管理人ぽんすけがボケ防止のために時々更新するかもしれない、趣味の備忘録。ときどき猫が登場します。


by jijichan2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

柳家さん喬・喬太郎親子会

出来る限り喬太郎さんを追っかけるぞ!と決意を固めた今年第3弾は

2011年2月22日(火)猫の日(関係ない)14時開演
高槻市亀屋旅館
亀屋寄席

喬太郎 たいこ腹
さん喬 棒鱈
仲入り
喬太郎 ほんとのこというと
さん喬 井戸の茶碗

b0048571_046293.jpg


平日昼間だというのに、意外と年齢層若かったです・・さすが人気者ですなぁ。
喬太郎さんのマクラに爆笑しつつ・・少しずつ演目に近づいてくるうちとても嫌な予感・・
いろんな職業・・太鼓持ち・・「たいこ腹」だ・・
そう、私は「たいこ腹」が苦手。だって私は猫大好き人間だから、落語とはいえ、猫虐待を連想させるこの話はいい気分じゃないのだ。そんでもって、痛いの嫌い(好きな人はそんなにいないか)尖端恐怖症。でも喬太郎さんの猫の鳴き声にあまりの可笑しさにやっぱり爆笑してしまった。のちに、さん喬師匠が、古典をここまでぶち壊しやがって・・みたいなことおっしゃってましたが、いやぁ、喬太郎ワールドでした・・
そのさん喬師匠、初めてです。静かに静かに語られます。引きこまれました・・
さん喬師匠も初めてなら「棒鱈」という話も初めて。赤ベロベロの醤油漬けといぼいぼ坊主のそっぱ漬け?この言葉がしばらく頭から離れなくなりました。赤ベロベロ・・いぼいぼ坊主・・田舎侍がわけわからん歌歌い出したり・・面白かった!さん喬師匠のこの話を聴けただけでも満足でした。

そしてまさかの新作がきました。生で聴く初めての新作は「ほんとのこというと」
面白かったけど、新作聴けて嬉しかったけど、師匠との親子会というのもあるかもしれないけれど、願わくば大ネタ聴きたかったですぅ・・・
そして私は、「井戸の茶碗」のさん喬師匠のあまりの上手さに・・またもやまだら睡眠へと誘われてしまった大馬鹿者です。悔しい!
[PR]
by jijichan2004 | 2011-03-04 06:21 | 落語