管理人ぽんすけがボケ防止のために時々更新するかもしれない、趣味の備忘録。ときどき猫が登場します。


by jijichan2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

江戸の青空 弐 ~惚れた晴れたの八百八町~

2011年12月6日(火)19時開演 倉敷市芸文館

(まだ、去年のこと書いてます)

たまに以前のように、シティボーイズだとか、本谷有希子だとか、唐突に倉敷公演がポコッとあるので気を付けないと・・。そんなわけで、北九州芸術劇場プロデュース「江戸の青空 弐」の倉敷公演。他の会場に比べて破格の安いチケット料金。あぁそれなのにそれなのに・・会場の入りは出演者の方々に申し訳ないくらいの寂しい状況でした。それでも熱演してくださった皆様に感謝です。
b0048571_1572117.jpg

出演
坂東巳之助
朝倉あき
松永玲子
植本潤
戸次重幸
吉野圭吾
松尾貴史
柳家花録

いくつかの落語がモチーフのお芝居。NHKBSで見た前作「江戸の青空」が、あまり私の中では面白いと思わなかったので、今回そんなに期待していなかったのです。・・しかしそれが良かったのか、今回はとても良かった、面白かった、とても爽やかな気持ちになれました。「おせつ徳三郎」がメインとなっていたのもよかったのかな。徳三郎が歌舞伎の坂東巳之助さん、なんとも品のある・・。おせつは、なんか見たことあると思ったら「てっぱん」で主役のお友達役だった子でした・・。初舞台とやらでなんとも初々しい。
四季ネタでいじられた吉野圭吾。やはりどうしても山祐に見えてしゃあない。47歳の丁稚(笑)、植本潤さんが今回のツボでした!なんか役者さんが素晴らしすぎて安心して観てられるっていいね・・誰も噛まない・・余裕のアドリブだし。花禄さんなんてちょっと鼻につくぐらい(汗)

つくづく、お客さん少なくてほんと申し訳ない。懲りずに倉敷にまたいろいろ来てください!
[PR]
by jijichan2004 | 2012-01-15 02:28 | ミュージカル・お芝居