

チーム・バチスタの栄光

b0048571_2332835.jpg職場のAさん所有(しかし何でも持ってるなぁ・・汗)。
原作は未読なので、何の思い入れもなく見れました。しかし、途中とラストに挿入されるソフトボールのイメージ?シーンはどう考えても余計だと思うのじゃが・・・。
原作はかなり面白いらしい・・・先に読まなくてよかった・・・きっとショックだっただろう。主人公の性別まで変えてしまうのはいかがなものか・・・
映画は映画でなかなか楽しめた。バチスタ手術驚異の100%成功率を続けていた桐生演じる吉川くん、ひいきめで見てしまうのでどうなんでしょ・・医者役・・どうでしたか?(誰に聞いている・・・)
ミステリーだったんですね・・・知らなかった。医療ミステリー?
犯人がいますよ・・・。ふふふ。
[PR]
by jijichan2004 | 2008-08-23 23:10 | 映画

魍魎の匣

b0048571_22345271.jpg分厚~!長~!えろう長くかかって読みました。ひとつき以上はかかったぞ。読むの遅いにもほどがある・・・。
ときどき爆笑ポイントがありました。座っている関口の視界から消える榎木津とか(寝ている)。もそもそしたものは嫌いと最中を食べない榎木津とか・・・
とことん虚仮にされる関口だとか・・鬱なのに誰も遠慮しない・・
鳥口君のボケもナイスでしたね。それにしてもこういった腐女子が喜びそうな多種多様な個性的キャラたちが登場するので、こりゃあおっさん向きじゃあないなぁとつくづく思いました。(おっさんで好きな人すみません)

そんでもって、あまりに荒唐無稽というかありえないというか・・映像化できたんですか・・あのシーン・・・ひとつ間違えるとお笑いになってしまうぞ。不安・・・
[PR]
by jijichan2004 | 2008-08-23 22:07 | 読書

タイ風氷ぜんざい

カオニャン・ダムというそうです。
b0048571_2313020.jpg
今日も今日とて暑い中アホみたいに歩きまわりました。今日は倉敷美観地区をうろうろしました。そして立ち寄ったギャラリーで・・・。
小豆ともち米と氷がまぜまぜしてあって、その上にココナツミルクがかかってます。美味しかったです。このギャラリーなかなか面白い物が置いてあってとてもいいです。でも入りづらい・・かき氷を食べる目的がなければ、ずっと入れずじまいでした・・・(ほんまちギャラリーという名前だと思います・・・)
[PR]
by jijichan2004 | 2008-08-17 23:21 | 今日のおやつ

姫路で落語

8月16日、播州寄席「桂雀々噺を聴く会」へ行って来ました。
b0048571_15284.jpg
会場は手柄山の姫路文化センター小ホール。時間があったので、とりあえず水族館に入りました。大人200円ですよ!こども料金にいたっては、30円ですよ!30円!いまどきありえない料金で驚きです!もうちょっと値上げしていいから、施設にお金かけてあげて!(それは姫路城のところの動物園にもいえる)・・・と姫路市民でもないのに余計なお世話ですか・・・
b0048571_16722.jpg
おっきな水族館ではあじわえない素朴さが新鮮でした。ウミガメや、ペンギンたちのえさやりタイムも見ることが出来て充分堪能しましたよ!

さて、雀々さんの落語ですが、あまりのインパクトの強さに、この日吉弥さんがかけた「ちりとてちん」がすっかり飛んでしまいました。「代書」と「田楽喰い」?「代書」は、例のポッドキャスティングで、江戸落語なら聴いたことはあるんだけど、ま~ったく違う!テンションすごすぎ!面白すぎ!ちょっと紙一重なぐらい。あぶないスレスレ?

かるくカルチャーショック(おおげさやなぁ)です。
[PR]
by jijichan2004 | 2008-08-17 01:24 | 落語

津山のジェラート屋さん

先日、津山へ行って来ました。目的は写真家の岩合光昭さんの写真展を見るということだったのですがそれはまた別の話で・・

会場近くで見つけたジェラート屋さん「LATTE」に入ってみました。
まだ、あまり知られてませんよね、牧場系のジェラート屋さんです。たぶん・・・ちかぢか某ローカル番組で取り上げられるみたい。

しかし、そんなことより!
b0048571_027184.jpg
プロレスラー藤波辰爾が来店していたらしい(注目はそこかよ)・・よもや試合があったわけではなかろうに・・・(現役なのか?)それとも旅番組の途中ですか?それともまったくのプライベートですか???謎。

さて、ジェラートアイスですが、私は「作州黒豆きなこ」を迷わず選びました!意外にあっさり味で、もうすこし黒豆黒豆していたほうが嬉しいなぁ・・・
[PR]
by jijichan2004 | 2008-08-15 00:35 | おでかけ
もともとは、関西ローカル番組。先日ようやく地上波で全国放送されました。
底抜けに~面白かったというわけではないけど、いいですねぇこの兄弟たち。本人たちが楽しんでる様子が伝わってきてこっちまでうれしくなりました。

本編放送中は、毎週落語のネタがモチーフとなっているらしいということだったけれど、元のネタを知らなかった・・・しかしその後だいぶ落語を聴いたり見たりしているので、今回の元ネタがこのあいだ繁昌亭でみた「宿屋仇」だと、ピンっときた!ということは、最後のオチは・・・うそだった・・で終わるところだけど・・・

田村亮さんの言っていたことは実は本当だったような余韻をもたしてましたね・・
それにしても、このたびの主役は完全に四草でしたね!かっちょよかったね、四草会の四草。がんばれ虎ちゃん!
[PR]
by jijichan2004 | 2008-08-11 22:49 | ドラマ

幽霊電車?

2週間ほど前、神戸三田プレミアムアウトレットへ行って来た。すっごい山奥にあるのでびっくり。隣にイオンがあるので、結構楽しめる。イオンがなかったら、きびしい・・・
ケチだからとにかく高速に乗らずに、それでも一カ所だけどうしても乗らなければならないところだけ、涙をのんで・・・。しかし、高速代とガソリン代・・いくらアウトレットだからって結局高くつく?でもアウトレットモールは好きなの・・楽しい・・(汗)お金があればもっと楽しい。

いやいや、問題はそうゆうことではなく、帰り道、道路標識に「三木工場公園」と書いてあるのを見てしまった・・・工場の公園とはこれいかに?工場マニアとしては気になる・・。よく考えれば要するに「工業団地」だってことくらいわかりそうなのに、暑さでぼーっとしてたんでしょうなぁ・・・
結局、三木工場公園に入り込んでしまったばかりに、道に迷ってしまいました・・・。

さまよっているときに線路を走る電車・・・まるで異空間に迷い込んでしまったのかと錯覚するような電車が目の前を通過していった・・・なんだったんだ今のは・・・幽霊電車?こわい・・あれはこわすぎる・・・。
b0048571_22494153.jpg

無事なんとか帰って調べると、あれはJR加古川線のラッピング電車で、なんと横尾忠則氏のデザインによるものだそうです。「走れ!Y字路」というタイトルだそうで、他にもすごいデザインの電車があるようですよ・・・
しかし、見たのが真っ昼間だったからまだ大丈夫だったけど、あれを夕暮れ時や、夜に見たら泣きたくなるかも(汗)
[PR]
by jijichan2004 | 2008-08-09 22:56 | 日常

アレすけ 特大ポスター

b0048571_21384672.jpg

先日の桃太郎まつりの特設アレすけグッズ売り場?で無料配布してました。最後の2本になってました・・ラッキー。写真ではわかりにくいですが、大変でかいです!
[PR]
by jijichan2004 | 2008-08-07 22:06 | 日常
・・・というわけで、映画みました。花火大会のまっただ中、きっと誰もいないだろうと思いきや、それでも5人くらいいたかな?はじまってすぐ、違和感をおぼえました・・・うん?何故字幕?何故邦画なのに日本語字幕?最初だけかなと思ってたけど、ずーっと結局最後まで。いわゆるト書きまで・・・(ザイルの擦れる音)だとか、クチャクチャ(ガムを噛む音)だとか・・・言ってみれば耳の不自由な方向けの字幕という感じ・・・何故なんだろう・・・不安ながらも映画はどんどん進んでいく。仕方ないから字幕を見ないように努力する・・・ついつい読んでしまう・・そっちばっかり気になってしまう。そういった状況だったので、ふつうに見た感想とはいかなくなったことが残念。

さて、それでも書いてしまいますが、私はもう前半でありゃりゃでした・・・。回想シーンですでに安西親子と悠木親子が仲良く山歩きしているし・・・・悠木はどうも幼い息子の淳を海外へ住む妻(元?)へ無理やり送り出したということになっていて、その後は広い自宅にひとり住まいの様子。娘はいない設定のようだ(この時点でもう原作のラストシーンは不可能になってしまった)・・・そしてなんと悠木が白河社長の妾の子?なんて匂わせてるし・・はぁ?・・20年前の地方新聞社にしては妙に立派すぎる社屋・・佐山と一緒に御巣鷹に登った神沢に自殺(事故)させてしまう・・その他、さまざまめちゃくちゃな設定に変わっちゃってましたが、唯一映画が優る、と思われるのは販売局の伊東局長が、まさにいやぁ~な感じでぴったりだったのでした。(汗)
もちろん、佐山役の堺雅人は渾身の演技でひきつけられたんですが、私はもうすでに気分が萎えちゃって集中力もなく・・・ほんとに残念なことです。

ちなみに、終了後もぎりの方に聞いてみたところ、その回はやはり耳の不自由な方のため向けの字幕上映だったようで・・・でもどこにもそんなこと書いてないし、告知もなかった・・・「今後告知するよう徹底します・・」だそうで。はぁ・・しかし、そんなことで(字幕があるなしで)映画が楽しめない自分がなんだか情けなく感じるし・・なんだか複雑でした・・・
[PR]
by jijichan2004 | 2008-08-06 05:55 | 映画