管理人ぽんすけがボケ防止のために時々更新するかもしれない、趣味の備忘録。ときどき猫が登場します。


by jijichan2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ 森山未來版

2012年9月16日(日) 13時開演(ZEPPなんば大阪)

b0048571_9531622.jpg
2007年の山本耕史君バージョンが、演出がどうも気に食わなくてあまりいい印象が残ってませんでした。(全編英語歌詞というのも嫌だった)山本耕史くんは熱演していたのだけど・・・
その後再演の2008年神戸公演、せっかくチケットを買っていながら、確かイツァーク役のソムン・タクさんが入国出来なくなり?キャスト変更による払い戻し可能になったので・・演出一緒の人だしあんまり気乗りしなくて・・払い戻ししてしまいました。もったいないことしたとものすごく後悔してます。

そんなこんなで久しぶりのヘドウィッグ、なんと森山未來君ではないですか!!2008年の「RENT」を見逃して大変後悔していたので、これは見逃すわけにはいくまいと、非常に期待をもって観に行きました。

森山未來くんはやはり凄いです。客イジリといい、歌上手いし演技力あるし・・。だけど・・・
これは、私の知っているヘドウィグ・アンド・アングリーインチではありませんでした・・
全くの別物と考えた方がよいです。
舞台は日本に近未来に置き換えられ・・あの3.11からのXX年後の・・・フクシマ
村上龍の五分後の世界・・・のような世界観。
それはそれで思い切ったことをしたと関心はするけど、まだそんなことがフィクションで語られるほどの時を経ていないので・・・
後藤まりこのイツァークも期待してたんだけどなんか違う・・かわいすぎる。全然キャラ違う・・・・
すみません、そんな感想です。

それでもラストのミッドナイトレディオの「みんな上げろ声を~みんな超えろ壁を~」(訳詞スガシカオ)はちょっと神々しかった・・
[PR]
by jijichan2004 | 2012-11-25 10:58 | ミュージカル・お芝居