管理人ぽんすけがボケ防止のために時々更新するかもしれない、趣味の備忘録。ときどき猫が登場します。


by jijichan2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:読書( 28 )

b0048571_0193460.jpg映画はDVDを借りて見たはずなのだけど、例の脳みそシーンだとか、豚に食われる・・とか、そういう刺激的なシーンしか印象に残っていない・・あとは、メイスンの異形と・・・。

しかし、原作の面白さはなんということだろう、映画を見てなんじゃこりゃと思われた方は、ぜひ原作を読んでみて!主役は当然、ハンニバル・レクター博士です。
「羊たち・・」「レッド・ドラゴン」とは違い、特に下巻では完全にレクター博士の世界が描かれています。「記憶の宮殿」を自在に行き来するレクター博士の超人?狂気?
上巻に登場のパッツィーの描写も丁寧に描かれてます。結構パッツィーのキャラは際立ってます。(映画版では、出てきたことすら思い出せない・・・)

ラストは映画以上に衝撃。クラリスはレクターの世界に行ってしまったのか・・・
しかし、読み進めるにつれ、もはやアンソニー・ホプキンスの面影は完全に失った。絶対に違う~!!でもクラリスはどうしてもジョディ・フォスターのイメージなのよねぇ・・・
[PR]
by jijichan2004 | 2006-08-16 00:21 | 読書
b0048571_0331166.jpg
図書館でたまたまみつけた本。ほわほわとぐんぐん読めます。

岩合光昭さんといえば、素晴らしい野生の動物写真を撮る反面、かわいい猫の写真を撮る写真家で、私の知っている数少ない写真家のひとり。
その岩合家にやってきた子ネコの海ちゃん。海ちゃんの成長とともに生まれてくる心にわいてくる疑問、葛藤・・そこまで考えすぎなくてもいいんではないかと思う気もする内容だったんだけど、とにかく奥さんの岩合日出子さんの文章がかわいらしい。文中の写真の海ちゃんもどうしましょうってくらい、かわいい。ネコのきもちにこだわった岩合さんのきもちが伝わってくる本。初版はもう20年も前・・・海ちゃんはしあわせなネコ生をまっとうしたに違いない。
[PR]
by jijichan2004 | 2006-06-01 00:42 | 読書
b0048571_0453438.jpg
お風呂に浸かりながら読書をする習慣がすっかりついてしまった。しかし、難点は本が濡れること・・そして、うとうとして本を湯舟に落っことしてしまうこと(何度も)。おかげで、よれよれのボロボロ。そんなわけで、お風呂で読む本は古本屋で1冊100円のをまとめ買いなのだ。

ひと月以上かけてようやく「レッド・ドラゴンの上」を読み終えたよ。一日数ページが限度だからね・・すぐ暑くなってのぼせそうになるから・・・

映画も面白かったけど、原作はもっと面白い~
映画ではほとんど見せなかったグラハムグレアムのちょっとあぶない一面が垣間見れた。息子は連れ子だったし・・ちょこちょこっと映画では語られてない部分が・・

また、何ヶ月かかけて、下巻を読むのだ。
[PR]
by jijichan2004 | 2006-05-10 00:47 | 読書

きつねいろのくつした

b0048571_23154520.jpg

ずっとまえ、図書館でたまたまみつけた絵本。
めちゃめちゃかわいいのだ。

ポイントためてゲットした図書券で買っちゃった。
(ぜったいにお金はださないせこさ)

こぎつねのこんたくんはクリスマスプレゼントが欲しくて
自分がくつしたになることを思いつくのだ。
そうしたら、きっとくつしたのなかに、プレゼントをもらえるだろうって。

・・・そしたら、そしたら、
おねんねしていると、くつしたの中にうさぎのみいみちゃんがはいってきて
一緒におねんね。
あぁ、かわいいわぁ~
いもとようこさんの絵がもうたまりません!(こわせたまみさん作)

ついでに立ち読み。
だいすきなグーっていう、同じくいもとようこさんの絵本。
立ち読みしながら泣いてしまった・・こりゃたまらん。

一緒にアフィリエイトの本も買ったよ。
アフェアフィアファ・・・ちょっと前までなんですかそりゃ・・な世界だったのだけど、
最近、めずらしくどん欲に興味をもっているのだ~
まだ、漠然としかイメージつかめてないんだけど・・・

って、エキサイトブログは、アフィリエイト禁止だって・・orz
[PR]
by jijichan2004 | 2005-09-17 23:28 | 読書
ようやく「ダ・ヴィンチ・コード」を読み終えた。
歯磨きタイムに読んでいただけなので一月半近くかかってしまったが、
決してつまらなかったわけではない。むしろ面白かった。
まるで映画を見ているよう・・
コロコロと場面転換、ワンシーンワンシーンが短いので、ダレることなく
最後まで読み切ることが出来た・・
・・・で、それで?
うーーーーーん、何も心に残らないんですけど。
読書後の達成感も清涼感も感動も・・

当初お気に入りだった特異なキャラ「シラス」も後半はその影をうすめて
普通のキャラになってしまった。
登場人物が極めて少ないからわかりやすく読む方としては助かった部分もあるけど
その分、何か薄っぺらい。
登場人物についても、何か薄っぺらい人物像しか見えてこない。

あまり知るところのなかった秘密結社だとか、垣間見ることができてそれは興味深かったの
だけど、所詮私は無宗教?の国日本人なんだわ。
ビックリ仰天するような事実が一体どれほどの物なのか実感がないのだ。
マグダラのマリアとキリストの子供がいたって、その子孫がいたってそれが
何だというのか・・・・ってなものだわ。

ミュージカル「ジーザス・クライスト=スーパースター」できっとふたりはいい仲なのね
みたいな風に見ていたし・・
[PR]
by jijichan2004 | 2005-07-24 23:08 | 読書
なにせ、読書タイムは夜寝る前の数分と、朝歯磨きながらの数分間だけなので、
まだ上巻の半分すぎ(汗)

内容はともかく、
ひとりものすごく際立ったキャラクターが・・。
色素欠乏症の修行僧シラス。
暗い過去・・救い出してくれたものへの忠誠。
そして・・・

映画版はいったいこの役を誰が?
検索すると、ポール・ベタニー。
「ウィンブルドン」の俳優さんですか・・
うわぁぁぁ~!!!すごく似合ってるかも~
ぴったりかも~!!!

自分で自分をむち打ったりするシーンぜひカットしないでね。


ところで、まだやるか今日の菓子パン。
b0048571_22401918.jpg

パスコのメロンパ!シリーズ「チョコチップメロンパン」
チョコチップがいっぱい。でかいし、食べ応えあり。
皮はしっとりタイプで好きなやつ。
中の方はちょっとパサパサ系。
[PR]
by jijichan2004 | 2005-06-20 22:44 | 読書
職場ではえらく盛り上がっているのだ。
関連本や、作者の他の本を買ったりと、そりゃもう大変。
で、あまのじゃくの私はかなり引いていた・・

でも、ある日「Xファイル」(汗)のDVDとともに、机の上に
置いてあった・・無言の圧力・・
読めということか・・「Xファイル」はどうしよう(大汗)
b0048571_22103673.jpg

と、いうわけで、2日前から読み始めている。
まだ、ほんのさわりだよ。
今のところ難しい言葉とか出てこないし、とても読みやすい。
登場人物も少ないし。

ダ・ヴィンチの絵に隠された暗号解きのミステリー?
キリスト教?
戦う大学教授?

これくらいの予備知識で読んでますが、
どうでしょう、ハマるのか?
さて続きを読むか。
[PR]
by jijichan2004 | 2005-06-09 22:14 | 読書

100万回生きたねこ

b0048571_22571557.jpg






愛読書です。
10年くらい前に、この本を誰かが紹介していたのを見て購入
(その誰かは定かではない・・もしかしたら前田日明だったかもしれない・・汗)。
以来読むたびに号泣。
今日、夕食のおみそ汁ができるまでの待ち時間を利用して、
何気なく「ひとり読み聞かせ」をやってみた。
案の定、2行目からすでに号泣・・わんわん泣いた。

100万年もしなないねこがいました。
100万回もしんで、100万回も生きたのです。
りっぱなとらねこでした。

ねこは王さまなんかきらいでした。

ねこはおばあさんなんかきらいでした。

ねこは子どもなんかだいきらいでした。

ねこは自分がだいすきでした。

やがて自分よりもだいすきなしろねこと出会い、
そして年老いたしろねこが死んだとき、一度もないたことなんてなかった
ねこがはじめてないたのだ。100万回ないたのだ。
そしてやがしろねこのとなりでしずかにうごかなくなり・・


自分のことしか愛せないねこが、やがて自分よりも大切に思うしろねこや
こどもたちといつまでもいっしょにいたいと願う・・。
愛することの大切さ・・
そんなことを書いているのかな・・

いや、ただ単純にねこのきまぐれな身勝手さを書いてるだけかもよ~
それでもいい、そんな気がしてならない・・
ねこ好きにはたまらない大人の絵本です。
[PR]
by jijichan2004 | 2005-02-08 23:00 | 読書