管理人ぽんすけがボケ防止のために時々更新するかもしれない、趣味の備忘録。ときどき猫が登場します。


by jijichan2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

おこがましくも、吉朝さんを語る

b0048571_0534457.jpg吉朝さんにすっかりハマってます。初めて拝見したのは、Youtubeの動画だったのですが、その時は、顔の四角い地味ぃなおっさんやなぁ・・端正すぎてあんまり面白くないなぁ・・と思ったものなのです。
しかし、その後図書館でちまちま借りたCD。これが面白い。本編はもちろんなのだけど、マクラが爆笑なのです。特にお気に入りは、ご自身の入院時のエピソード。夜中に巡回してくる看護婦さんになんともおちゃめなイタズラをしかけるのですが・・・。あと、たえず目がおどおどしている紅雀さん似の主治医だとか。でもこのマクラは爆笑だけど、なんだか悲しい。

そうして、吉朝さんええなぁ。吉朝さんええなぁと、自覚しはじめたわけですが、この度決定的なモノを私は見てしまいました。またまたYoutubeです。都丸さん、む雀(!)さんとで演じる「宮川左近ショウ」のモノマネです。私元ネタはまったくわからないのですが、面白すぎる!あの端正なイメージが180度ひっくりかえりました。この意外性っていうのはすっごく重要ですよぉ。それから、面白いんだけど、すってきなんですわ。てかてか派手派手の着流し姿にドキーっとします!リリパットアーミーのお芝居に参加したときの映像も見ましたが、言われなきゃ、この人が噺家だなんて気付かない!すっごいメイクしてどつき漫才してました。

そんな意外性にすっかり参ってしまった私は、ついに衝動的にDVD「特選 吉朝庵」を購入してしまいました。「天災」「蛸芝居」、パッケージにはどちらも1997年と書かれている・・えぇ!とても同時期とは思えない!まるで別人なのです。「蛸芝居」昔でゆうテクノカットのような髪型で若い~。それで汗びっちょりで熱演。いろんな意味ですごかったです・・しばし呆然としてしまいました。あんぐりです。平成紅梅亭という番組からなので、バックのふすま?が紅梅なのです。それでよけいに、華やかな感じでしたねぇ。

で、先日またまたYoutubeで、「桂米朝 最後の大舞台」を拝見しました。米朝師匠、大ホールでの最後の独演会を舞台袖で、心配そうに見守る吉朝さんがしゅてき~。メガネ姿がまたしゅてき~。
「一世一代の大トチリ」と納得のいく「百年目」を演じることが出来なかった米朝師匠。不機嫌にインタビューアーに「吉朝か誰かに聞いてください。なんであないに落ち込んでいるか、吉朝に聞いてください」と繰り返します。吉朝さんに、絶大なる信頼感があったんですね・・・なんか切ないです。

枝雀さんに、吉朝さん、私はリアルタイムではまったく縁がなかったのですが、それはある意味しあわせなことだったのかもしれません。ものすごい悲しい思いをせずにすんだから・・・
(吉朝さんの「地獄八景亡者戯」を聴きながら)
[PR]
by jijichan2004 | 2009-06-06 00:44 | 落語