管理人ぽんすけがボケ防止のために時々更新するかもしれない、趣味の備忘録。ときどき猫が登場します。


by jijichan2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

破線のマリス

b0048571_054937.jpg普通なら絶対借りることのないであろう類の作品だけど、最近お風呂で読書シリーズにて読み終えたばかりであったし、ちょうどTSUTAYA半額期間中だったので、借りて見た。主人公の遠藤瑤子役が黒木瞳で、麻生が陣内孝則というのは、全然イメージ違うと思ったんだけど意外に合っていたかも。

「あるある」だけでなく、テレビってものはヤラセ(演出)は当たり前だと思っているので、別段驚きはしないけど、報道とてもこうしてねつ造や情報操作されるのかと思うと、見る側は本当に冷静に判断するチカラがないと・・・

遠藤瑤子が狂っていく様子がとても痛々しい。ラストの「自分を隠し撮りしていた」真犯人がわかるシーンで不覚にも泣いてしまった。
でも、映画ではほとんど、事件についてうやむやのまま終わってしまった。まぁいいのか、この際、贈収賄事件なんて。それにしても10歳そこそこの少年がたったひとりで、ビデオ片手にうろうろしてたら、きょうび通報されるよ・・・
[PR]
by jijichan2004 | 2007-03-12 01:08 | 映画