管理人ぽんすけがボケ防止のために時々更新するかもしれない、趣味の備忘録。ときどき猫が登場します。


by jijichan2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ジキル&ハイド

2012年4月7日(土)17時30分開演 梅田芸術劇場
石丸幹二
濱田めぐみ
笹本玲奈
吉野圭吾ほか

b0048571_1161570.jpg
たぶん、2002だったか2003年だったか、鹿賀御大のバージョンを観に行ったはずである…というのが、あまり琴線に触れなかったので(マルシアの本気さだけは素晴らしかった)正直よく覚えていないのだ。むしろその後ビデオで見たブロードウェイ版の主役の人がとても素敵でそのイメージしか残ってなかった。この度キャストが一新し、しかも主要キャストがあのメンバー。夢のよう。こんな日が来るなんて…まさに「時が来た!」でした。

しかしながらそんな期待とはうらはらにどんなに石丸さんや濱田さんが上手に歌い上げても、心にずんと響くものがないのでした。「時が来た」も意外とあっさりめでしたし。たぶん、私はこのミュージカルとあまり相性がよくないのかもしれない。どんなにつまらないミュージカルでも必らず一ヶ所くらいは泣けるシーンがあるんですわ、私は。(あのつまらなかった「ミツコ」でさえも…)それが一切なかった、そんな珍しいミュージカルでした。誰にも共感できない、かなりおいしい役どころのはずのルーシーにさえも。
席が遠過ぎたということにしておこう。こんなにいいキャストで感動がないなんてあまりにも悲しすぎる…

終演後、3人のトークショーがありました。四季時代には、フリーのトークを耳にする機会なんて皆無でしたから、面白かったです。司会は関西出身の塩田明弘さん、バリバリ関西弁でした。エマ役の笹本玲奈ちゃんは地声禁止令が出てたそうで。そんならなぜに彼女がキャスティングされたんだろう??
[PR]
by jijichan2004 | 2012-04-30 12:03 | ミュージカル・お芝居