管理人ぽんすけがボケ防止のために時々更新するかもしれない、趣味の備忘録。ときどき猫が登場します。


by jijichan2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

<   2008年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

片上城山まつり

大型連休後半に、久々の本格登山計画があるため、近場の山歩きで訓練してます・・先日は、兵庫県の坂越にある、宝珠山・・・。これは比較的楽チンでした。そして、今回は備前市の城山?そんなに高い山ではないけど、苦手な階段が多い遊歩道が延々と続き・・・結構きつかったです。
b0048571_061099.jpg
           山頂の城跡


たまたま、今日は、「片上城山まつり」というイベントを登山口近くの広場で行われていたので帰りに寄ってみました。ちょうど、鉄砲隊の演舞がはじまり・・・すっすごい迫力。鉄砲も武道なんだ・・・礼に始まり礼に終わる。師範もいる・・・流派もいろいろあるのかな・・・
b0048571_062722.jpg


圧巻は、大筒。ものすごい大きな音と衝撃。撃っている人も命がけなのでは・・・最後いちばんおっきい大筒を撃ったのはやはり一番いい甲冑に身を固めた師範でした。
b0048571_0641100.jpg
その写真は残念ながらカメラのバッテリー切れて撮れなかった・・・
[PR]
by jijichan2004 | 2008-04-30 00:33 | イベント
何を思ったか、いつもは関西風のお好み焼きなのに、今日は広島風にチャレンジしてみた。ネットで作り方調べて、頭の中では何度も何度もイメトレ重ねて、成功する図を思い浮かべていたのに・・・・

最初のクレープ状の生地の時点で失敗。
あれが、パリッと焼けないことには・・・・。
あぁ・・・うまくひっくり返せず大量のキャベツ炒めに・・・

それでもなんとか、形を整え・・・無理やり焼き続ける・・・一応、そば、卵も追加していく。

あれ?あれあれあれ?

過程はどうあれ、うううううまい!
研鑽を重ねればきっと、見栄えもよくなるだろうし、もうちょっとがんばってみようと思った休日の晩ご飯でした。
[PR]
by jijichan2004 | 2008-04-27 23:44 | 日常

寝ずの番

b0048571_2312377.jpg上方落語の笑満亭橋鶴師匠(長門裕之)が臨終に。何か最後にしたいことは?という弟子に最後の力をふりしぼり「そ○がみたい・・・」と告げる。「そ○」とは、京都ではいわゆる放送禁止用語の・・・結局最後にオチがつくんだけど。で、師匠に続き、一番弟子(笹野高史)、おかみさん(富司純子)と不幸がたてつづけ・・・しかし悲しいはずの通夜でのエロ歌合戦だとか、これでもかこれでもかの下ネタ話で故人を偲びます。でもぜんぜんいやらしくなく、ちょっとだけほろっとさせられて、なかなか面白い映画でした。一瞬、吉弥が映ってました・・・あ・・落語指導だったのか・・・。
監督マキノ雅彦って、津川雅彦のことだったのね・・・娘もでていたのね・・・
[PR]
by jijichan2004 | 2008-04-20 23:18 | 映画

桂吉弥相談員

NHK土曜お昼の「バラエティー生活笑百科」。これは全国放送ですか?大阪放送局制作のこの番組。ご長寿番組で、私もたまぁーにたまたま見ることはありましたが、今日、強いてこの番組を見たのは、草原兄さん役だった桂吉弥が相談員で今回放送分よりレギュラー出演となったからです。朝のラジオでは上沼さんに突っ込まれたこと喜んでました・・・(ちなみにこの番組、たまにゲストがもろに台本読みながら喋るのがツボですよ!・・仁鶴さんもよく読んでます・・・)
「ちりとてちん」効果でいちばん忙しくなったのは吉弥か・・・?
[PR]
by jijichan2004 | 2008-04-20 01:04 | テレビ

がんばれ!虎ノ介!

見ましたか?見ました・・
「新・科捜研の女」
盗聴マニアで、偶然殺人現場の音を聴いてしまった・・・という役どころ。

問いつめられ薄ら笑いを浮かべるあたり、微妙に存在感をアピール?
次はレギュラー出演をめざすのだ!がんばれ~
[PR]
by jijichan2004 | 2008-04-18 00:25 | ドラマ
NHKの「鶴瓶の家族に乾杯」。行き先は多度津町(少林寺拳法の総本山があるところですよね)、ゲストは筒井道隆・・・そう、あの筒井くんがこの手の番組に出るなんてそうあることではないと思うので、ついつい見てしまった。すごすぎる。お殿様を演じても、レストランのオーナーを演じても、何をやっても筒井くんは筒井くん。素の筒井くんも筒井くんそのものでした。鶴瓶と別れてひとりなすすべもなくうろうろする姿に爆笑でしたよ!この先どうなることやら・・・(それにしてもふけたなぁ・・)
[PR]
by jijichan2004 | 2008-04-15 00:28 | テレビ

見当違いだった!

またまた、私的でどうでもいい話ですみません・・・

以前書いた、ずっと探している曲(最近はすでにあきらめていたけど・・・)。持つべきは物持ちのいいお友達ですなぁ・・・。劇中使われた曲をダビングした20数年前のカセットテープが彼女の実家に保管(放置?)されていたのでした。先日、「たぶんこれらの中にあると思う・・・」と6本ばかりのテープを貸してもらいました。2本目でドンピシャ!
しかし、どうも様子が違う・・・。以前突き止めた、ジャン・ミッシェル・ジャールのかっちょええ、電子音楽とは全く趣が違うのだ・・・フュージョン系?ちんさんいわく「しかもいかにも日本人っぽい」そうな。テープに貼られていたインデックスシールをよく見ると、”「妖星伝」途中まで”裏面には、”「妖星伝」続き、途中からジャンミッシェルジャール”となぐり書かれている。うん?これはどうゆうことなのか・・2つの全くジャンルの異なるアルバムから選曲していたということだったのか・・。それにしても、「妖星伝」・・・あの半村良と関係あるのかないのか・・・

b0048571_2353810.jpgというわけで、ネットで検索してみたけど、ヒットするアルバムはこれだけ←たぶん、これで間違いないと思われます。フュージョンだし。市川秀男さんの1980年発売のアルバムでした。この中の曲だったんでしょうなぁ・・どうしても聴きたかった曲。


結論。当時めちゃめちゃかっこええと思っていた曲は、とっても懐かしくは思えども、それほどかこええものではなかったということで。でも、アルバム提供した部活の顧問も、選曲した同級生も今はもう故人。そう思いつつ聴いているうちなんだかせつなくなってきてキュンとしてしまいました・・・
[PR]
by jijichan2004 | 2008-04-12 23:15 | 想い出語り

放心状態

「ちりとてちん」も終わって、次は何を楽しみにすればいいのか、途方に暮れてます。(おおげさやなぁ)。春の新ドラマのラインアップもほとんど知りません・・・。あまり面白くなさそう・・・ただ、四草役だった加藤虎ノ介くんがゲスト出演する、「新・科捜研の女」第一回目だけは忘れないようにしなくては!!!。
「渡鬼」は、永遠におなじところをぐるぐるまわる無限ループ状態に輪をかけているし、つっこみどころ満載。というかつっこみどころしかない。
あまり大きな声では言えませんが(なぜ?)「篤姫」毎回みてます・・松坂慶子おもしろすぎる。やはり堺雅人はうまいなぁ・・。そろそろ玉木くん出てくるかなぁ・・
[PR]
by jijichan2004 | 2008-04-10 00:08 | ドラマ

通勤のお供は落語

「ちりとてちん」の影響をもろに受け、落語にハマっている私。以前は落語家さんは知ってても落語をまともに見たり、聴いたことがなかったものだけど・・ドラマが終わってもなお落語への興味は薄れませんで。最近は「ぽっどきゃすてぃんぐ落語ニフ亭」をiPod shuffleシャア3号機(古くても現役バリバリ)で、毎日チャリこぎながら通勤してます。だいたい30分程度の番組なので、着く頃にちょうどオチとなってこりゃええわ。ちっとも面白くないうえ、オチがわからず、さみしい思いをすることももあれば、笑いをこらえつつチャリをこぐ状況になるお噺もあり・・・・・
ただ、このニフ亭は上方落語がないのです。江戸弁?まだまだ馴染めないのであった・・・
[PR]
by jijichan2004 | 2008-04-04 00:22 | 日常