管理人ぽんすけがボケ防止のために時々更新するかもしれない、趣味の備忘録。ときどき猫が登場します。


by jijichan2004
カレンダー

<   2006年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

アンケートに答えて、5000円のVISAギフトカードが当選したよ!

某家電店でも使えるようなので、DVD-Rを大量に買い込むことにした。
20枚買ってもずいぶん余ったので、ズバリ5000円で1円たりとも出ないように買い物することに。おつりが出ないから、きっちり5000円分でないと。

そんなわけで他に買ったのは、チャンネル押しても反応がものすごく鈍くなっているので、テレビのリモコン。それから、単4の乾電池。そして、絶対にこうゆうことでもないと買わないであろう、たこ焼き器をついに購入!
合計、ジャスト5000円!やった~

b0048571_135950.jpg

そして、職場のたこ焼き名人Kちゃんにメールで作り方などを聞き出し、おっかなびっくり作ってみたよ。おもしろい~。要領がわからないから、手際は悪いし、くるくるするのを忘れてまんまるにならなかったりで、まぁ、これからこれから!

でも、お味はめちゃめちゃうまかったのだ。雰囲気の問題かもしれないけど、いやまじでうまかった。今度はまんまるたこ焼きに挑戦や!
[PR]
by jijichan2004 | 2006-05-28 01:41 | 日常

スリーピー・ホロウ

b0048571_04138.jpg
これも、職場のAさんが持ってました・・
ティム・バートン&ジョニー・デップ。原作は、アメリカの古典作品らしい・・

実は、首なし騎士の伝説を悪用した殺人事件なのかと思いきや。首なし騎士はほんとに不気味な木の幹から、すごい登場の仕方をするし・・そうかホラーなのか・・

首が次から次へと切りまくられるシーンが連発だし、ジョニー扮するイカボッドのお母さんへの拷問も凄まじいし・・・残虐シーンが結構多い・・・

科学だけを信じる(お母さんの件があるから)捜査官イカボットは実はとても恐がりなのだ。首なし騎士の話を聞いて手が震えてたし、よく失神する・・変な道具を発明したり、ジョニーならではの役でしたわ。

黒や灰色が基調のスリーピーホロウ村の世界から、事件解決後、カトリーヌ(クリスティーナ・リッチ)とニューヨークへ戻ると色がだんだん鮮やかに・・・。ラストのクリスティーナリッチのキャンディキャンディのようなドレスが印象的。

ティム・バートンが描く大人のおとぎ話。
[PR]
by jijichan2004 | 2006-05-23 00:51 | 映画
b0048571_2210810.jpg
悪いけど、ジョニー・デップが出ていなかったら、永久にみることはなかったであろう作品。なぜか、職場のAさんが持っていた(汗)

申し訳ないけど、途中うとうとうとうと・・何度も気絶。
バンデラスちゃんのギターを抱いた渡り鳥風なガンマンは、あれでおっけいな訳?
あれは、大笑いしていいんだよね。かっこええと思わないとダメなの?基本的にお馬鹿映画なんですよね???

ジョニーは、ところどころ小芝居かましてたようだけど、ううぅぅむ。
あのつけ腕は、結局いったいなんだったのかなぁ。気絶していた時になにか説明あったのかなぁ・・でも初めから見る気も起こらなかったりして・・

ミッキーロークは、このあいだみた、「マイ・ボディガード」でもメキシコの悪い役してたぞ。もうそんなのばっかりなのか?

こうゆう映画続きでメキシコが恐くてたまらないよ。もっといいイメージの映画を!
映画の中で登場する「死者の日」がすごく魅力的で興味津々。
[PR]
by jijichan2004 | 2006-05-21 22:18 | 映画

光枝さんが退団?

劇団四季に、なくてはならない・・というか、いて当たり前のような存在であった、光枝明彦さんが、すでに退団されているらしい・・。→こちら

重鎮といってもいい立場のお方が・・
シリアスな役も出来て、なおかつファミリーミュージカルにおいて、子供たちから笑いのとれる、とっても貴重な役者さん。「魔法をすてたマジョリン」のニラミンコであったり、「ユタと不思議な仲間たち」のペドロであったり、そして「夢から醒めた夢」のデビル・・
今度行く京都公演で、久々に光枝デビル観れるかなぁと期待してたのに・・

アスペクツオブラブのジョージも素敵だったけど、やっぱりエビータのペロン大佐だなぁ・・
私の中ではペロン大佐はず~っと光枝さん。
それにそれに、「キャッツ」の劇場猫ガス。ニューキャッツの細身のガスもいいけど、ほんわかしていて、よかったのだ・・光枝ガス。
ジーザスのピラトも好きだったなぁ・・
とても残念だ・・四季はいったいどうなるんだろう。なんだか四季の良心がなくなってしまったような気がしてしまう・・

それにしても、青山明さん(伝説の赤坂ファントム)までもが・・・(休団中ということらしいけど・・)
[PR]
by jijichan2004 | 2006-05-21 00:47 | ミュージカル・お芝居

勝ったらしい

b0048571_64425.jpg

5月16日
阪神対日本ハムの交流戦が倉敷マスカットスタジアムでありました。
新庄くんがみたかったので(ミーハー)センターで。

2対2ではあったけど、7回が終わった時点で帰った。(終了時の混雑がいやだから)結局阪神サヨナラ勝ちしたらしい・・盛り上がったろうなぁ・・・
[PR]
by jijichan2004 | 2006-05-17 06:09 | スポーツ
なぜ、パソコン通信のことを急に懐かしく思い出したかというと、この3月31日をもって、パソコン通信の最大手であったニフティサーブがすべてのサービスを終了したというのを知ったからであった。終了したことではなく、未だにサービスを続けていたということに驚いた。

私が主に参加していたフォーラムはFBATLとFMUSICAL・・・
濃かったなぁ・・面白かったなぁ・・従量制の通信料を気にしつつ過去ログをダウンロードするときのドキドキしたこと。そうしてだいたいのお目当ての会議室の雰囲気をつかんでから、徐々に発言してみたりするのだ。過去ログを読めとか言われないようにね(汗)・・ネチケット(死語)ってやつですか?時に起こる論争も、やじうま的に面白かったなぁ。特にFBATL 2番会議室(リングスの部屋)当時リングスはプロレスと格闘技のはざまの微妙なところだったし。

パソコン通信からインターネットへ移行するとともに、参加者の多くは自分のHPをつくるようになり、会議室への発言は減っていき、濃いさもなくなってきた・・そうして私もニフティのフォーラムを覗くこともなくなっていったのだ。

当時の熱い発言や、レポートをぜひもう一度読みたい!と思った時はすでに遅し。もう未来永劫あのころの過去ログは読めないのだろうか・・
[PR]
by jijichan2004 | 2006-05-14 23:53 | 想い出語り
最近、毎日のように映画版「レント」のHPに行って予告編で涙を流すのが一日の締めになっている・・予告だけでめちゃめちゃ泣ける・・本編観たらどうなるんだろう・・

実はこの「レント」というミュージカル、日本人キャストによる舞台を観に行って見事に撃沈したことがある・・う~ん・・予備知識ないうえに、ほとんど歌詞が聞き取れなくて何言ってるんだか、やってるんだかわからなかったことや、出演者による客いじりについていけなかったことやら・・まぁ、そんなこんなで、いまひとつピンとこないミュージカルであったのだ。ウツ(宇都宮隆)や、山本耕史くんをはじめキャストの皆さん頑張っていたとは思うんだけど・・。

映画版は(といっても予告しかみていないくせに)字幕スーパーがあるから歌詞がちゃんと伝わるのが、何よりも嬉しい。それにしても改めて「Seasons of Love」の素晴らしいこと。歌のうまいこと(当たり前か)
「525600分という時間」 「あなたは1年を何で数えますか?」この重みは歌詞が伝わってこそなのだ・・

早く観たいのだけれど、残念ながら岡山はもうちょっと先の上映のようです。
[PR]
by jijichan2004 | 2006-05-13 01:50 | ミュージカル・お芝居
もう、10年以上も前の話。

あのころ、ワープロやパソコンを買うと必ずついてきたであろう、ニフティサーブのID付きオンラインサインアップの案内。それを何気に読んでいて、なかなか楽しそうと思ったのが最初だった・・

職場でたまたま処分するパソコンがあったので、もらった(汗)。まだ、ウインドウズなんてものありませんです。フロッピーなんて、5インチだったり。
どうしても、ニフティサーブに入りたい一心で、とりあえずモデムやろ~と、わけもわからずパソコンショップへ駆け込んだ・・・
よくわからないなりに、安いモデムを購入したと記憶・・モデムについていたフロッピーは3.5インチだったので、親切な店員さんが、5インチに、コピーしてくれた。

そんでもって、わからないなりに(だって必死さだけだったから)どうにかこうにか、ああでもない、こうでもないと試行錯誤の果てに、ようやく接続・・・よく覚えていないけど・・「ようこそ、ニフティサーブへ・・・」と画面に出たときは感激~

そしてついに、私のパソコン通信の世界が始まったのだ~

ニフティサーブといえば、フォーラム・・電子会議室・・・リアルタイム会議・・シスオペさん・・
懐かしい懐かしい・
さて、私は何の会議室に参加していたでしょう・・・
こんな想い出語りはどうでもいいとは思いますが、つづく。
[PR]
by jijichan2004 | 2006-05-10 23:45 | 想い出語り
b0048571_0453438.jpg
お風呂に浸かりながら読書をする習慣がすっかりついてしまった。しかし、難点は本が濡れること・・そして、うとうとして本を湯舟に落っことしてしまうこと(何度も)。おかげで、よれよれのボロボロ。そんなわけで、お風呂で読む本は古本屋で1冊100円のをまとめ買いなのだ。

ひと月以上かけてようやく「レッド・ドラゴンの上」を読み終えたよ。一日数ページが限度だからね・・すぐ暑くなってのぼせそうになるから・・・

映画も面白かったけど、原作はもっと面白い~
映画ではほとんど見せなかったグラハムグレアムのちょっとあぶない一面が垣間見れた。息子は連れ子だったし・・ちょこちょこっと映画では語られてない部分が・・

また、何ヶ月かかけて、下巻を読むのだ。
[PR]
by jijichan2004 | 2006-05-10 00:47 | 読書

モンスター

シャーリーズ・セロンのアカデミー賞主演女優賞演技が見たくて。
b0048571_23321915.jpg
それにしてもこの映画実話に基づいているとは・・。映画を見終わって実話だと初めて知ったので、あまりのつまらない、辛い、重苦しい、救いのない内容に、早く終わらないかなぁと思ったものだ。

そのうえ、実のところシャーリーズ・セロンの元の姿をよく知らなかった私。
ものすごく美しい・・それがこんなにも変われるものなのか!13キロの増量とメイクと入歯で・・
その体当たり演技が見れただけでもよしです。

憎たらしい裏切り者のクリスティーナ・リッチもすごかった。
どこかで見たことある顔だと思ったけど、あのクリスティーナ・リッチが・・・
なにが腹が立つかって、この小娘を愛するがゆえに利用されている、主人公が悲しすぎるではないか・・
切なすぎる。堅気になってやり直そうとしているのに、また娼婦にもどれなんて・・遊びたさに。
ふぅ~
そのうえ、自分だけ助かりたいがために罠にはめるとは。

そんなわけで、とても後味いい映画とはいえませんでした。
[PR]
by jijichan2004 | 2006-05-07 23:49 | 映画