管理人ぽんすけがボケ防止のために時々更新するかもしれない、趣味の備忘録。ときどき猫が登場します。


by jijichan2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2006年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

四季あれこれ

阪神電鉄さんの公式発表なので、間違いないとおもいますが・・・大阪四季劇場で2月に千秋楽を迎える「マンマ・ミーア!」の次は「オペラ座の怪人」に決定したようです!5月開幕か・・・待ち遠しいなぁ・・どんどん進化しているらしいさのぴーファントムが早く観たい観たい!

ハービスPLAZA ENT というおしゃれなビルだから、まさかファミリーミュージカルってわけにはいかないし、ある程度高級感のある演目じゃなきゃ周りにそぐわないし、ロングラン出来る作品とういことで、まぁ妥当といえば妥当な線か・・・。

しかし、私は今ついに来た、マルシアアイーダが気になって気になって仕方がないのだ。福岡で無理なら次の名古屋?・・・どちらにしても非常に中途半端な場所なのだ。いっそ東京の方が行きやすいよ・・・
[PR]
by jijichan2004 | 2006-11-28 00:08 | ミュージカル・お芝居

甘いもの好き。

チーズケーキ、大好きです!特にベイクドタイプが。きのうはお茶の「ほんぢ園」で抹茶あずきロールケーキ食べるつもりが直前になって抹茶チーズケーキの誘惑にかられてしまいました。ちょっと後悔。やっぱりチーズケーキに抹茶は必要ないよ(汗)
b0048571_23554430.jpg


そんなわけで、今日はおなじみシャトレーゼのベイクドチーズケーキ。安くて美味いのが嬉しいね!
b0048571_23555750.jpg


でも、実は今いちばんハマっているのはファミマで売ってる(ファミマ以外でも売ってると思うけど)Pascoの厚切りバウムだったりする。そうバウムクーヘンがマイブーム(死語)なのだ。うまいよ~何がうまいってなんといっても周りの甘い甘いアイシングがかかったところ。あそこを食べる時の最高に幸せなこと!アイシングのないバウムクーヘンを先日食べたけどダメダメ。あと生地が妙にふわふわしてるのもダメ。適度に固いのがいいのだ。

今一番食べたいのはユーハイムのバウムクーヘン・・・まだ一度も食ったことないの(汗)
[PR]
by jijichan2004 | 2006-11-27 00:10 | 今日のおやつ
というわけで、11月21日の岡山公演を観に行ってきました。
山本耕史君はジョナサン・ラーソンそのものでしたね。なりきってましたね。「RENT」の特典映像をみていたから、なおさら感じました。そしてより一層、もう一度「RENT」のマークを演って欲しいと切に願うのです。無理?無理なんでしょうねぇ・・・
声がすこしこもり気味(しかも低い)なのでセリフ(歌詞)が聴き取れないことも度々だったんだけど・・・まぁそれは「RENT」の時もそうだったし(汗)
でも、しゅてきでした~。

それにしてもこのような、故ジョナサン・ラーソンのまるっきり内面の世界をミュージカルにした作品を全国公演しようなんぞ、よく思い切りましたなぁ。でも結構お客さん入ってたのでびっくり。「RENT」だとか、ジョナサン・ラーソンだとかの背景を知らないと入っていけないのではないかなぁ・・・それに、普通アンドリュー・ロイド=ウェバーやスティーブン・ソンドハイムなんて知らないでしょう・・などと思ったけど、なかなか面白かったし、受け入れられていたような気がする。ミュージカルとしてかなり成立した作品だったのかなぁ・・どうも主観が入りすぎて客観的にみれない。

共演の愛内里菜のおそろしく歌のうまいこと!はっきりいってすごくうまい。さすがにお芝居は一本調子で正直へたくそなんだけど、許容範囲。がんばってて好感もてた。

もうひとりの共演者、ゲイリー・アドキンズ、かたことの日本語のセリフ・・うーん、何故この人だったんだろう・・・歌のうまさを披露する見せ場も少ないし・・・セリフが聴き取りづらいので肝心なところ・・エイズだということを告白するシーンで、そのセリフを受けた耕史君のセリフで初めてわかりました。でもお父さん役になるところは面白かったですよ!

まったく初見のミュージカルは新鮮でいいね!

カーテンコールで、前の方の席のおばさんたちが握手せがんでた(汗)しっかり握手してた・・いいなぁ・・・・(大汗)
[PR]
by jijichan2004 | 2006-11-22 00:48 | ミュージカル・お芝居

auおまえもか!

きょう、20時すぎからずーっとメールもウェブもできない。実は金曜日にも昼間メールができなかったんだけど、あまり気にしなかった・・・。しかし、こう続くとなぁ。なんだかなぁ。auのHPには一切このことについて記載されてないのが腹が立つ。ソフトバンクのことをとやかく言う前に自分のところをちゃんとせえや!!(怒)もう3時間以上。コールセンターに問い合わせようとしたけど(私は別にクレイマーではないけど)混み合っていてつながりません状態がずーっと続いている。まぁ、たかが、数時間メールできないくらいでとやかく言うのもせわしないなぁとも思ったりもして・・・
[PR]
by jijichan2004 | 2006-11-19 23:30 | 日常

チャングム 大団円

長かったねぇ・・・面白かったけど非常に力が入るので疲れるのだ。それももう終わり。ついにここ(最終話)までたどり着きました。今までの紆余曲折ぶりを思うと最終話のとってつけたような大団円ぶりには「え・・・」と思わないでもないけど、やっぱりここはみんな仲良くニコニコのハッピーエンドでないと。大臣たちの「今までのことは水に流してください」には、大笑い。コラっ!

次週からはもう次の番組なの?「チェオクの剣」?とりあえず見てみるか・・・
[PR]
by jijichan2004 | 2006-11-19 10:37 | ドラマ

れんこんチーズ

Boulangerie Doumaeで、きのうはれんこんチーズパンがあった。すみません、地道にドウマエのパン情報です。
b0048571_764093.jpg
ボケボケ写真でした。


れんこんの食感がいい。それとチーズがよくあうのだ。ちょっとハードな素朴なパン。これと、今日はシフォンを食べました。シフォンがまた素朴でなんともいえない。甘くてふわふわってわけではなく、でもなんだかうまいんだわ。
[PR]
by jijichan2004 | 2006-11-18 07:12 | 外食
面白い。面白すぎる。そしてかわいい。
今日、放送のツボは、なんといっても学園祭のSオケでの着ぐるみでしょ。「マングースです。これはハブです。」たまらん。ドラマのオープニングだとかに登場する動物は、てっきりクマさんだと思ってた(原作読んでないし)。まさかマングースだったとは!思いもよりませんでした!

のだめちゃん、いつもかわいいワンピース着てるけど、今日のはかなりぴっちりタイプだったなぁ。それから、ピアノの鍵盤模様のレッスンバッグ。かわいい~欲しい~作れそうだけど、私は作れない。(その気がない)

このドラマ見ていると、クラシックがどんどんかっこよく思えてくる。今日のラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」のかっこいいこと!涙出そうになったよ。そうそう、千秋様もかっこよかったね!
「このままではあなた、千秋といっしょにいられないね」とシュトレーゼマンに言われたのだめちゃんのなんとせつない顔・・・
来週あたり、またのだめちゃんのピアノシーンが見れるのかな・・楽しみ楽しみ。
[PR]
by jijichan2004 | 2006-11-13 23:28 | テレビ

東宝版? RENT

東宝公式HPで本日発見。なんと東宝版?の「RENT」が、2008年上演されるようだ。来年新しく出来るシアタークリエという劇場。キャストは公募。もう一度だけ山本耕史くんのマークが観たいけど、それはもう無理なのかなぁ・・・
それにしても、東宝と「RENT」がどうしても結びつかない・・・・・
どうか、あの座長公演のようなチラシやポスターはやめてね。
[PR]
by jijichan2004 | 2006-11-13 23:05 | ミュージカル・お芝居
ゆうべ、ひとりカラオケしてきました~!2回めです。まだまだ慣れません・・・どんどん先走ってしまい、ほんの20分ほど歌うと声が枯れてしまいました。さすがに後は休み休み歌いました。今回自分の歌をiPodに録音してみました。そんでもって後でどんなに自分が下手くそかということを思い知らされました・・(涙)でも客観的に自分の歌声を聴いてみるのもなかなか楽しい。(なんて暗い楽しみ方だ)

帰宅後、「たけしの誰でもピカソ」見ました。1年前に亡くなった、本田美奈子さんの特集を2週続けて放送するようです。1年たってもいまだに彼女の無念さを思うと涙がとまらなくなります。どんなにもっともっと歌いたかっただろう・・・。
b0048571_23115163.jpg

そして、番組中でも語られていた、”「ミス・サイゴン」主役抜擢はしょせん客寄せ” と思っていた自分が恥ずかしかった。クラシックを歌うようになっても、どうせサラ・ブライトマンの亜流じゃないのか・・・などと思っていた自分が恥ずかしい。当時は彼女の並々ならぬ努力を知るよしもなく・・・

ゆうべのカラオケで、彼女の歌を歌いながら涙が出ました。
[PR]
by jijichan2004 | 2006-11-11 23:36 | 音楽

笑の大学

b0048571_22574796.jpgTSUTAYAの100円レンタル期間に借りた。正直そんなに期待してたわけではない・・・
案の定、まんなかごっそり眠ってしまった・・・どうしようかなとも思ったけど、せっかくなので巻き戻してもう1回見た(DVDでも巻き戻すと言うのだろうか)

面白い~。舞台ではまったくの二人舞台(たぶん)なのだけど、映画はそうゆうわけにはいかない。いい味だしてる取調室前の番人(高橋昌也)だとか、看板俳優の青空寛太(小松政夫)だとか・・もぎりのおばさんだとかが登場する。だけど基本的には、警視庁の検閲官向坂睦男(役所広司)と喜劇作家の椿一(稲垣吾郎)の二人芝居。セリフの積み重ねである。そうゆうわけで途中で寝てしまったら何にもならないのだ(汗)
日本は戦争へというご時世、「笑い」などもっての他、椿の書いた台本から無理難題を突きつけ、「笑い」を排除して上演させまいとする向坂。しかし、そうして検閲すればするほど、台本はどんどん面白い方向へと書き直されていくという展開。

ラストでなんとも切なく、ほろっときます。

うますぎる役所広司に、へたくそな吾郎ちゃん。ちんさん曰くこの役は吾郎ちゃんだからいい、吾郎ちゃんだから面白いのだそうだ。

しかし、舞台の記録をググると・・・舞台版(ラジオドラマが一番最初らしい)のキャストは、西村雅彦と近藤芳正。う~これはぜひとも観たかった!さらに悔しいのは1996年に岡山公演があったこと。ものすごく悔しい。こんなことはもう二度とないだろう・・・しかも岡山市民会館ではなく、岡山市民文化ホールというのがまたいいではないか。(意味不明)
[PR]
by jijichan2004 | 2006-11-07 23:26 | 映画