管理人ぽんすけがボケ防止のために時々更新するかもしれない、趣味の備忘録。ときどき猫が登場します。


by jijichan2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:落語( 72 )

職場のAさんが、最近WOWOWに加入した。そしたら落語好きな私のためにと、録画してくれたのがこれ。ありがとう~!果報は寝て待てやね!またなんかあったら頼もうっと。

そんなわけで、見ました。いやぁもうすごかった!なんでも明治、三遊亭圓朝さんが作ったこの怪談噺、全部語ると20時間はかかろうかという長い長い一大スペクタクル⁉なのだそうで…。その気が遠くなるような長い話しをどうやって2時間半にまとめたかというと、なるほどそう来たか、ガッテン!みたいな…ある種反則技のような見事な工夫…。いやおかげで大変わかりやすく、楽しませていただきましたわ。いわゆる怪談噺っぽい、カランコロン・・・と、不気味な下駄の足音とともにお露とお米が新三郎の屋敷を夜な夜な訪ねて来る・・という有名なくだりは(正直、先だって喬太郎さんの牡丹灯籠観るまではそれすら知りませんでしたが)ほっんとにほっんとに長い長い物語の中のごくごく一部だったことに驚く…。

これで牡丹灯籠のどのくだりを聴いても、あのガッテンスタッフ作?の相関図を思い出してより深く楽しめることでしょう!

圓朝作の牡丹燈籠・・大団円を迎えたあとの、志の輔がどうしてもやりたかったというわずか1分あるかないかの追加部分・・なんともいえない余韻を残して終わりました。ええもん見ました。
[PR]
by jijichan2004 | 2011-10-24 01:06 | 落語

第87回 九雀寄席

2011年9月19日(月)14時開演 イーグレ姫路

アマチュアさん 十徳
桂九雀 動物園
笑福亭鉄瓶 替り目
桂九雀 反魂香
仲入り~
桂九雀 月宮殿星都

九雀さんが動物園?
なるほどこのネタは枝雀さんが英語落語を披露した頃その前座でやってたそうで(日本で初めて英語落語を演じたのは枝雀さんではなく私です!だそうです)、んで、英語落語を日本語に訳したものを最近やりはじめたそうです。少しですが小咄を英語で披露してくれました。例の、「おっちゃんそこどいてんか~」って犬がじゃべるやつ。

この日のゲストは笑福亭鉄瓶さん、さすがは鶴瓶師匠のお弟子さんで、マクラが異常に面白かったです。この日一番ツボに入ってしまいました(汗)替り目の酔っぱらい・・見たことないけど六代目松鶴師匠風?

九雀さんは本当に隙間産業のように人のやらないネタを披露してくれて面白い存在だと思います。月宮殿星都・・地獄八景の宇宙バージョンみたいな話・・あ・・そういえばこの日は全部メガネはずしてました。それから、毎回いただいてた九雀月報・・なくなっちゃうんですね・・ちょっとさびしい。


前回、特典で撮っていただいた写真、いただけました。ありがとございました~
b0048571_2325073.jpg

[PR]
by jijichan2004 | 2011-09-23 23:29 | 落語

枝雀カムバックⅡ

2011年8月31日(水)昼の部14時開演 サンケイホールブリーゼ

今日この頃でございます
(出始めた携帯電話の話)
「うなぎや」
ゲストトーク 桂三枝(司会の三代澤アナ、ほとんど相槌のみでした・・汗)
「崇徳院」
~仲入り~
「舟弁慶」(お楽しみ・・当日発表)

b0048571_011442.jpg
第二弾があるとは思っていたけれど、まさかの半年後。ちょっと早すぎ~の感は否めない。とはいえ、枝雀落語を大勢のお客さんとともに笑いたい!一体感、ライブ感を体験したく、いそいそと出かけていったのでありました。

なんか、最初から笑う気マンマンなので、何見てもおかしくて、ちょっとそうゆうのってどうなの・・って途中で思ってしまったけど、面白いんだからしかたないわ。あぁ失礼だけどほんとに可愛いわ枝雀さんって。舟弁慶、思いっきり座布団外してましたね・・足の指1本でもついていれば・・というルールまでもが・・(汗)。どれもCDでは聴いていても映像で見るのは初めてだったのです・・(図書館で借りた大全、一応、ナニしてはいるのだけど・・もったいなくてまだ見てなかった・・)かなり新鮮でした。アンケート募ってたから、まさかの第三弾がきっとあるんでしょうね・・楽しみはあとにとっておきたい。だからもうちょっと先でもよいと思う・・

b0048571_012036.jpg
ブリCHは、どこへ行ってはったんでしょうね・・いつの間にか戻ってました。よかった!
[PR]
by jijichan2004 | 2011-09-07 00:15 | 落語
相変わらず今さらな備忘録・・もう2週間もたってるっちゅうねん。
b0048571_16303197.jpg


2011年8月14日(日)18時30分開演 (天満天神繁昌亭)

笑福亭たま 陰陽師
林家染雀  源兵衛玉
桂米左   へっつい幽霊
仲入り
旭堂南鱗  破約
笑福亭福笑 幽霊狂詩曲

せっかくのお盆休みということで、無理やり?こんなん観に行きました。
こうゆう企画ものもたまには面白い。端っこながら最前列(汗)
たまちゃんは初めてです。一度聴いてみたかった。おもしろかったけど、よう噛んどったなぁ。安倍晴明の子孫、あべの近鉄(笑)
染雀さんのお噺。ご本人おっしゃるとおり、ちっとも面白くない~・・というところが聴きどころなのか???(汗)
米左さんのへっつい幽霊、へっついの説明なし。へっついって何?と初めてならずっとわからないまま終わっていたことでしょう(汗)さすがは米朝一門・・ひょうひょうとした雰囲気ながらきっちりしてますなぁ・・
南鱗さんの講談・・・講談の怪談ということで、結構期待しておったのですが・・
なんともテンポ遅くて、しかもちっとも怖くないので眠たかったよぉ・・すみません・・
で、トリは初ナマ福笑師匠です。彦八まつりでヒロポンズハイのステージでしか観たことありませんでした・・あ・・テレビで「きょうの料理」を観たくらい。ちょいワルオヤジのイメージでした。が、意外や意外、最後爆笑を誘いながらもキチッと締めてくれました・・・途中染雀さん扮する幽霊が客席に登場し、希望者にこんにゃく(糸か板の選択可)おダシ付きでプレゼント。盛り上がりました。
なんとも楽しい怪談の夕べでございました。
b0048571_16304424.jpg

[PR]
by jijichan2004 | 2011-08-28 13:46 | 落語

立川志の輔 独演会

2011年7月28日(木)18時30分開演 岡山市民文化ホール

立川志の太郎 狸の札
立川志のぽん 金明竹
立川志の輔 ハナコ
仲入り
長唄三味線
立川志の輔 新・八五郎出世

b0048571_1311332.jpg


2年前にたつの市の赤とんぼ文化ホールまで見に行って以来の志の輔さん。
お弟子さんを二人出すのと、長唄三味線はデフォルトだったのか・・それにしてもお弟子さんと志の輔さんとのあまりにもあまりな落差が・・お弟子さんがんばれ~
さてさて新作ハナコはまったく初めて聴いたので嬉しい。キーワードは、「あらかじめ」。
温泉旅館へやってきた職場仲間3人?・・お出迎えをした女将が、”マエダスミコ”は本日は休みであると、あらかじめ告げた・・というところから始まる騒動。面白かったです~!やはり志の輔さんの新作は面白い!
長唄三味線のすみません、お名前がわからないのですが、とても面白い方でした。
トリネタの新・八五郎出世は2年前行ったときと同じネタだったので、ちと残念。しかも席がとても狭くて、この頃になるとお尻をいごいごいごいごしたりして集中力が途絶えてきてしまったのです・・おめでたいいい話ではあるのだけれど・・・
一旦幕が閉じ。すぐに幕が開いた。え?珍しいなぁ何?と思ったら、3.11の震災以来、最後は被災地への復興を祈って、観客と共に一本締めで終わっているとのこと・・。
800名あまりの一斉の「パン」という締めで、なんだかいい気分で終わることが出来ました。

それにしても「大河への道」・・いけなくなってしまったのが残念・・めちゃ聴きたいのに・・
[PR]
by jijichan2004 | 2011-07-31 01:31 | 落語

喬太郎の日

2011年7月3日(日)第一部(13時開演) 亀屋旅館(高槻)

子ほめ
夫婦に乾杯
仲入り
怪談牡丹燈籠(お札はがし)

喬太郎さん追っかけ遠征2日間の旅。2日めは、喬太郎さんまさにひとりだけの独演会。いやがうえにも期待が高まります。しかし一度行ったことのある会場亀屋さん・・炎天下、最寄り駅からどんどん逆の方向へさまよい歩くこと30分。方向音痴にもほどがある・・しかもまたもやひどい頭痛。とにかく薬薬薬~。コンビニでお水買ってゴクゴク飲みました。この時点でくたくた。いや、でも喬太郎さん喬太郎さん!運良くというかご親切にも、最前列の座布団席へ案内してもらえまして、ラッキー!!

まさかの子ほめ。珍しく?普通に古典だった・・そして次は新作、夫婦に乾杯は春風亭昇太さん作だそうです。面白かった~。面白かったけど・・うう・・普通だった。

しかし、しかし、トリはまさかの(そういう季節か・・)怪談噺でした!これは予想だにしなかったので、嬉しいです。恥ずかしながら牡丹燈籠という話知りません。・・怖かったです・・女中のお米さんの低い声とか・・下駄のカラン・・コロンという効果音・・実際その日の夜、怖い夢を見てしまったほど。ほんとになんて引き出しの多い人なんだろう喬太郎さん・・すっごい集中して見てたけど、不覚にも睡魔が・・でも最前列で絶対寝てなるものかとカッと目を見開いて、それこそものすごく怖い顔して見ていた私だったことでしょう(汗)

b0048571_2343675.jpg
めっちゃかぶりつきです。
[PR]
by jijichan2004 | 2011-07-16 16:14 | 落語
2011年7月2日(土)夜の部(18時開演) トリイホール
桂壱之輔 真田小僧
柳家喬太郎 極道の鶴
柳亭市馬 笠碁
仲入り
柳亭市馬 がまの油
柳家喬太郎 抜け雀

喬太郎さん追っかけ遠征2日間。初日はこの二人会。いやぁ何ですか何ですか何ですかこれは…マクラで「つる」は出来ないなんて言っておきながら、極道版つるだなんて!舞台のお仕事で、落語はひと月ぶり、リハビリです?なんかさらにパワーアップしてませんか?さすが舞台をしていたということでよく通るでっかい声…Vシネマ風と言っては失礼か?そしてそして市馬さんの「笠碁」なんかねぇいいもんを観せていただきました。しびれました~
仲入り後市馬さんは軽~く「がまの油」。トリは喬太郎さん「抜け雀」!ひぇ~なんで抜け雀がこんなに面白く出来るんだろう!あらためて一生ついて行こうと固く誓いました。(そればっか)

写真は千日前の商店街、垂れ幕かわいい。
b0048571_5323094.jpg

しかし、一語一句聴き逃すものかともんのすごい集中力で観てたおかげで元々頭痛かったのがさらに悪化。フラフラになってホテルに帰り、泥のように眠りました。
[PR]
by jijichan2004 | 2011-07-10 23:35 | 落語

第86回 九雀寄席

2011年6月26日(日)14時開演 イーグレ姫路
アマチュアさん
桂九雀 阿弥陀池
桂佐ん吉 蛇含草
桂九雀 べかこ
仲入り
桂九雀 雨乞い源兵衛

かれこれ2週間前の話ですが。
うわぁ~九雀さんの雨乞い源兵衛に遭遇できるとはラッキーでした。確か予定では全く違う演目だったはず(それはそれで楽しみだったんだけど)。ネタおろしして間もないということで、ちょっと間違えましたね^^;冒頭の太郎作さんと次郎作さんの会話。「よう照りよるのう」となるところを「よう降りよるのう」と言ってしまいました。そんなのが聴けるのも生で観に行っているからというもの。これもこれでラッキー!

こちらの会には前売りチケットというもんがありませんで、当日受付で木戸銭払ったら木札に日付けとハンコを押してもらうというもの。そんで、ハンコが5個たまったらプレゼントの特典がある。昨年5月に初めて参加して以来、5回連続で通ったわたくしめは、ついに特典をゲット。何種類かの中から選べるのですが、景品たちには目もくれず、九雀さんとのツーショット写真撮影を希望、当然です。
会終了後、めちゃ緊張しつつ、楽屋前の廊下へ・・うわぁあかん、緊張して顔もまともに見られんかった。スタッフさん構えるカメラに目を向けてると子供の姿がちらっと見えたので、あれ?と声をあげると「長男です」と九雀さん。今日の太鼓はご長男だったんですね・・びっくり。なかなか大変な問題を抱えているようですがぜんぜん前向きでとても気持ちがいいです。一生付いて行こうと思いました(なんじゃそりゃ)

残念ながら、お写真は次回の時にいただけるようです。しかたないので、姫路おでんの写真。おいしゅうございました。
b0048571_1193772.jpg

[PR]
by jijichan2004 | 2011-07-09 15:34 | 落語
2011年5月29日(土)13時30分〜 篠山市 四季の森生涯学習センター
桂む雀 ハーモニカ演奏
三代澤康司 ちりとてちん
桂九雀 お公家女房
仲入り
桂む雀 ハーモニカ演奏

篠山遠かった~。しかも台風接近中。暴風雨の中横揺れにビビりながら、高速道路休日1000円の恩恵を賜りながら、どうにか会場へ到着しました。(私が運転していたわけではないけど)
無理やり連れてきたちんさん(というか運転してくれはった)あまりの暴風雨に引き返そうかと思ったようですが・・。来てよかった。
たどたどしい君が代演奏から始まるお世辞にも上手とはいえないハーモニカ演奏。愛ある九雀さんや三代澤アナの容赦ないツッコミ。ニコニコ笑ってるむ雀さん。世界レベルのあらいなおこさん(かつて枝雀寄席に出演したらしい)、ピアノ、そして九雀さんのクラリネットも混じえ・・そうそう、世界一上手なハーモニカと世界一ヘタくそなハーモニカが一緒にやってます!と九雀さん笑いを誘ってました。でも一歩づつ確実に前を向かって進んでいるむ雀さんの姿に、心うたれる。最後は仰げば尊し。


手書きのあったかいパンフレット
b0048571_054370.jpg

それにしても、落研出身とはいえ、三代澤アナの落語は上手やなぁ・・
[PR]
by jijichan2004 | 2011-06-01 00:48 | 落語

第85回 九雀寄席

2011年3月21日(月)18時30分開演 イーグレ姫路

アマチュアさん 平林
桂九雀 元犬
桂宗助 一文笛
桂九雀 樟脳玉
仲入り〜
桂九雀 堀川

一月半も前の話で恐縮です。
九雀さん、当初つるの予定だったのが、前座のアマチュアさんが平林をかけはったので、趣向がかぶるということで急遽変更・・「元犬」となりました。九雀さんの「つる」も楽しみであったけど、「元犬」は聴いたことなかったのでラッキー。

この日はすべてが初めて。「樟脳玉」本来の話はちょっとえげつない?そうで、九雀さんがアレンジしてたようですが、元がわからないから比べようもありません・・いつか本来のえげつない方も聴いてみたいです・・

「堀川」・・なんで、堀川なんかというマクラであったにもかかわらず、なんで堀川なんだっけ???一月半もたってしまったので、内容をほぼ覚えてない(汗)

ゲストの宗助さんの三文笛も初めて。米朝師匠に一番似ているというのがよくわかりました・・なんともしなやかでした。

覚えていないといいつつ、とても充実の落語会だった。
受付に義援金募金箱置いていて、地震から10日しかたってなかったこともあり、世話人の方の募金のお願いの声も切羽詰っていた・・


大きな建屋(汗)で覆われた姫路城。
b0048571_1963530.jpg

[PR]
by jijichan2004 | 2011-05-05 21:33 | 落語