管理人ぽんすけがボケ防止のために時々更新するかもしれない、趣味の備忘録。ときどき猫が登場します。


by jijichan2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:落語( 72 )

2012年10月27日(土)14時開演(広島工業大学広島校舎)

広島で生の落語を聴く会主催の落語会、こちらの落語会に参加するのは2回目、昨年1月の喬太郎さんの独演会以来。
b0048571_16135056.jpg


12時に整理券もらったあと、お好み焼きを食べに行った。「貴家」というお店。なんかねぇ、おそばもパリパリなんよ。ちょっと今まで食べた広島お好み焼きとは違った食感。美味しかった!マヨネーズを最初つけなかったんだけど、むしろその方が美味しい。途中でつけたら意外と普通になっちゃった(汗)。写真撮らなかったのが残念。

あ・・落語の件ですが・・・

すみません、もう私はダメかもしれない。
すぐ寝てしまう体質になってしまった(そんな体質はないってば)・・まずは、喬太郎さんの「饅頭こわい」・・あぁ、大阪で以前聴いたなぁ・・できれば他の噺が聴きたかったなぁなどと思っているうちに・・もちろん面白いんだけど!・・でも途中うつらうつらと・・
続いて小せんさん・・上手いんでしょうけど、ものすごく落ち着いていらっしゃるので、きっと玄人好みの落語家さんなのでしょうけど・・もう即眠ってしまいました。これは速攻で(自慢にならんし)。
中入り後の小せんさんも・・なんと「河豚鍋」という、珍しいネタをやってくれたのだけど、これはやっぱり上方落語だよなぁなどと思っているうちにやはり爆睡。
トリは喬太郎さん「へっつい幽霊」。実は「死神」だったらいいなぁと思ってた・・惜しい!(なんで?)。そしてまさかの撃沈。どうも志の輔さんの「へっつい幽霊」を聴きすぎたせいなのか・・そんなの理由にならんな。もう落語が聴けない体になってしまったのか???ものすごく自己嫌悪。

落ち込んだまま開場をあとにしました・・・・(涙)。はるばる広島まで行ったのに・・・

饅頭こわい   柳家喬太郎
盃の殿様    柳家小せん
仲入り~
河豚鍋      柳家小せん
へっつい幽霊  柳家喬太郎
[PR]
by jijichan2004 | 2012-12-01 16:49 | 落語

徳本寺スペシャル2012

徳本寺スペシャル2012 「目指せユネスコ!?人形芝居のココロだ!」
2012年7月16日(月) 17時開演(御影・徳本寺)

吉朝一門による、徳本寺スペシャル、去年は応募に失敗し(汗)あえなく断念。今年こそはと気合を入れて予約ゲットしました。

まずは、せっかく御影に来たのだからと、酒蔵めぐりなどしました。
b0048571_13193648.jpg



会場の徳本寺は、高級住宅等が建ち並ぶ坂をぐんぐん上がって行ったところにありまして、夏は厳しいです。でも思ってたよりは楽に行けたかな・・
b0048571_13195589.jpg
いやいや濃かった。面白かった。ルパンカリオストロの城風に言うと「なんて気持ちのいい連中なんだ・・」といった感じです。
メインイベントの出し物。毎年趣向をこらしていろいろやってるようなんですが、今回はまさに旬といった感じの文楽でした。タイトルは「赤ずきん」。手作り人形で(笑)。本物の文楽がこれくらい面白ければ橋下市長も文句はあるまい(汗)

b0048571_13201442.jpg
堪能したあとは夜景の美しい坂道をまた下って・・駐車場に着くとちょうど阪神ブラゼルがチャンスに打てなかったところでした・・
[PR]
by jijichan2004 | 2012-11-11 13:45 | 落語

第88回 九雀寄席

2012年4月29日(日)18時半開演 イーグレ姫路

この会、今回で第88回の米寿を迎えたそうで、記念にポン菓子をいただきました。(お米でできているから?)

アマチュアさん 看板のピン 
桂九雀 寿限無
桂吉之丞 遊山船
桂九雀 つぼ幽霊
仲入り~
質問コーナー
桂九雀 百年目

珍しいネタもいいけど、そろそろ大ネタが聴きたいなぁ・・と思っていた矢先。
まさかの「百年目」もしかしてネタおろし?だとしたらラッキーでした。
九雀さんのイメージには合わないような気がしないでもなかったけど、これからどんどん練っていってくれるのを期待しています。
今回、吉之丞くんのあまりの声のでかさに圧倒されました(汗)声のでかさに最後までぐいぐいとお客さんを引っ張って行きました!もちろん面白かったですよ!


まだまだ修復中の姫路城
b0048571_0232163.jpg

[PR]
by jijichan2004 | 2012-05-01 00:24 | 落語
2012年3月30日(金)18時30分開演 (大阪市立こども文化センター)

柳家喬之進 幇間腹
笑福亭三喬 ガマの油
柳家喬太郎 小言幸兵衛
仲入り~
柳家喬太郎 寿司屋水滸伝
笑福亭三喬 崇徳院

柳家喬太郎さんと、笑福亭三喬さんの二人会。1年前のこの会は3月11日、あの大震災の当日でした。あれから1年経ったんですね・・あの日は、こちら側の気持ちが落ち着かなくてとても楽しめる状況ではなかったのが正直なところでした。で、今回は?

もちろん面白かったんだけど・・喬太郎さんは今回軽い噺で。願わくば大ネタが聴きたかったなぁ・・。


全然写真を撮らなかったので、堂島アバンザに異彩を放つお寺発見したんで、その写真を。そのあと歩いて会場まで行きましたよ!梅田から西区のこども文化センターまで、どのくらい??
b0048571_1184821.jpg

[PR]
by jijichan2004 | 2012-04-29 01:20 | 落語

たい平・喬太郎二人会

2012年3月6日(火)18時30分~ 岡山市民会館

まさか岡山で喬太郎さんの落語を観る機会が訪れようとは夢にも思いませんでした。
民音おそるべし・・

林家木りん 初天神
柳家喬太郎 井戸の茶碗
仲入り〜
やなぎ南玉 曲芸
林家たい平 お見立て

すみません、喬太郎さんしか、覚えてなくて、あとはネットで検索して思い出した情けない状況です。早く追いつきたい…

以前、井戸の茶碗は不覚にも途中何度か気絶してしまったなんとももったいない思い出が…。しかし今回は集中しましたよ!引き込まれました‼笑いの少ないネタをあえて地方でのこの席にもってきてくれて、とても嬉しかったです。
それにしても、二人会と銘打ってるのに、一席ずつというのが、かなり残念でした…。
地方の人間にとっては笑点に出ている、たい平さんの方が知名度高いのでしょうが、私は全然笑点見ないし、マクラやネタの最中に何度も笑点ネタのくすぐりを入れてきても、ちっとも笑えなくて、つまんなかったです。

b0048571_141593.jpg
b0048571_1412239.jpg

[PR]
by jijichan2004 | 2012-04-22 01:44 | 落語

第三回 喬太郎の日

2012年2月5日(日)12時~ 亀屋旅館(高槻)

柳家喬太郎独演会・・正真正銘の独演会です。本当は、前日のトリイホールの市馬さんとの二人会とダブルで観たかったんだけど、諸般の事情であきらめました。そんなわけで当日これだけを観て日帰り(汗)

松竹梅
午後の保健室
仲入り~
転宅

しかし、長い間放置していたおかげで備忘録のはずが、備忘録すら書けない最悪の事態。
ほ・・・ほとんど・・覚えていない・・
まず演目を思い出せず苦しんだ・・ようやくネット上で当日行かれた方のブログを見つけ、あぁそうだったのかなぁ・・・転宅?やったかなぁ・・覚えがない・・寝てた???
もうしゃあない。これを反省してなるべくブログの更新を怠らないようにしないと。
b0048571_27393.jpg

松竹梅は、覚えてる・・面白かった。
午後の保健室も、以前テレビで拝見した時よりは規制がない分はじけていてよく笑った・・と記憶している(あやしい記憶)
ただ・・転宅の記憶がすっぽり抜けている・・どうしても思い出せない・・
嫌になってくる・・・
もしかしたら、そんなに好きなネタではないからかもしれない(言い訳)
[PR]
by jijichan2004 | 2012-04-15 02:15 | 落語
2011年12月25日(日)14時30分開演 豊中市立伝統芸能館

桂九雀 阿弥陀池
王寺町のこども 御公家女房
露の眞 いらち俥
桂九雀 時うどん
王寺町のこども 公家大根
前田一知 七度狐
桂九雀 愛宕山

b0048571_0382078.jpg
2011年最後の落語会は、「月なみ九雀の日」。初めて寄せてもらいましたが、この会はこれで最終回、見納めだそうで・・自由料金制というものの難しさでしょうか?残念です・・って初めて行ったくせに。
さてさて、おそらくは関西では初お披露目となる、前田一知君の落語がどうしても聴きたかった!なんでも来年から(今年から)関西でも落語を披露する機会が増えるとか・・前田一門をつくるとかつくらないとか?そしたらぜひ一門に入れて欲しいと(笑)九雀さんゆうてはりました。さすがは落語の中で育っただけあって、もう出来上がっている・・ぜひとも機会を増やすどうのこうのより、本職としていただきたいと思うのはいけないことなのかな・・
九雀さん、繁昌亭のドリームジャンボプレミアム(入門から35年~40年クラス)に向けてなにをやろうかということで短めのネタをふたつ。なんでも制限時間が15分以内だとか・・
時うどん面白かったなぁ。
で、なぜか季節はずれの「愛宕山」。え~!?と思ったけど、やっぱり面白い。
それから露の眞さんも初めてでしたが・・いやぁ~すごかったです・・このままつきぬけて行って欲しいですわ。
b0048571_038409.jpg
がんばれ九雀さん・・なんか後ろ向き気味で・・応援してしまいます・・
[PR]
by jijichan2004 | 2012-01-26 01:31 | 落語

黒井山師走寄席

2011年12月17日(土)18時30分開演 黒井山等覚寺

桂小鯛 動物園
桂雀五郎 手水廻し
桂宗助 らくだ

b0048571_1274778.jpg
私はまったく存じあげなかったのですが、毎年師走にこちらのお寺さんで(住所で言うと瀬戸内市)米朝一門による落語会が開催されているそうです。んで今回初めて寄せてもらいました。お寺さんでの落語会というのも初めて。本堂にざぶとん、ストーブ・・いいですね、この雰囲気。カイロも配布してもらえました。

小鯛くんは、とま都ちゃんだった時にくらべたら格段に堂々としてきましたね!
雀五郎くんは手水廻し、雀々さん以外の手水廻しも新鮮で面白かったです。そして、なんといっても宗助さんの「らくだ」。まさか、このような僻地(失礼な)でこんな大ネタが聴けるとはなんというラッキー!生の「らくだ」もはじめてなら、通しで聴く「らくだ」もはじめてかも。宗助さん・・なんとも福々しい血色の良すぎるお顔が一瞬にして怖~い熊五郎に豹変したりして素敵。家主さんは家主さんなりの風格があるし・・あぁさすがだなぁすごいなぁと釘付け状態でした。席も最前列でかぶりつきじょうたいだったし。いやぁ堪能しました。これで1500円、安い!
b0048571_12857.jpg

[PR]
by jijichan2004 | 2012-01-24 01:18 | 落語

桂吉朝七回忌追善落語会

2011年11月25日(金)18時30分開演 国立文楽劇場

b0048571_054219.jpg

吉朝さんの七回忌追善落語会、絶対に行きたかった。吉朝さんのことを知れば知るほどなんてけったいで素敵な人なんだろうと・・生前はまったく、ほんとにまったく存じ上げなかったのがもう悔しくて悔しくて、だから今知らなかった時間を取り戻すが如く吉朝さんの面影を求める日々です。

佐ん吉 商売根問
しん吉 明石飛脚
よね吉 芝居道楽
吉弥 不動坊
あさ吉 鹿政談
仲入り
一門挨拶
吉朝 質屋蔵

初の文楽劇場でした。横に長い!そして意外に広い!遠い・・この日はしん吉君の明石飛脚がツボでした。師匠吉朝さんが晩年やられてたネタだとか・・そしてあさ吉兄さん、この日もマクラで爆笑。なんなんかなぁこのキャラクターは。ちょっと頼りない兄さんですが、一門挨拶では、素敵でしたよ!素晴らしい挨拶。
そして、吉朝さんの質屋蔵・・CDでは何度も聴いていたけど、考えてみれば映像では初めてなんだ・・やっぱかっこええなぁ・・・竹の筒にころころすとん・・大好きなフレーズ(笑)
b0048571_055888.jpg


そして、私は帰りの高速バスに乗るべく大急ぎで難波駅へ走る!(結局間に合わなくて1時間待つはめになったけど)
[PR]
by jijichan2004 | 2012-01-11 00:35 | 落語
2011年11月23日(水)14時開演 大阪千日前トリイホール

なんてこった。去年の備忘録がいまだに完成していない・・というわけでちまちま上げていきます。

桂佐ん吉 商売根問
柳家喬太郎 饅頭こわい
桃月庵白酒 松曳き
仲入り
柳家喬太郎 文七元結

待ち焦がれた、喬太郎さんの「文七元結」ようやく聴けたのに・・あまりにも嬉しすぎてものすごい睡魔が(信じられない)。どうしていつもいつも、肝心なときに睡魔が襲ってくるかな腹が立つ。
しかしながら、はっきりしていた記憶の中では、喬太郎さんの文七元結はとてもシンプルでした。CDで聴く談春さんのこれぞ人情噺!な、ものとは全然違いました。あぁまたやってくれないかな・・お願いします。
この日は桃月庵白酒さんの松曳きが爆笑を誘ってましたね!テンポよくて途中で誰が喋ってるのか分けわかんなくなってしまった(汗)
b0048571_7544533.jpg


この日、談志さんが亡くなったニュースが駆け巡りました。・・夜の部では「触れないわけにはいかないでしょう・・」ということで思い出話を語られたそうです・・
[PR]
by jijichan2004 | 2011-12-30 07:42 | 落語