管理人ぽんすけがボケ防止のために時々更新するかもしれない、趣味の備忘録。ときどき猫が登場します。


by jijichan2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2007年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

b0048571_0171571.jpgというわけで、あらためて劇場用映画第3作目のパトレイバーを見てみました。以前見たときはこっぱずかしかった暗いシリアスな雰囲気も慣れるとなかなかよいですね。
で、結局怪物の姿が似ている、川(パトレイバーの場合は東京湾)で怪物が出現する・・・という大きなふたつの類似点が目立ったくらいで、問題のグエムルとは全く趣の違った作品でしたね。

それにしても、特車二課の出番少ない・・・・。
[PR]
by jijichan2004 | 2007-05-28 00:31 | 映画
おなじみ、ジェラテリアMISAOに行って来ました。今日は「千両なす」を絶対食べる決意で行ったんだけど、残念ながらありませんでした。仕方がないのでこの際、こんなときでないと絶対選ばないであろう「アーモンドプラリネ」にしてみました。
これがうまい!アーモンドがごろごろ入っているし、甘いのにやっぱりあっさりなのよ。しつこくないのよ。ほんと素晴らしいねここのジェラートって。それにしても今日は店の外にまで行列が出来ていたよ・・・確かに暑かったけど。
b0048571_23465173.jpg



b0048571_23472181.jpg
牧場の建物にも行ってみました。猫発見。キジトラちゃん。その視線の先は・・・・?


b0048571_2348497.jpg
逃げ出した?にわとりさんでした。わわわ!やばい~
でも結局襲わなかったよ。
[PR]
by jijichan2004 | 2007-05-27 00:09 | 今日のおやつ

グエムル 漢江の怪物

b0048571_2233656.jpgようやくDVD鑑賞。いやいや、危うくスピード感と期待感あふれる宣伝に騙されるところだった!こんなに愉快な映画だったとは!なんたって、冒頭、在韓米軍の指示で大量の毒物を漢江に流してしまうくだり。「漢江はでかい。ひろいこころをもったらええねん」みたいなノリで。この映画、次々と反米とおぼしきシーンが。
そうして出来上がったと思われる怪物、すごいです。巨大な魚に足がついたような・・・
この怪物にさらわれた女の子を救うべく、立ち向かうのがダメお父さんをはじめとする一家。この一家もなかなか個性的な面白いキャラたち。そしてお父さんは特異体質???。軍に頭になにをされたかしらないけど、不死身でしたね・・

途中まで見て、どっかで見たことあると思ったら、そう、「パトレイバー」の映画でこうゆうのあったあった。怪物の姿も似てたぞ。パトレイバーの方はもうちょっと暗い雰囲気だったけど。

残念ながら結局、この映画すべてがハッピーエンドってわけには終わらなかったわけで。・・・あの男の子はまるっきりダメお父さんのちっちゃいときのまんまってわけですかな??

緊迫した場面でも笑いにもっていく韓流(といってもあまりみたことないけど)。そういえば、先日見た、「親切なクムジャさん」も凄まじい復讐劇にもかかわらず、妙にツッコミどころ満載だったなぁ。
[PR]
by jijichan2004 | 2007-05-21 23:14 | 映画
今日は牛窓のジェラート工房copioに行って来ました。
私が食べたのはむらさきいも?なんだけど、確かに色はむらさきですが、全然おいもの味がしなくてがっくり。甘くてあっさりはいいんだけど、素材の味がしなくてはねぇ・・・(私の味覚がおかしいのかな)
b0048571_22304321.jpg

てんこもりなのは嬉しい。
休日は人が多くて大変。
[PR]
by jijichan2004 | 2007-05-20 22:55 | 今日のおやつ

ローズマリーの赤ちゃん

b0048571_2359293.jpgおなじみAさん所有コレクションから。なんと、1968年という古い古い映画。オカルト映画の古典、という認識しかなく、今さら・・という感じであまり気が進まずに見た。前半うとうとしてしまったけど、かまわず進める。目が覚めたら面白くなってきた。オカルトというよりサスペンス。あれれ・・・なんかこれよく似た話が・・・あ・・「ノイズ」か・・・ということは、「ノイズ」は「ローズマリー」のパクリあるいは、「ローズマリー」へのオマージュ作品だったということか。でなければあまりにも酷似しすぎているぞ。私はキリスト教ではないので悪魔に対する恐怖だとか宗教的背景がわからない、だからそういった恐さはこの映画には感じなかったんだけど、ただ、誰も信じられない、信じていた人たちが全て敵だと気付いていく恐さ、ローズマリーのやつれていく姿・・・見応えがありました。はたしてこれは全てローズマリーの妄想だったのか・・・最後の最後まで赤ちゃんの正体を見せず、判断を見るものに委ねる。さすがはロマン・ポランスキー監督。って何一つ見たことない・・(汗)
それから、ローズマリー役のミア・フォローが着るミニのマタニティがすごくかわいいのだ。
[PR]
by jijichan2004 | 2007-05-14 00:19 | 映画

オペラ座の怪人

2007.5.6(日)13時開演 大阪四季劇場

本日の出演者

オペラ座の怪人  高井治
クリスティーヌ・ダーエ  苫田亜沙子
ラウル・シャニュイ子爵  鈴木涼太
カルロッタ・ジュディチェルリ  種子島美樹
メグ・ジリー  荒井香織
マダム・ジリー  秋山知子
ムッシュー・アンドレ  寺田真実
ムッシュー・フィルマン  青木朗
ウバルト・ピアンジ  半場俊一郎
ムッシュー・レイエ  立岡晃
ムシュー・ルフェーブル  深見正博
ジョセフ・ブケー  佐藤圭一


実は、開幕キャスト、佐野ぴーを期待してたのだ。まだ一度も佐野ファントムを観ていないので、ぜひ観てみたかった・・・。ところがまたまた高井さんかぁ・・・開幕キャストくらい派手に石丸ラウルとかで観たかったし(もはやそれは無理ですか・・・)

しかし、そんな不満はふっとびました。高井ファントムがさらに進化してました。東京公演後半はボロボロになっていたということらしいけど、この数ヶ月の休養で絶好調に戻ったようです。観るなら今のうち!何が進化してたかって、演技する高井ファントム。歌だけじゃないです。むせぶように切なく、そして感情が爆発して怒鳴ってみたり。「オペラ座の怪人」のシーン、私までトランスしそうになりました(爆)

がんばって1階のS席とったので、実に役者さんの表情が見える。だもんで、がんがん感情が伝わってきて、一幕から訳もなく泣けて・・・もちろんラストでは号泣。

苫田クリス、はじめて観ました。表情がよく見えたせいかもしれないけど、リアクションが大きいです。こんなにクリスに感情移入できたのは初めてかも。「墓場にて」があんなに切なく素晴らしかったのも初めてかも・・・。歌が安心して聴けるし。すごく気に入ってしまいました。

あ・・・プロローグのオークションシーンで、セリフ思いっきり間違えてました。深見さん?なんとかごまかそうとしていたけど、ごまかせてませんでした(汗)。

改めて、オペラ座の怪人はいい。音楽が素晴らしい!特に「ミュージック・オブ・ザ・ナイト」と「ポイント・オブ・ノー・リターン」ゾクゾクして倒れそうになります(あぶない?)

カーテンコールで、徐々にオールスタンディングオベーションに・・・絶対にニコリともしない、タ怪人。しかし、とうとう最後に引っ込むときに袖の少し手前で微妙に手を振りながらニコリとしてくれました。その微妙さがかわいい(爆爆爆)


b0048571_0132816.jpg
とりあえず記念に撮っておく。
[PR]
by jijichan2004 | 2007-05-09 00:19 | ミュージカル・お芝居
岡山から車で、垂水へ。垂水から元町まではJR。それは一緒なんだけど、最近になって元町から阪神電車で梅田に行くのが一番安上がりで便利だということを知りました(遅い)。今までは元町で降り、てくてく歩いて三宮へ行き、阪急で梅田まで出てました。
でも、阪神と阪急ではひとことでは言えないけど、空気が違う・・・。
b0048571_0121350.jpg


阪神百貨店の前を通る度に、いつも行列ができていて気になっていた「CLUB HARIE
b0048571_0123570.jpg


外は雨降りだからあちこち行けないし、よし今日は絶対並ぶ、と決めていました。9時30分から並びました。おかげで5番目くらいで買えましたよ。噂のバウムクーヘンを!
b0048571_0125646.jpg


本来は和菓子屋さんなんでしょう?そのとなりの「たねや」さんは静まりかえってました(汗)外に出てみると、すごいことになってました。よかった、開店前から並んでて。
b0048571_0131230.jpg


確かにうまかったよ~。
なんだろう、口に広がるほのかなオレンジのかほり???ふわふわだけど、しっかりしているし。大好きなアイシングかかってるし。行列ができるのもうなずけますぜ。
[PR]
by jijichan2004 | 2007-05-08 00:28 | おでかけ

怪人は絶好調

連休最終日5月6日、開幕から4日目となる大阪四季劇場での「オペラ座の怪人」行って来ました。
b0048571_5383292.jpg

取りいそぎ、タ怪人・・高井さんは絶好調でした。飛ばしすぎてどうか喉を壊しませんように・・
[PR]
by jijichan2004 | 2007-05-07 05:44 | ミュージカル・お芝居
このお店の前を通る度に、不思議な気持ちになったものでした。棚にわずかに置いてある巨大なパン、imacを操る異彩をはなった店主らしき人。店内にお客さんが入っているのを見たことがない・・・・。でもつぶれないのはどうしてなんだろう・・・その気になるお店のひとつであった、「NATIONAL DEPART」がつい最近めざまし土曜日で紹介されているではないですか!!!びっくりしたのなんのって。
お店のHPを見て納得。なんとネット通販してましたか!マック使いの店主はデザイナーさんもされているのでしょうか??

そんなわけで、思い切って先日入ってみましたよ。テレビ効果はすごいです。次から次へとお客さんが!今まで入りにくかったけど、これなら気軽に入れますわ。見てくだされこの巨大なカンパーニュ。
b0048571_22323953.jpg


これを量り売りしてくれるのです。はっきりいって高いっす。お姉さんが(奥様でしょうか?)一切れ、どうぞと試食させてくれました。まだほんのりあったかく、めちゃめちゃうまかったのです。思わず調子に乗ってしまい、試食した100グラム200円の「カンパーニュ・アプレミディ」(たぶん)と、100グラム300円の「ロシアンティールーム」(たぶん)を200グラムずつ購入しました。ちょっとグラムオーバーして、全部で1200円強。写真は、アプレミディ(たぶん)の方。これで200グラムちょっとです。
b0048571_22325717.jpg


こんなおされなバッグに入れてくれますよ。これもたぶんマック使いの店主のデザインなんでしょうなぁ。なんておされ。
b0048571_22331040.jpg


こんな1200円以上ものパンで朝食を翌朝いただきました。ちゃんと霧吹きしてトーストして。一瞬の贅沢を味わいました。こんなパン毎朝食べてたら破産してしまう。確かにうまいけど。給料日にまとめ買いして冷凍保存ですな。
b0048571_22333371.jpg



HPに書いてある店主の「ちゅうい」書きがおもしろすぎる~「固くてまずい」は聞き慣れたけど泣いて暮らしてしまう云々・・ぜひ一読を。そうそう、めざまし土曜日にてスタジオで試食した松尾翠ちゃんの微妙なリアクションも面白かったです~
[PR]
by jijichan2004 | 2007-05-05 22:48 | 外食

尾道で買い食いだとか

5月3日は、尾道へ。もちろん猫が目的だけど、それはじじもも日記におまかせ(笑)しまうす。

やはり、何はさておき、尾道ラーメンですね!歩き回ってお腹をすかせて、某ラーメン店。あえて名前は伏せましょう・・・ちょっと味が変わっていた・・・ような気がする。(気のせいかなぁ)以前来た時はうまかったのになぁ・・・今回はあんまりうまくなかったのだ。なぜだろう・・・次回は別のお店に行くことにする(汗)
b0048571_17371097.jpg


下の商店街の昇福亭。でもやはり坂の途中の茶店でまったりと食べるから、スルー。
b0048571_17372754.jpg


今回はじめて立ち寄ったのは、アイスクリームの「からさわ」。気になってたけどアイスはわざわざ尾道で食べんでもと敬遠していた・・・。
b0048571_17375574.jpg


でも、この際せっかくなので、入ってみた。一番人気のアイスモナカを。外で海を見ながら食べました。懐かしい~って感じの味。モナカもさくさくでおいちい。冬あたりぜんざいも食ってみたいよ。
b0048571_17382666.jpg


そして、坂道を上がり、散策、歩き回る。疲れたところで、おなじみ「昇福亭」へ。もちろん八朔大福。いつのまにか白あんの他にこしあんというのもできていたのね。今回はこしあんを頼みました。おいちいおいちい。でもやっぱり私は白あんの方が好きかな・・・
b0048571_17384063.jpg


入館料100円ケチって、1回しか入ったことのない「坂道写真館」へ入ってみました。・・・だってぇ~入り口にドビンちゃんが爆睡中なんだもん・・かわいくてかわいくて。ドビンちゃんはよくこの写真館で休んでるらしい。玄関には専用マットが!ドビンちゃんの生い立ちや日常は、ドビンちゃん自身がおねぇ言葉で語るブログで・・・→「ガイド犬ドビンの尾道放浪記」それにしても写真館のご主人、観光シーズン以外は、どうやって生計をたてているのだろうなどといらん心配を・・・。
b0048571_17385277.jpg

[PR]
by jijichan2004 | 2007-05-05 18:09 | おでかけ