管理人ぽんすけがボケ防止のために時々更新するかもしれない、趣味の備忘録。ときどき猫が登場します。


by jijichan2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

竜馬の妻とその夫と愛人

岡山公演を観てきました。
三谷幸喜が、東京ヴォードヴィルショーのために、佐藤B作さんのために書いた脚本なので、もう、舞台を観てしまった以上覚兵衛はB作さん以外考えられないなぁ。
勝海舟から、ある使命を背負ってお竜さんを探しに横須賀へやってきた、覚兵衛・・
カクカク(うまく表現できない)としたB作さんのお芝居。
映画版は中井貴一・・考えられない。
でも、逆に観てみたい気もする。

いやぁ、実のところヴォードヴィルショーのお芝居、ず~っと観たかったのだ。
まさか、岡山でしかもこの演目を観れるとは思ってなかったよ。

坂本竜馬の死後、お竜さんは再婚して、その再婚相手が、なんとも飄々とした男で、元ぼんぼん今はテキ屋兼内職(マッチ箱の絵の糊付け)をしている、松兵衛。それを演じるのが客演の平田満さん。
最近、よくテレビでみる、いいお父さん的な平田満とは、ま~ったく違う。
蒲田行進曲のヤスとも全然違う。実に飄々とした、お竜さんでなくても張り倒したくなるような優柔不断なそれでいて憎めない、いいキャラを演じる。
山口良一バージョンも観てみたいなぁ・・

お竜さん演じるあめくみちこさんが、実に色っぽい。しかもなんてナチュラルなお芝居なんでしょ。
アドリブもいい感じ。

坂本竜馬マニアの虎蔵が、正体ばれたあとの、格好悪い~のが面白い~!

可笑しくて、ちょっと哀しくて、それでラストでまた笑えるオチがあって。
12人の優しい日本人の舞台が観れない分、
この舞台で大いに楽しませてもらえました!

たまにはお芝居もいいね!
[PR]
by jijichan2004 | 2005-11-29 01:38 | ミュージカル・お芝居