管理人ぽんすけがボケ防止のために時々更新するかもしれない、趣味の備忘録。ときどき猫が登場します。


by jijichan2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カフカの「変身」

2010年3月31日(水)岡山市民会館 18時30分開演

パルコプロデュース公演「カフカの「変身」」なぜか、ぽこっと岡山公演がありました。少々高いなぁと思いつつ、せっかくなので観に行きました。前売り買いにプレイガイド行ったときは全然売れてなかったけど、当日は満員でした(二階席はよくわからないけど)。

何がすごいって、森山未來はすごいですわぁ。終始釘付け状態でした。一挙手一投足、動作のひとつひとつが・・すでに感動的。常に無理な体勢をしている。でも汗一つ掻いてないよって余裕な感じでクールでいとも簡単にやってのけている感じ。いやぁすごいわ。

私文学少女ではなかったので、カフカの「変身」読んだことありません・・
ある日目覚めたら虫になっていたという不条理な話。
舞台装置はとてもシンプルで、丸椅子が3つと鉄パイプで組まれたお部屋。
登場人物たちは、お母さん、妹はミッキーマウスのような髪型だったり、お父さんも白塗りだったり、途中出てくる下宿人もかなり変で、登場人物たちの言い回しも基本無機質で、動作もかなりデフォルメされている。その背後で森山未來演じる虫が常に虫の動きをしている・・途中影絵のようになり、まさにそこにあったのは虫そのもの。

無機質な言い回しが続くと思うと、ときおり普通の言い回しになる・・・
特にラストのお母さんが際立つ。

原作知らないけど、不条理かつ残酷なお話しだそうで。
でも充分不条理劇でした・・とにかくすごいです。もう一回観たいわぁ

b0048571_113485.jpg

[PR]
by jijichan2004 | 2010-04-03 00:58 | ミュージカル・お芝居