管理人ぽんすけがボケ防止のために時々更新するかもしれない、趣味の備忘録。ときどき猫が登場します。


by jijichan2004
カレンダー

<   2007年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

今年の大河「風林火山」。ウッチーこと内野聖陽が主演なのでとりあえず、第1回目から見ていたものの、あんまり集中してなくて、何かしながらチラチラ、という程度。一応録画もしたけど、どうせ見ないやってすぐに消してしまった。

しかし、先週、ゆうべの放送とすっかり釘付け状態となっている。なんといっても主人公山本勘助役のウッチーの演技に尽きる!どちらかというと地味な俳優(だと思う)なのに、なんて存在感のある演技なんでしょう。惹きつけるなぁ・・・さすがは新劇俳優(関係ない?)。ゆうべ放送の板垣(千葉真一)との一騎打ちなんて、もうゾクゾクしましたよ!立ち姿だとか、構えだとか、足のジリジリとした動きだとか・・・・。ミツ(貫地谷しおり)が思いのほか早くに死んでしまい・・残念・・。おそらく回想シーンでたびたび登場するんだろうなぁ。貫地谷しおりも、「のだめ」の上野樹里もスウィングガールズだったりする・・

のちの信玄の市川亀治郎もたぶん今までにない信玄像なんだろうな(よく知らない)。面白い。それから今後登場するGacktの上杉謙信もどんな風になるのか楽しみで楽しみで。


そんなわけで、あまりに気合い入れて見すぎたせいかそのあとの「華麗なる一族」がつまんないこと。キムタクと稲森いずみのつまんない会話に(錆びちゃダメだよ?)すっかりどうでもよくなってしまいました。鯉の将軍様出た?ゆうべはすごいイノシシで爆笑を誘ってくれたけど。
[PR]
by jijichan2004 | 2007-01-30 00:02 | ドラマ
ハハハ!恥ずかしい!この不揃いな不気味なクッキーもどき。一応オーブンレンジの取説に載ってるレシピを見て作ったんだけどなぁ・・・・・
b0048571_2323483.jpg

「柔らかくなったバターと砂糖を白っぽくなるまで泡立て器でまぜる・・・」
この一文がわからなくて、もう手が限界になるまでまぜたけど、どうも白くなりそうもないし、(ケーキ用マーガリンだったせいか?)手、痛いからもういいやって。
そんでもって、粉まぜてできあがった生地はぽろぽろ。これでいいのか?

「油を薄く塗った天板に、スプーンで形を整えて落としていく」?これもよくわからない。不安な気持ちで、ぽろぽろの生地を一生懸命スプーンの上で固めていく・・・これでいいのか?

ぽろぽろしながらもなんとか、形にして並べて・・いざ、オーブンへ!!!


で、できたのが写真のものです。形は悪いけど、すんごくうまかったんです。ココナッツの風味もよくきいていて。ばくばく食えました。これでいいのかどうかわからないけど、また作ってみようっと。(正解がわからないというのは不安ではある)
[PR]
by jijichan2004 | 2007-01-28 23:37 | 今日のおやつ

歓びを歌にのせて

b0048571_012175.jpgスウェーデン映画。第77回のアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた作品だそうだ。タイトルに惹かれ、観たい観たいと思いつつ、TSUTAYAの新作扱いからはずれるのを待っていた(汗)。

かいつまむと、心臓を悪くして引退した、指揮者ダニエルがかつて住んでいた故郷の村へ帰り、請われてアマチュアの聖歌隊を指導することに。その聖歌隊の個性的なメンバーたちの背負った人生も描かれている。結構長い。実は先週も見たのだけど、半分以上うとうとしてしまった・・・というわけで、みていないところをと、結局ところどころ意識を失いながらほぼ見ました。・・・・ラストの素晴らしさというか、まさに歓びあふれるような歌声に感動。でもあまりに切ないよ。

全体的に、すごく閉鎖的な封建的な小さな村の、抑えつけられた、どうにもならない閉塞感(そもそも主人公ダニエルが後に世界的な指揮者になるに至るまでの少年時代は、クラスメートの暴力に苦しめられていたのだ)が感じられて重苦しかった反面、奔放で優しくてかわいらしい、レナという女性が素敵だったし、夫の暴力に苦しめられている、ガブリエルの美しい歌声に救われる・・・

スコーンと爽快感のある映画ではないけれど、心にじわじわとくるいい作品。
[PR]
by jijichan2004 | 2007-01-28 00:46 | 映画

キャプチュード

b0048571_0321726.jpgコレクターAさんが先日、これ聴く?と貸してくれたCD。プロレスやら格闘技やらの選手の入場曲等を集めたオムニバス。おぉ~幅が広いねぇと感心しながら曲名を見ていくと・・・
あ!キャメルの「キャプチュード(保護)」が入ってる!!!そう、前田日明兄さんの入場曲に使われていた名曲中の名曲。カバーではないオリジナルだ!凄い!長年探し求めていた物がこんなに身近で見つかるとは!まさに灯台もと暗し。

さっそく聴く。これこれこれ。このチャラララ~チャラララ~のイントロ(わからんて!)ワクワクしますなぁ。思わずマエダコールを送りたくなりますなぁ・・・・

奇しくもこのCDを借りた日は、1月24日、そう日明兄さんのお誕生日だったのでした(無理やり?)。リングス公式ホームページが存在(復活?)していた。兄さんの公式ブログが始まっていた!何かが始まるのか・・(最近の流れがよくわかっていない)

とりあえず、「ザ・ファンクス」のテーマ(スピニングトーホールド?)も聴きたいのだけど(汗)
[PR]
by jijichan2004 | 2007-01-26 00:45 | 想い出語り

OUT 

b0048571_0203373.jpgお風呂で読書シリーズ。先日読み終えたのは桐野夏生の「OUT」。数年前、田中美佐子主演のドラマを見て以来、原作を読みたいとは思っていたけど、こんなに月日はたってしまった。その間、映画版のDVD借りて見たけど、やっぱり雅子さん役は田中美佐子以外に考えられない・・・それほどまでにハマってたと思う(ヨシエ役の渡辺えり子も)。でも、ドラマの結末がどうしても当時気に入らなくて・・・。それから飯島直子の女刑事がドラマオリジナルで登場してたんでした。

とにかく、雅子と佐竹と宮森カズオなのだ。こわれている雅子と佐竹と、異国の地で抑圧されてそれでも自分に対する試練だと耐えている日系ブラジル人の宮森カズオ。
これがきっちり描かれてないとダメなのだ。

数年たってようやくわけがわからなかったドラマ版のラストの南米風イメージシーンの意味がわかった。原作読まなきゃ、安っぽいあのイメージシーンは余計だとしか思えなかった。

しかし、原作の壮絶なクライマックスは、とても映像は無理(少なくともテレビでは絶対放送できない)
[PR]
by jijichan2004 | 2007-01-24 00:22 | 読書
やはり、鯉の将軍様登場シーンに尽きます。キャストやセットにお金使ってる割にはなんでこんないかにもリモコン操作の鯉なの~!!(汗)欣也様の時代劇のようなメイクや、もはやホリにしかみえないキムタクの演技や(だいぶ慣れた)、キムタクの写真模写しただけだろうみたいなおじいちゃんの肖像画だとか、いろいろと突っ込みどころ満載で楽しめます。耕史君が出ているのでとりあえず、みたんだけど、もう少し見れそうです。・・・きっとNHKあたりで作っていたら、もっと骨太で面白かっただろうなぁ・・・
[PR]
by jijichan2004 | 2007-01-23 00:49 | ドラマ
先週の失敗を学習して・・・・。焼き上がったあんぱんの横っちょからしぼり袋に入れたホイップクリームを絞り出すのね!ほんとになんでこの間は気が付かなかったのかな・・・ばか。
b0048571_22542655.jpg
汚くてすみません・・・ううまかったです~。朝から3つも食べてまたしても胃もたれ。それにしてもクリーム入れるあなぽこがどうしてもおっきくなっちゃうんですけど、仕方ないのかな・・・
[PR]
by jijichan2004 | 2007-01-21 23:05 | ホームベーカリー奮闘記
きのうのお昼に食べた久々のドウマエのパンは、ブルーベリーとクリームチーズの入ったパン(正式な名前を覚えてなくてすみません)あぁ・・うまい。思わずうなるよ。酸味の中にほのかな甘さ・・・なんとも絶妙。で、ちょっとハードな生地。
b0048571_14134563.jpg
なんでこんなにうまいんだろう。それなのに、こんなへなちょこ写真。このケイタイの写真の性能は最悪ですな。
[PR]
by jijichan2004 | 2007-01-20 14:21 | 外食
西宮甲陽園の「ツマガリ」は焼き菓子がうまい。職場でそんな話をしていたら、お取り寄せしようということになり、ひと声乗りました。緊縮財政のくせに。
で、届いた焼き菓子3種類、仲良く3等分わけわけしましたよ。
b0048571_23493952.jpg


私が、どうしても食べたかったのはまんなかの「カトルカール」というケーキ。このてかり具合がめちゃめちゃおいしそう。想像していた味と違ってて意外だったけど、おいちかったです。酸味はレモンだったのか・・・チーズケーキっぽい味。非常にしっとりで、まわりのてかり(アイシングとは違うのかな・・・)もたまりません。
b0048571_23495879.jpg


「大きなくりの木の下栗太」もしっとりとしてうまかった。「サンドクーヘン」は激しくうまい。バタークリームたっぷり。今日は朝からこれ食べて一日胃もたれしたよ(ほめている)
[PR]
by jijichan2004 | 2007-01-17 00:08 | 今日のおやつ
またまた、やってもうた。あさはかちゃん。

あんぱんをつくろうと・・今度はこしあんで・・・あ・・・ホイップクリーム入れて、ホイップクリームあんぱんなんてどうかな?なんて色気だして。そんでもって、ブルーベリージャムがあるから、ホイップクリームブルーベリージャムパンなんてどうかなぁ・・なんてさらに色気を出し・・・


どうなったかというと・・・・

とても恥ずかしいのですが、書いちゃいましょう。私はいかに無知で大馬鹿ものだったかを思い知りましたよ!

なかなか、ホイップしてくれないスジャータちゃんを汗かきながら泡立てること20分ちかく。ひーひー死にそうになりながらようやくほわーっとホイップしてくれました。そして・・・伸ばした生地にこしあんをのせて、えぇ、入れましたともそのホイップクリーム。そして包み込み(ジャムバージョンも)・・・・発酵ののち、焼きました。焼きましたとも。

いい匂いとともに焼き上がったものは!
オーブンレンジをあけてみると・・・そこはブルーベリー色の海に浮かぶ8個のパンの島でした。
あぁ・・・・やってもうた。うまくふさがってなかったから、ブルーベリージャムが中からはみ出してしもうた・・・。べちょべちょのパンたちを救出。まぁ、食べられんこともなかろう・・・

よく見ると、ちょっと固まった白い点々も海の中に見受けられた・・・あ・・・ここで初めて気が付いた。もしかしてせっかくホイップしたクリームは焼いたことによって、溶けてしまった???

翌朝食べたものは、底がジャムでべちょべちょになった、ふつうの味のあんぱんと、ふつうの味のジャムパンでした。しょぼーん。

学びましたよ。ホイップクリームは焼き上がってから、横から穴開けて注入するものなんですね!!そうやって人は学んでいくのさ!・・・・っていうか考えればわかるでしょ(汗)戒めに写真とっとけばよかった・・・
[PR]
by jijichan2004 | 2007-01-16 00:09 | ホームベーカリー奮闘記