管理人ぽんすけがボケ防止のために時々更新するかもしれない、趣味の備忘録。ときどき猫が登場します。


by jijichan2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

スウィーニー・トッド ~フリート街の悪魔の理髪師~

2011年6月12日(日)13時開演 シアターBRAVA!
以前、とりあえず借りて観た「スウィーニー・トッド イン コンサート」のDVDがあまりにも面白く、素晴らしくて、だからジョニデで映画化された時は、嬉しくて公開初日に観に行ったもんです。しかし映画版は私には少々不満。いかにもティム・バートン色が強すぎるし、ミュージカルナンバーもかなりカットされていたと思う。映画にしたら、えげつないシーンだとか、生々しすぎて楽しめない。舞台で味わう高揚感が味わえない…
b0048571_1225316.jpg
そんなわけで、2007年の舞台版、すんごい行きたかったのに、重い金欠病にかかってしまい、諦めてしまってたんです。で、この度の再演。キャストはほぼ同じ。絶対に見逃すものかと…。無理してでも行ってよかった‼久々ミュージカルでの市村正親。ツバを飛ばしながらの熱唱。しっかりと笑わせてくれるし、さすがでした!大竹しのぶも、歌えないのを遥かに補って余りある存在感と演技力。歌えないと言っても、決してはずしてない(ように聞こえた)のがさすがだなぁ。このリアル舞台あらしふたりがホントに素晴らしかった。面白かったのが、ジョアンナのソニン。あのような歌い方をするとは。ものすごい細かいビブラート。病的な・・そう、これはジョアンナの狂気を演出しているんだろうなぁと思った。アンソニーとのデュエットもまるでぜんまい仕掛けのお人形のような動作で、歌い方で。あれは面白いと思いました。ほんとにみんながみんな狂ってるので、そうか、一番頭の弱そうなトビーがある意味一番純粋で、賢い。
キャストが全員ハマってました。安崎求さん最後まで気付かなかった・・こんな極悪な役が出来るんですね・・低音が素敵でした。アンソニーの万里生君、ちょっとセリフ部分が弱いのが気になりました。噛んでたし。
ただ、こんな内容だし、どんなにつまらないミュージカルでもたいてい泣くツボがあるんだけど、ほぼ泣くツボはないという、珍しいミュージカルです。スウィーニー・トッドのバラードのアンサンブルでものすごくワクワクして、嬉しくてにやけてましたが。
[PR]
by jijichan2004 | 2011-06-15 23:57 | ミュージカル・お芝居