管理人ぽんすけがボケ防止のために時々更新するかもしれない、趣味の備忘録。ときどき猫が登場します。


by jijichan2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

沈まぬ太陽

b0048571_10145428.jpgというわけで、先日10月24日、初日しかも初回上映に行って参りました。シネコンではない、昔ながらの映画館ですが、サークルKで共通鑑賞券を買うといつでも1200円で観れるのですよ!がんばれ岡山メルパ!
それはともかく、そう・・初日に行ってしまうほど楽しみにしていたんですわ・・すごい期待が大きかった分・・まぁ・・文庫本5冊分を3時間22分にまとめるんだから、仕方がないっちゃあ仕方がないのだけど・・休憩10分入れるんなら、4時間ぐらいにしちゃえばよかったのに・・(休憩に流れる音楽は航空機事故のご遺族の、海外で活躍されているバイオリニストさんだそうです。映画化されると聞き、なにかお手伝いしたいと申し出があったそうです・・)

航空機事故のリアルなシーンには、涙が止まらなくて困りました。でもあの事故に至るまでの過程が全く描かれていないのが残念・・いくつものいくつもの要因の積み重ねが事故を生んだという過程が・・。

唐突に、主人公恩地一が労組の委員長として闘ってたから・・あれ??って・・・。何度も断り続け、拒否したはずなのに、無理やり押しつけられた末の組合委員長であったのに、あれでは自分の意志で、闘志満々頑張っていたみたいに見えちゃう・・そのあとの懲罰人事がいかに不当なものであるかが薄くならないのかなぁ・・
それから、原作での2人分の登場人物を1人にまとめちゃってる役が結構ありました・・登場人物多いから混乱を避けるためにもそれはうまく出来ていたかもしれませんが・・。

事故の翌年の一番機が出発するシーン、なぜいかにもって感じのCGだったのかな。本物使えなかったのかな・・なんとかならなかったのかなぁ・・海外ロケや、墜落現場シーンや・・せっかく丁寧に作っているのに、あそこだけがやたらチープで目立ってしまった・・

航空会社のもっといやぁなドロドロとした部分、政治家や官僚との癒着とか、もう読むのが嫌になるぐらいのドロドロ感が、いまひとつ描かれてないのは、仕方ないか・・
しかしとにもかくにも、よくぞ映画化にこぎつけたものだと思います・・。
[PR]
by jijichan2004 | 2009-10-25 10:24 | 映画