管理人ぽんすけがボケ防止のために時々更新するかもしれない、趣味の備忘録。ときどき猫が登場します。


by jijichan2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:落語( 72 )

第十回 東西笑いの喬演

笑福亭三喬・柳家喬太郎の二人会
2011年3月11日(金)18:30開演 大阪市立こども文化センター

鈴々舎風車 真田小僧
柳家喬太郎 白日の約束
笑福亭三喬 鴻池の犬
仲入り~
笑福亭三喬 鷺取り
柳家喬太郎 錦木検校


観測史上最大規模の地震が起きてしまったまさにその日・・その時間・・・
わたくし、なんと大阪城天守におりました。ちょうど4階に階段であがったところで、ゆれを感じました。船に乗っているようなゆれ・・。でも周りの人は普通・・別に何事も無く・・あれ?気のせい?お城の上の方だからゆれているだけ?いやいやその後なんどもゆらゆらと・・おかしいなぁ。首をかしげていると、「地震が起こりました・・安全が確認できるまでエレベーターを停止します」というようなアナウンスが流れ、やっぱり地震だったんだと認識。ケータイのワンセグやニュースでただ事ではないことが起こっていることをだんだんと実感していく・・

もしかしたら、今日の落語会は中止になるのではないか・・そもそも喬太郎さん来られるんだろうか・・不安になる。
千葉に住む姉にメールしてみる・・返事はだいぶしてから返ってきた。無事だったので安心。しかし、なんか落ち着かない。会場付近へ行くもまだ早い。配り物の準備をしていたから落語会は開催されるようだ・・近くのマクドに行く。埼玉に住むちんさんのお母さんとは電話が通じない・・市立図書館の公衆電話からもかけてみたけど、一向に通じない・・本当に落ち着かない・・会場に入る。ロビーのテレビで津波の被害を見る・・ひどい状況だ・・

きっと、観る側がこんな落ち着かない状態だったせいかな・・前の人の頭がかなり視界をさえぎり、舞台が観にくかったこともある・・あまり楽しめることができなかった・・
喬太郎さん、「何も触れないのはかえって不自然なので・・」と地震のことにマクラで触れました。家族知人の無事は確認できたのこと・・

開演前に、お囃しさんたちの上方四天王の出囃子演奏がありました。笛の喬若くんがすごく楽しそうで微笑ましかった・・。
よけいな日、ホワイトデー・・だから白日だったのか、始まるまで気付かなかった・・。それにしても、花録さん、談春さんより後輩だったんですか・・それが一番びっくりしましたわぁ。
三喬さんは、ここで枝雀さんだったら・・とか中断するのがちょっと気になる・・
喬太郎さん、錦木検校結構カミカミでした・・
こんな落ち着かない大変な日に人を笑わせなければならない・・複雑だと思います。
次回心の底から笑えるときの会でまた楽しませて欲しいです。次回が待ち遠しい・・


b0048571_10161135.jpg
会場近くから見えた、京セラドーム
[PR]
by jijichan2004 | 2011-03-21 12:00 | 落語

枝雀カムバック

2011年3月2日(水)昼の部14時開演 サンケイホールブリーゼ

「七度狐」
ゲスト道上洋三アナと司会三代澤アナの対談
「一人酒盛」
~仲入り~
お楽しみ「口入屋」
b0048571_5441358.jpg



平日の昼間なのに・・サンケイホールブリーゼはほぼ満員・・3日間連続の昼夜計6公演。もうこの世にはいない落語家さんのいわばビデオの上映会に・・これだけの人数が集まるだなんて、すごいなぁ。枝雀さんって。今更ながら。

まずは枝雀寄席の前説?「今日この頃でございます」は、む雀さん、ご長男と一緒に長唄を習いに行ったときの話。それぞれにバラバラに唄ったり演奏したり・・全然人に合わせようという気がない・・というような・・私の前の方の席で、遅れてきた方が席を探してうろうろしていて、気がそっちへ行ってしまい、最後のほうよくわからなかった・・あぁ残念。締めの「今日この頃でございます」は言わなかったような・・

「七度狐」のあと、ゲストの道上アナと司会三代澤アナの対談。
ABCに入社したての時、小米さん時代の枝雀さんに(そういえばおはパソでは枝雀さんの一番弟子と豪語していたような)落語を習っていたときのエピソード。お稽古のあと、てっちりをごちそうになり、下戸の道上アナは枝雀さんにヒレ酒をなかば強引に飲まされ気絶・・自分の下宿に送ってもらってたらしく気づいたら師匠がすぐ横でいびきを掻いていたとか・・せめてコーヒーでもと師匠を起こして「コーヒー入れました」と言ったら「コーヒー嫌いですねん」。
そんなこんなのエピソードを披露したあと、三代澤アナに枝雀さんに何か言うとしたら・・という質問に考えたあと「あなたはいったい何をしたかったんですか・・」とちょっと泣ける答え。そしてもっとおいしいてっちり(当時のてっちりは不味かったらしい)食べさせてほしかったなぁ・・。
三代澤アナは、実は枝雀さんにおいしいてっちりをごちそうになったことあるということを告白・・道上アナ激怒!というオチでした。

「一人酒盛」。私のiPodでは出現率が低いのでものすごく新鮮でした。以前六代目松鶴師匠のをラジオで聴いたことがあるけど、ぜんぜん雰囲気が違う~・・。客人をこきつかう主人公(名前忘れた)が怖くない・・憎めない・・ほんわかしている・・同じ話とは思えない~

当日のお楽しみ演目は「口入屋」。大好きな演目なので嬉しかったです!
あ・・でも口入屋のシーンの鼓の掛け声の部分はなかった・・残念。女子衆さんの立て弁は流石です~!!

あぁ面白かった!アンケートにもしっかり書きましたよ。観たい三席。またらい年カムバックありますか?
[PR]
by jijichan2004 | 2011-03-10 01:14 | 落語
出来る限り喬太郎さんを追っかけるぞ!と決意を固めた今年第3弾は

2011年2月22日(火)猫の日(関係ない)14時開演
高槻市亀屋旅館
亀屋寄席

喬太郎 たいこ腹
さん喬 棒鱈
仲入り
喬太郎 ほんとのこというと
さん喬 井戸の茶碗

b0048571_046293.jpg


平日昼間だというのに、意外と年齢層若かったです・・さすが人気者ですなぁ。
喬太郎さんのマクラに爆笑しつつ・・少しずつ演目に近づいてくるうちとても嫌な予感・・
いろんな職業・・太鼓持ち・・「たいこ腹」だ・・
そう、私は「たいこ腹」が苦手。だって私は猫大好き人間だから、落語とはいえ、猫虐待を連想させるこの話はいい気分じゃないのだ。そんでもって、痛いの嫌い(好きな人はそんなにいないか)尖端恐怖症。でも喬太郎さんの猫の鳴き声にあまりの可笑しさにやっぱり爆笑してしまった。のちに、さん喬師匠が、古典をここまでぶち壊しやがって・・みたいなことおっしゃってましたが、いやぁ、喬太郎ワールドでした・・
そのさん喬師匠、初めてです。静かに静かに語られます。引きこまれました・・
さん喬師匠も初めてなら「棒鱈」という話も初めて。赤ベロベロの醤油漬けといぼいぼ坊主のそっぱ漬け?この言葉がしばらく頭から離れなくなりました。赤ベロベロ・・いぼいぼ坊主・・田舎侍がわけわからん歌歌い出したり・・面白かった!さん喬師匠のこの話を聴けただけでも満足でした。

そしてまさかの新作がきました。生で聴く初めての新作は「ほんとのこというと」
面白かったけど、新作聴けて嬉しかったけど、師匠との親子会というのもあるかもしれないけれど、願わくば大ネタ聴きたかったですぅ・・・
そして私は、「井戸の茶碗」のさん喬師匠のあまりの上手さに・・またもやまだら睡眠へと誘われてしまった大馬鹿者です。悔しい!
[PR]
by jijichan2004 | 2011-03-04 06:21 | 落語
いかんいかん、忘れんうちに・・

2011年1月29日(土)14時開演 トリイホール

桂雀五郎 みかん屋
柳亭市馬 高砂や
柳家喬太郎 綿医者
仲入り
柳家喬太郎 紙入れ
柳亭市馬 首提灯

トリイホールは思った以上に狭く、ぎゅうぎゅうでした。なるほどこれは即完売になるのも無理はない・・

恥ずかしながら・・つい最近まで柳亭(リュウテイ)のことをヤナギテイと読んでいました(汗)
そんな私です。初めて拝見した市馬さんは名前のとおりお馬さんに似てはるなぁなどとくだらないことばかり考えていました。バリトンの声・・とにかく声がよろしくて、よろしすぎてときどきうつらうつらとしてしまいました・・
喬太郎さんの綿医者に入るまでのマクラの大暴走?が面白すぎ!お正月に大腸のポリープ摘出したそうで・・もっと以前には髄膜炎の手術もされたそうで、そのときのすっごい色気のある女医さんの話だとか、語る語る・・それにしてもどうかお体には気をつけて、おなかも少しへこませてください・・。で、綿医者、はじめてでしたがなんともシュールな古典でした。

実はひそかに文七元結が聴きたかった・・
でも、紙入れもこういう場で聴いたことなかったので、それはそれでよかったです。
江戸の「首提灯」は上方のそれとはえらく印象の違うものなんだなぁ・・そう思っているうちにまたまたあまりのいいお声に意識が遠のいていく・・(汗)


この会、チケットは発売と同時に完売だったそうなのですが、ラッキーにも行けることができまして、譲ってくださった方に感謝、感謝、感謝!(矢野さん風)です。
喬太郎さん、まだまだ追っかけます!
[PR]
by jijichan2004 | 2011-02-02 00:02 | 落語
忘れないうちに書いておこう・・

第10回「広島で生の落語を聴く会」2周年記念公演
柳家喬太郎独演会
2011年1月23日(日)14時開演 広島工業大学広島校舎

たらちね
花筏
仲入り・サイン色紙の抽選会
錦木検校
b0048571_121598.jpg


いつも東方面(大阪近辺)ばかり目がいって西方面はほぼノーマークでした。たまたまネットで広島で独演会があるということを知ってしまい、さっそく問い合せてみたものの、11月の売り出しと同時に即完売だったらしく、キャンセル待ちの状態・・。しかし座布団のかぶりつき席を用意することになったので、それならば受け付けてくれるとのお返事をいただき、もちろんかぶりつき大歓迎!

前座さんもゲストもない正真正銘独演会で、しかもかぶりつきで、感激です。
この広島で生の・・を起ち上げた代表の女性は、趣味で、道楽で落語の会をたった一人ではじめたそうです。スタッフさんも有志のお客さんが手伝ってくれていて、ちゃんと正規のチケット代払っているそうです。広島での会ですが、転勤族で実は広島には縁もゆかりもないそうで、しかも現在はまた転勤のため島根県在住だそうで・・情熱でそこまでできるなんて素晴らしい・・

なんとオール古典でした。3つやればひとつは新作やってくれるかな?と思ったのですが、それはそれで、じっくりと古典が聴けて、しかも「錦木検校」が聴くことができて嬉しい。かぶりつき席でほんとにかぶりつくように凝視してました。うまいなぁ・・笑いどころがないけど、それでもちょこっとくすぐりを入れてくる・・

そうそう、この日は広島は都道府県対抗の男子駅伝があったんですが、「花筏」の最中、たぶんゴールインを祝しての?花火がパンパンパンとあがりまして・・・まぁそんなことなどもネタにして・・
花火の影響か・・「花筏」よく噛んでた(汗)

あと、この日はなんと立川談春さんの独演会も同じ広島、アステールプラザ(キャパが全然違うけど)であったんです。そのこともまくらでネタにしてました。

たっぷりと喬太郎さんが聴けてもう幸せ気分でございましたよ・・
[PR]
by jijichan2004 | 2011-01-25 01:04 | 落語

繁昌亭で初落語

2010年1月2日 14時30分~ 
天満天神繁昌亭 新春特別興業 第二回 

笑福亭右喬 犬の目
桂三風 ?
桂春雨 時うどん
林家笑丸 演芸落語?
露の都 初天神
~中入り~
桂三象 踊り
月亭八方 猿後家
桂九雀 お公家女房


相変わらず、更新が遅いです・・


座席についてみてびっくり!なんと、最前列でした。
いやぁ面白かったわぁ・・ぜんぶ!
中でも特筆すべきは、あさ吉兄さんに匹敵する衝撃・・春雨さんでした。マクラからツボにはまりまくって参りました。あんなに微妙な面白い「時うどん」は初めて。
露の都さんのちょっと大人の「初天神」も新鮮でおもろかったです~
大トリだったはずの八方さん、年末から大風邪をひいたらしく、真っ赤な顔で涙目で登場、声がでないようです。しかしだんだんおしゃべりしているうちに乗ってきたらしく、「猿後家」たっぷりやりました。そして、トリをまかされた九雀さんは持ち時間がどんどん減っていったということらしいです。しかしさすがはプロ。ぴったり時間通り。ひたすら明るい九雀さんの落語で最後締めました。いい1年過ごせそうです!
b0048571_1455428.jpg
九雀さん曰く、「ある意味貴重なツーショット」?


b0048571_1461110.jpg

[PR]
by jijichan2004 | 2011-01-09 01:56 | 落語
2010年12月5日(日)14:00~ ピッコロシアター(尼崎)

佐ん吉 七度狐
しん吉 高宮川天狗酒盛
あさ吉 青菜
~中入り~
よね吉 千早ふる
吉弥  住吉駕籠

更新滞りすぎ。いつの話やねん。2週間遅れ。
すっかり自分の中では年末の恒例行事の尼崎での吉朝一門会、これははずせません。
あさ吉兄さんがこの日も大盛り上がり。なんで冬に青菜なんだろ・・あさ吉兄さんらしいけど。
マクラで非常に満足げにおいしいごはんの炊き方を熱弁。本当に嬉しそうでした。この日一番の爆笑はあさ吉兄さんのマクラでした!完全によね吉くんも、吉弥くんも食ってしまった(汗)!ごはんの炊き方の他、前回の一門会のあと塚口駅近くの喫茶店に入ったら、あきらかに一門会帰りの女性グループのそばに座ってしまって、そうとは知らず自分のうわさ話をしている女性グループの話を耳をダンボにして聴いていた話とか・・ぜひかす汁の作り方も聴きたかったわぁ。
「青菜」もいきなりやり直したり、いやこの人ほんとに面白いわ。ある意味、宝だと思います。
b0048571_051652.jpg

[PR]
by jijichan2004 | 2010-12-20 00:59 | 落語
2010年11月13日(土)摂津市民文化ホール14時開演

幕が開き、雀々さんのごあいさつではじまりました。
雀々さんみずから、めくりを!

桂優々 動物園
柳家喬太郎 井戸の茶碗
中入り
桂雀々 地獄八景亡者戯2010

雀々さんには申し訳ないが、今回はゲストの柳家喬太郎さんがお目当てでした。
おっかけしたいくらい今はまってます。

枝雀さん、吉朝さんにぜんぜん間に合わなかった分、思う存分追っかけていきたいです。
いやぁほんとに素晴らしい。
マクラでいきなり足をくずした時は仰天しました。お客を一気にひきつけましたね!
ネタは当日のお楽しみでしたが、「井戸の茶碗」でした。私ははじめてです。じっくりと演じたんでしょうか・・終演時間はかなり予定より押しました。なんで古典なのにこんなに面白いんだろう。じっくりと聴かせるのにときおり入るくすぐりが絶妙に面白い。
摂津まで行った甲斐がありました。しかし困ったことに喬太郎さんが終わったと同時に摂津まで足を運んだ疲れがどっときてしまい・・・

雀々さんの地獄は、本当に本当に申し訳なくてしょうがないんだけど、睡魔が波のように襲ってきてしまいました・・
b0048571_15162986.jpg

[PR]
by jijichan2004 | 2010-11-21 16:10 | 落語

第84回 九雀寄席

2010年11月3日(水)イーグレ姫路 14時開演

アマチュアさん 饅頭こわい
桂九雀 みかん屋
桂吉坊 ふぐ鍋
桂九雀 公家大根
中入り
桂九雀 どうらんの幸助


たいてい姫路城へいくときは、手柄山の駐車場(200円ぽっきり)に車とめて歩きます。何度も行ってるくせに、姫路駅すぐ近くで迷ってしまいました。方向音痴にもほどがある、時間がなかったからあせってしまってわけわからん行動に出てしまいました。近道かと思い、なぜかいつも行かない道を行ったら、駅の南口?とやらに出てしまい、あれれれ・・お城はどっち??とあせるあせる。駅をつっきり反対側にようやく出ていつもの通りに出ました。もちろん遅刻で前座のアマチュアさんが江戸版「饅頭こわい」をやってました。余裕を持ってでかけなあきません。
みかん屋も公家大根も知らない・・特に公家大根は超発掘モノらしいです。いつもながら誰もやらないようなものを聞かせてくれるから面白いです九雀寄席。
吉坊さんはえらいかわいらしい顔で、こども?男性だとしたら童顔すぎる。女性?女性にしては声が太い。ものすごく童顔なのに貫禄がある・・いろんなこと考えると眠たくなってしまった。うまい証拠でしょう。いろんな考え方、生き方があるからあれこれいうことではないとわかってはいるけれど、観る側としては行き場のない「?」が飛び交うのであった。
[PR]
by jijichan2004 | 2010-11-21 16:10 | 落語
2010年7月31日(土)池田市民文化会館小ホール 15時開演
大阪の池田といえば、池田の猪買い・・それはともかく。吉朝一門会に行って参りました。いやぁ今回も面白かった!
b0048571_2303615.jpg


桂佐ん吉 いらち俥
桂しん吉 金明竹
桂あさ吉 茶の湯
中入り~
桂よね吉 七段目
桂吉弥  くっしゃみ講釈

この日出番のなかった、吉の丞君はちょうどお誕生日だったようで、そのことを
よね吉さんが枕で紹介すると、吉の丞君出てきました。そしてまだ私服の吉弥さんも出てきて、何故かお茶か何かのペットボトルをプレゼントしました(飲みかけ?)。そして客席と一緒にハッピーバ-スデートゥーユー♪を合唱しました。なんともアットホームな一門会ですなぁ・・

しん吉君の声・・師匠の吉朝さんに似てますね・・目つぶって聴いたらそっくりでびっくり。


しまった、池田には落語の資料館みたいなのがあったんだっけ・・あとで思いだして行かなかったのを後悔。今回池田には、落語会に行っただけ。鶴橋や難波のへんをウロウロしたけど暑すぎて何もしてないなぁ、お昼ごはんを食べたくらい。(何故か、がんこ寿司で)。夜は天満のあたり。あぁとにかく暑かった。
[PR]
by jijichan2004 | 2010-08-10 23:13 | 落語