管理人ぽんすけがボケ防止のために時々更新するかもしれない、趣味の備忘録。ときどき猫が登場します。


by jijichan2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:ドラマ( 81 )

龍馬伝 最終回

いいかげん、今年中には見なくてはいけまい・・と、ついに・・ようやく龍馬伝最終回を見ました。遅っ!一月も間をあけたのがいけなかったのか、知事選の速報が出るのがわかっているのが集中できないのか・・なんとも間延びして退屈で眠たくて、今ままでで一番つまらない回だった。一番つまらないのが最終回だなんて・・・なんで?
拡大なんてせずふつうにさらっと終わってほしかったなぁ・・つくりすぎやろ。話ふくらませすぎ。
せっかく今まで圧倒的な映像美やら、出演者の熱演で何度も涙し、かっこええぇ~と感動し、笑い、毎週毎週ほんとうに楽しませてもらってきたのに・・なんとももったいない。例のテロップもひどすぎる。

龍馬さん、土佐の頃から猫出現率多かったなぁ・・最終回は、まるでそれが象徴のように猫が出まくり・・声だけだったり、子猫も出てきたり・・
そうか、暗殺のとき、猫の描かれた掛け軸に血痕が残っていたということで・・それで象徴のように猫が出続けたのかなぁ・・ふとそう思った・・

次の「江」どうしよう・・・とりあえずいつものように第一回だけは見てみよう・・

あ・・・紅白終わってしまった・・みなさまよいお年を・・
[PR]
by jijichan2004 | 2010-12-31 23:44 | ドラマ

その街のこども

阪神・淡路大震災15年 特集ドラマ
先の1月17日にNHKで放映されたドラマです。
その日は、民放でも震災ドラマやっててそちらはリアルタイムで見ました。神戸新聞社の記者たちが体験した震災の凄まじさ、報道のあり方、葛藤など実際の映像も交えつつ、なかなか見応えのあるドラマでした。NHKの方は、そのうち見よう見ようと、録画したままでした・・

そんなわけで、ようやく2ヶ月近くたって見ました。

昨年にひきつづき、森山未來出演です。今回は同じく当時被災した佐藤江梨子とのほぼ2人の会話のやりとり。
震災から15年を迎える前日、新幹線で仕事で広島へ行く途中引き寄せられるように新神戸で途中下車。ひょんなことから佐藤江梨子と居酒屋へ・・ほとんど素じゃないかと思わせるドキュメンタリー調で、関西弁での会話のやりとり。あの時2000円の焼き芋売りに来た!だとか1000円の大根とか、リアリティがあるエピソードが盛り込まれたりして・・そして無理やりつきあわされ、三宮から御影まで・・そして再び三宮へ・・ひたすら歩いていく・・ロードムービーのような作り。実に淡々と、震災で受けた傷をポツポツと語っていく・・時折くすぐりを入れながらも、ドラマは1月17日の追悼式典の朝を迎え、ふたりは、東遊園地の前の横断歩道。誘われたけど一緒に行かず、考え「また来年」と森山未來。そして握手を・・握手しようとした手を見つめながら佐藤江梨子は森山未來をひきよせ、ハグしました。このシーンは胸に迫りました。いいシーンでした。今は向き合えないでも、きっと来年・・。
ラストの追悼式は実際の映像のようです。涙が出ました。NHK、さらっとこんないいドラマ放映するからあなどれない。
[PR]
by jijichan2004 | 2010-03-08 00:22 | ドラマ
「ふもうちたい」で変換したら、「歩も打ちたい」って変換してくれました。どうもありがとう。
いや、そうじゃなくて、「不毛地帯」だってば。
鳴り物入りで始まった、フジテレビ開局50周年記念ドラマ。初回は2時間以上の拡大版。シベリア抑留時代の重い、つらいシーンが続きましたが、大変見応えあり、面白かったです。第2回目は完全に商社マンとなった、壱岐正が元大本営参謀の本領を発揮してきました。面白いなぁ・・東京商事の遠藤憲一や、新聞記者の阿部サダヲや、それからそれから古田新太、松重豊(にこにこ顔おもしろすぎ)、斉木しげる、梶原善・・・・。脇役・個性派俳優マニアにはたまりませんなぁ・・それから、エンディングテーマ曲がトム・ウェイツですよ!・・びっくりしましたよ。あの地の底から這い出してくるようなしゃがれた歌声が聞こえてきたときは・・・でもすごく合ってる・・・しみじみとしてきて・・なんだか涙が出てきたのだ・・。
ラッキード機が墜落事故・・次はどうするのでしょう。

山崎豊子つながりで・・・
今週末、映画「沈まぬ太陽」がついに公開されますね・・
主演の謙さんが関西にキャンペーンに来ているようで、夕方のABCラジオの番組にちらりと出てました。バリバリの関西弁で、大ファンだという阪神タイガースを熱く語っていたのが面白かったです・・関西人ってわけではないのでしょうけど、関西弁だったのよ・・奥さんが関西人だから?
[PR]
by jijichan2004 | 2009-10-23 00:28 | ドラマ
半年間、本当に毎回毎回、不快な気持ちにさせてくれるドラマがついに最終回を迎えましたね。こんなにも登場人物たちにいっさい共感、共鳴できないドラマも珍しい。いやぁ、今日はどんな突っ込みどころがあるだろと逆説的な楽しみ方をさせていただきました。半年間、うちでは「そげかね(無感情に)」がブームでしたよ(笑)そうね・・あえていうなら、唯一まともでいちいちごもっともな発言をしていたのは涼乃ちゃんだったかも。

しかし、人知れず人間国宝、米朝師匠が知夫里島ロケに参加していたとは!まさかこの時のロケが原因で体調悪くしたわけじゃないんでしょうね・・(ロケはずいぶん前か・・・)
[PR]
by jijichan2004 | 2009-03-29 00:10 | ドラマ

秋ドラマ

そろそろ出そろいましたか?秋ドラマたち。
録りためていたドラマを一気にみたり、リアルでもみたり・・・

一番インパクトがあったのは「流星の絆」だったりします。面白いとか面白くないとかじゃなく・・あくまでもインパクトが。原作は読んでないのですが、要所要所は残しつつ激しく変えられていると想像つきます・・・クドカン遊びすぎ?・・・。ゲラゲラ笑ったあと、とても辛いシーン、メリハリなのかなんなのか。そんでもって、ツボはカレー屋「ジョージ・クルーニー」、DVD屋「トミーリー・ジョージ」、孤児院「聖ジョージ学園」、カレー屋のマスター尾美としのりの名前が林ジョージで、ハヤシライス・・・そんでもってハヤシライスにありつけない要潤は話にからんでくるのか??
三浦友和はまたまたかもしだしてました。

マッチゲが出てるので、「ブラッディ・マンデイ」とりあえずみました。結構面白かったから、もうちょっとみます。妙に色っぽすぎるテロリスト教師だとか、Third-iのいかにもって感じのセットだとか、レクター博士風の謎の嶋田久作だとか・・ちょっと気恥ずかしい部分はあるけど、ウィルステロなどあって不思議じゃない世の中だからなぁ・・あながち漫画だし・・とかいってられない・・。やはりツボは江口のりこ第一感染者。

虎ちゃんみたいだけの「スキャンダル」。虎ちゃん出なかったら絶対みないし。しかし、これが結構からんでくるのだ、だから困る・・ハラハラする。大丈夫なのか虎ちゃん・・セリフぎこちないぞ。完全に女優陣の華やかさに負けているぞ・・・がんばれ虎ちゃん!!!

「チーム・バチスタの栄光」は、田口せんせの帰る家が、あんなホームドラマな家庭がでてきた時点であちゃーでしょ!で、なんで田口せんせはあんなにびえんびえん泣くわけ???唯一、藤原さんの名取裕子だけはぴったりだったなぁ。でも最初っからマコなんて言ったらあかんで。

「風のガーデン」エンディングだけで泣ける・・反則だ。
[PR]
by jijichan2004 | 2008-10-21 00:27 | ドラマ

七瀬ふたたび

筒井康隆の七瀬三部作二作目の「七瀬ふたたび」がNHKでふたたび、ドラマ化された。
かつてNHK少年ドラマシリーズで映像化された時は七瀬役は多岐川裕美でしたなぁ・・たぶん、イメージ違うということで最後まで見たかどうか記憶にない・・・。

さてこの度の木曜ドラマ版、あれ?こんな話だったっけ????
原作を読んだのはもうずいぶん前のことなので定かではないけど、相当設定が変わっていると思われ・・・そもそも七瀬は家政婦さん(お手伝いさん?)だったはずだし・・・ドラマでは平穏に老人ホームに勤務している。彼女の持つ特別な能力を、何らかの理由で幼い頃封印されていたのが(小日向パパは何かに追われるのを恐れていた風でした・・)、母親の死をきっかけに封印が解けてしまったといった展開になってましたね・・・。連続殺人事件もからめてきたり・・

でもそれなりに、なかなか面白かったので、次回も見ます。(殿がでるし)
[PR]
by jijichan2004 | 2008-10-11 21:10 | ドラマ
先週から始まった今回のNHK連続テレビ小説。前の「瞳」はちっとも興味がなかったので見なかったんだけど、「だんだん」は、何度か行ったことがある松江が出てくるし、番宣をみたりして結構面白そうな気がしたんでとりあえず1週間見てみようと録画していた。

正直面白くない・・・。誰ひとりとして感情移入できるキャラがいない。音楽事務所のスカウトにあそこまで固執させる魅力があの歌にあるのか??カバー曲しか歌わないし・・「シジミ汁♪」にこれは受けるかも!と魅力を感じたのならまだ理解できる(汗)。古い少女漫画のような、スカウトマンの行動にもいつの時代やねんと違和感を覚える(ハンカチでめぐみのケガした腕巻いたり・・・)
めぐみの家族達もあんまり魅力ないし、また描かれてないし、あの家族がどうゆう過程を経てきたかさっぱり描かれていないから、めぐみとお父さんが将来について言い合いをしたり、18歳の誕生日でサプライズなプレゼントをしたところで、どうも伝わってくるものがない。・・

きっと、「ふたりっ子」を見ていたら、マナカナがこんなに大きくなって・・みたいな感慨にひたりながら見れたのかなぁ・・
とりあえず、もう1週見てみるか・・。
[PR]
by jijichan2004 | 2008-10-05 21:58 | ドラマ

ゴンゾウ 最終回

毎週欠かさず見ていた唯一の夏ドラマでしたが、終わっちゃいましたね・・(ちなみに「あんどーなつ」は、あまりのつまらなさにわずか2話でリタイヤ)

面白かった・・。ブレのない脚本に感心した。インコ?オウム?まで重要な伏線のカギとして使ってくるなんて憎いねぇ。そしてラストはちゃんともなみのバイオリンコンサートだなんて見事にぴたっと収まりました!すごい。虎ちゃんも、拳銃作ったおじさんも、ロダンも、もなみの恋人も・・、お話に生きていたんですね

面白かったなぁ。筒井くんと、虎ちゃんと、ウッチー目当てで見たわけで、決して内容に期待していたわけではなかったのに、思わぬ拾い物をしてしまった。

そんでもって、ルミ子さん役の吉本菜穂子さんは一番の拾い物だったなぁ・・
[PR]
by jijichan2004 | 2008-09-10 23:20 | ドラマ
もともとは、関西ローカル番組。先日ようやく地上波で全国放送されました。
底抜けに~面白かったというわけではないけど、いいですねぇこの兄弟たち。本人たちが楽しんでる様子が伝わってきてこっちまでうれしくなりました。

本編放送中は、毎週落語のネタがモチーフとなっているらしいということだったけれど、元のネタを知らなかった・・・しかしその後だいぶ落語を聴いたり見たりしているので、今回の元ネタがこのあいだ繁昌亭でみた「宿屋仇」だと、ピンっときた!ということは、最後のオチは・・・うそだった・・で終わるところだけど・・・

田村亮さんの言っていたことは実は本当だったような余韻をもたしてましたね・・
それにしても、このたびの主役は完全に四草でしたね!かっちょよかったね、四草会の四草。がんばれ虎ちゃん!
[PR]
by jijichan2004 | 2008-08-11 22:49 | ドラマ
b0048571_0525373.jpgというわけで、さっそくDVDを借りて見た。(某宅配レンタル無料お試しで!)さすがは、NHKです・・。全編後編合計2時間30分だれることなく、一気にみせる。
悠木の抱える家庭の問題や(阪神タイガースの話がいっさい出てこないのは残念ですのう)、かつて部下を死なせてしまった(事故死ではあるが)過去がしっかり描かれている・・・しかし、幼い頃蒸発した父親、生きていくために母親が何をしてきたか・・そのあたりはNHK的にはダメだったのかまるごとカットされてました・・暗躍させられる安西のエピソードとかも・・・まぁ何もかも詰め込む必要はないわけで。死なせてしまった部下のいとこのエピソードもきちんと描かれていて、重要な問題を投げかけてます・・

日航機墜落事故という非常に重い背景があるにもかかわらず締め切りに記事が間に合う間に合わない、トップ記事を何にするか侃々諤々。世界に発信するかもしれない大スクープを抜くかやめるか!・・・等々とてもスリリングなのだ・・

原作では、人間ドラマの一方で新聞社のいやぁな部分がかなり強烈な印象に残っていたのだけど、NHKでは、そのいやぁな部分は薄まってました・・その分、感動的なラストで・・・泣けました。キャストがいいです・・・南朋びいきの私としても佐山役はちょっと遠慮気味(悠木に)だなぁと思いつつも、なかなかよかったんではと思うのだけど・・・。それと安西燐太郎役の高橋一生くん(風林火山、ゴンゾーにも出てますね!)のさわやかなこと!
悠木役の佐藤浩市もいいです・・とくに歳をとった姿はちょっとお父さんの三國連太郎に重なりました・・

調子づいた私は、先日花火大会であふれる人の流れに逆らい映画館へ向かいました・・・つづく(汗)
[PR]
by jijichan2004 | 2008-08-03 23:48 | ドラマ